いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

「ホテル長門はらだ」お泊まり

とうとう九州に別れを告げて、本州へと戻ってきました。

DSCF6452.JPG

DSCF6451.JPG

旅7泊目、最後のお宿は、山口県長門市にある「ホテル長門はらだ」さんです。

わんこと泊まるのに誓約書等は要りませんが

館内移動時にはキャリーバッグが必要です。

DSCF6225.JPG

DSCF6228.JPG

チェックインが15時半から、という中途半端な時間帯は初めてかも。

意外に美祢インターから距離があったので、到着時間はちょうど良かったです。

DSCF6465.JPG

DSCF6280.JPG

DSCF6427.JPG

「ホテル」なのに民芸調旅館を目指してるのか、ちょっと不思議な空間。

洋風のお宿が続いていたので、雰囲気ガラリと変わって昭和なお宿にやってきました。

DSCF6426.JPG

DSCF6449.JPG

エレベータなんて、もちろん無し。(^_^.)

DSCF6464.JPG

2階の206号室に案内していただきました。

純和風の広めのお部屋。

DSCF6273.JPG

DSCF6232.JPG

畳はまだ新しく見えましたが

窓際のスペースは、家具や天井が年季を感じさせる色をしていました。

DSCF6263.JPG

DSCF6265.JPG

DSCF6277.JPG

和式じゃなくて良かった、トイレ。

DSCF6453.JPG

久しぶりにお見かけしました、ダイヤル式の電話。

DSCF6279.JPG

お風呂はご自慢の温泉大浴場があります。

DSCF6459.JPG

DSCF6461.JPG

「長門湯本温泉」はアルカリ性単純温泉。

て・・・手書き?

DSCF6460.JPG

DSCF6454.JPG

DSCF6455.JPG

大浴場と露天風呂。

2回浸かりに行きましたが、どちらも私にはちょっとぬるめでした。

「美肌の湯」と知られているので、肌に優しい温度なのかな。

DSCF6456.JPG

DSCF6458.JPG

お風呂から戻ると、いつもさくらが私を待ち構えています。

DSCF6463.JPG

訪問時・・・2013.8

 


にほんブログ村


*** COMMENT ***

Re:「ホテル長門はらだ」お泊まり(09/19)  

やはりここでしたか(汗)
賛否両論あるところですからねぇ〜、よくは分かりませんが。
なかなか、山口はありませんから、こういったことを考えれば、
川棚は貴重な感じもします。
福岡も少ないですし、なかなかいいところがぁ〜?(汗)
観光業を強くしたいのなら、まずはワンコ宿泊を…と、いうふうに
考えてもらえるとうれしいのですがねぇ〜(汗)

Re:「ホテル長門はらだ」お泊まり(09/19)  

ほんと 昭和を感じますね
懐かしいような・・・・・
トイレが和式じゃないことをっていうとこで そうだよねって思いました。
うちの近所の大きなス-パ- トイレ綺麗にリフォ-ムされてるのに なぜか和式・・・・・
どうしてなんだろうって思いましたもん

Re:賛否両論あるんですね、びびさん(^_^.)  

わかるような気がします。
他に泊まるところが無いと困っていたので、
この辺りにあって助かったのは本当です。

わんこ同伴の宿、もっと増やして~。
ちょっとくらいお高くても、うちみたいな物見客が
しっかり探検調査に伺いますよぅ。

Re:もう洋式で慣れちゃったよね、らっきーままさん(^_^.)  

こうゆうお宿が好みの方もいらっしゃるでしょうね。
わが家が泊まったとき、2連泊のゲストもいらっしゃいましたから。
ここを拠点にして、秋芳洞や青海島を観光すると
足回りが良さそうです。
私は角島大橋に行きたいので(まだゆってる)
次回は他のお宿を探します。
この宿からだと1時間かかっちゃうので・・・。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在経過観察中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ