いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

旅行前のドタバタ

旅行前になると、何かしらドタバタするのが常のさくら家。

今回の旅行計画は半年前の6月から始めていて

当初は、主人の両親と湯布院の温泉宿に泊まることが目標でした。

ところが、義父の体調不良によって義両親とも行けなくなり

代わりに、私の父と姉が行ってくれることに。

(ここで中止にならないのが、さくら家のスゴイところ)
DSCF9070.jpg 
DSCF9074.jpg
行けなくなった義両親には申し訳ないけれど

私にとっては母を5年前に亡くして以来の家族旅行、

年老いてきた父に親孝行できるのもいまのうち、と

図らずとも良い方向へと転換したかたちになりました。
DSCF9075.jpg 
DSCF9077.jpg
さらに、出発の前日(金曜日)になって発覚したさくらの血尿。

主治医先生に翌日から遠距離旅行へ出かけることを伝え、

抗生物質のお薬を処方していただき、

ついでにさくらの伸びきった爪をカット。

さくらの心臓に別状なしの太鼓判を押していただいて

元気に「行ってきます、今年もお世話になりました」とご挨拶。
DSCF9061.jpg 
DSCF9056.jpg
そしたらその晩、寝る時間になってようやく気が付いた!

お布団にぽたぽたと、赤いものが落ちているのを。

うそっ!さくらの爪から血が止まらない!!?
DSCF9064.jpg
動物病院で爪切りするのは初めてじゃないし

いつも黄色いパウダーの止血剤を塗布してもらうのだけど

それが足りなかったのか、さくらが舐め回したか。

半泣きになりながらティッシュで患部を押さえながら眠りについた夜。
DSCF9068.jpg 
DSCF9069.jpg
翌日の土曜日は、私はお休みだけど主人は仕事納め。

主人の帰りを待って、いつものように深夜から出発する予定でした。

この日の午前中で年内最後の診療を終えてしまう動物病院に

さくらを連れて行くことも出来たので、

とりあえずは朝いちばんに病院へ電話相談。
DSCF9058.jpg 
もう血は止まっているなら大丈夫、

運よく抗生物質のお薬が出ているので細菌や化膿の心配は大丈夫、

それでも不安なら15時まで開けておくのでどうぞお越しください、と

このような親切な対応をしていただいて、

ようやく安心して(再診することなく)出発する運びとなりました。
 DSCF9060.jpg
 おかあさんったら心配性なの
DSCF9039.jpg 




写真は新年の挨拶のときと同じ、お気に入りの宮島SAです
朝陽がとってもキレイなんですぅ
                 

にほんブログ村

*** COMMENT ***

一安心ですねぇ~、ママさん。

義理ご両親さんは、仕方がないですね。
この際は、ゆっくり楽しむのが一番ですよね。

さくらちゃんも、一安心で、よかった。
こちらも病院で爪切りで血が出たことがありますので、
奥ボスが、ライトを爪にあてて切っていますよぉ~。

ここ数年の由布院、外国の方が多くててんやわんやですよ(大汗)

Re: おかげさまで、びびさん

昨日の再診で血尿も消えてくれました。
ヒト用ごちそうのおこぼれ摂取も心配したんですが
そちらもクリア、ほっ。
でもまた体重が3.3キロになってた・・・うう。
抗生物質は細菌だけでなくさくらのおなかまで壊してしまうi-282

ランちゃんの爪は奥様が切られるんですね。
もとヒト科の看護師さんだったと記憶しています。
きっと丁寧で、処置もてきぱきされるんだろうなぁ(*^-^*)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在経過観察中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ