いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

「御宿小笠原」お泊まり

阿蘇カドリー・ドミニオンに隣接している「御宿小笠原」さんは

全室離れのお部屋で天然温泉付という憧れのわんこ宿です。

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

これまでにも何度か予約を試みましたがいつも満室でその機会に恵まれず・・・

やっと願いが叶ったので、初めての宿だというのに奮発して2連泊を決行。

2007年10月14日_DSCF0751.JPG

玄関までの屋根つき通路は神社仏閣のよう。

2007年10月14日_DSCF0753.JPG

玄関入ってすぐの場所にはお土産物が充実していました。

DSCF1126.JPG

DSCF2675.JPG

チェックインを済ませると、再び車に戻って乗ったまま、

スタッフの方が車ごとお部屋まで誘導してくれました。

特別室は数棟あって、マイカーを横付けできるのが嬉しいです。

DSCF1140.JPG

玄関前のスローブは車椅子のゲストにも充分な広さです。

DSCF1181.JPG

わんこ用の洗い場と奥にはお部屋専用ドッグラン。↓

DSCF1188.JPG

2泊ともお世話になった「やまぶき草」の玄関。↓

DSCF1139.JPG

DSCF1194.JPG

DSCF1200.JPG

DSCF4816.JPG

DSCF1202.JPG

和室の窓から見える風景は、高台から見渡せて気持ちいいです。

DSCF2664.JPG

全体的にバリアフリーのお部屋ですが、フローリングと和室の間だけ

幅が狭くて高さのある階段が2段あります。

ふだんから階段が平気なさくらでも、顔をぶつけそうで登りにくいようでした。

DSCF4814.JPG

車椅子でも楽々スペースのトイレと洗面所。

私はいつもお宿に着くと自分の荷物を置く場所に迷うのですが

着替えや洗面道具一式が入ったスーツケースを置いてもじゅうぶんな広さがありました。

DSCF4837.JPG

DSCF2633.JPG

DSCF2650.JPG

洗面所にあるボタンを押すと、内風呂と露天風呂の浴槽に温泉が溜まるしくみです。

楽しみにしていた共同温泉「霊峰の湯」は老朽化のため無くなってしまいましたが

嬉しいことにお部屋の温泉ボタンは何度でも押せるので、ゆっくり何度も入りました。

DSCF2649.JPG

DSCF2639.JPG

お部屋の確認が済んだら施設内を探検に行きます。

私が着ているのはお宿の作務衣です。

DSCF3234.JPG

DSCF1158.JPG

ドッグオーナーが集う語らいの場「ふれあいサロン」↓

DSCF4855.JPG

宿泊者が利用出来るドッグラン↓

DSCF6113.JPG

DSCF6145.JPG

「霊峰の湯」は雨天時でも遊べる屋根付ドッグラン「いこい館」に変わっていました。

DSCF4854.JPG

あっというまに陽は傾いて、夕食の時間です。

DSCF6111.JPG

朝夕食とも、さくらを同伴できる食事処「ほがらか」でいただきました。

DSCF1132.JPG

DSCF6147.JPG

DSCF6148.JPG

DSCF6175.JPG

DSCF6206.JPG

DSCF6465.JPG

DSCF6469.JPG

DSCF6467.JPG

DSCF6470.JPG

せっかく熊本に来たので、追加注文で馬刺しもいただきました。↓

DSCF6155.JPG

ロビーにはいつでもいただけるコーヒーサーバーがあるので食後はそちらへ移動します。

DSCF1131.JPG

DSCF1130.JPG

夕食から戻ってくると、照明がついた夜のお部屋も素敵です。

DSCF6644.JPG

外から窓の中をのぞいてみました。

DSCF6643.JPG

室内の天井もいいカンジ。

IMG_0193.JPG

朝食は絵に描いたような日本の朝ごはん。

DSCF6501.JPG

朝食後もさくら、くつろぎ中↓

DSCF6611.JPG

気に入ったお宿とお別れするときは玄関から動こうとしないさくら。

このお宿もさくらの「お墨付き」となりました。

IMG_0117.JPG

訪問時・・・2010.4



*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ