いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

「一壷天」(いっこてん)お泊まり(夜の灯り編)

夕食をいただいた個室を出ると、

談話室が昼間とはまた違った雰囲気に包まれていました。
DSCF0206.jpg 
DSCF0204.jpg 
DSCF0209.jpg 
照明が暗めなので、ソファに腰をおろしてしまうと

このままここで眠ってしまいそうになります。

「もう1日あるっていいなぁ」しみじみそう思えました。
DSCF0202.jpg
「でも今日という日はもうないからね」

今日を惜しみながら談話室をあとにしましたよ。
DSCF0213.jpg
「青碧」のお部屋へ立ち寄り、
DSCF0216.jpg
姉と、湯布院観光の打ち合わせ。
IMG_0225.jpg 
父は、すっかりこのお部屋に慣れた様子。
IMG_02199.jpg
「青碧」のお風呂にも入らせてもらいましたよ。
IMG_0222.jpg
私が寝るのは「石竹」のお部屋ですけどね
DSCF9853.jpg
昼間の写真と似たような角度ばかりですが
DSCF9849.jpg 
DSCF9851.jpg 
「石竹」の灯りも素敵でしょ。
DSCF9844.jpg 
DSCF9846.jpg 
寒いけど、お庭からもお部屋を撮っちゃう。
DSCF9873.jpg 
DSCF9869.jpg
あ、さくらが私を探しにやってきた。
DSCF9870.jpg 
寝る前に「石竹」のお風呂にも入りました。
DSCF9867.jpg
もったいなくて眠りたくないなぁ。

ああ、でも。

暗めの照明に瞼が閉じてしまいそうになるのはヒトだけではありません。
DSCF9845.jpg 
私が近寄ると、撫でてもらえるとわかってるみたいで

律儀におなかを見せてくれるさくら。
DSCF9865.jpg
ホントはもう眠くてたまらないくせに。
DSCF9864.jpg 




いつもご訪問ありがとうございます
なかなか風邪が、治りません 
      

にほんブログ村

「一壷天」(いっこてん)お泊まり(夕食編)

このお宿では朝夕で食事場所を変えている、

というのも楽しみのひとつなんです。

そして1日めは、別館談話室にある個室でいただくことになりました。

もちろんさくらも、同伴できます。
DSCF9761.jpg 
DSCF9765.jpg
なに飲む?

みんなしてドリンクメニューとにらめっこ。
DSCF9760.jpg 
DSCF9763.jpg  
小枝をのけて和紙を開けると、気になる献立がずらり。

おお、4カ所に「ふぐ」の文字が。
DSCF9766.jpg 
DSCF9769.jpg 
父と主人はビール。

私と姉は、ノンアルコールビールと

柚子シャーベットの酎ハイ(だったかなぁ)を半分こ。
DSCF9774.jpg 
DSCF9779.jpg 
DSCF9797.jpg 
主人と姉と私で計3台のカメラがフル活動していました。
IMG_0213.jpg
「すくい豆腐」。
DSCF9773.jpg
2膳ずつ運ばれてきたお料理を
DSCF9781.jpg
1膳にしたところ。
DSCF9784.jpg
「しめ鯖」、「ふぐ寿司」、「鶏マリネ」。
DSCF9789.jpg 
DSCF9790.jpg 
DSCF9788.jpg
「ふぐ刺身 旬魚盛り合わせ」。
DSCF9796.jpg
「ふぐ鍋」。
DSCF9800.jpg
あらかじめ焼き目のついた、お餅も気になるところ。
DSCF9799.jpg
今宵のなべ奉行は・・・
DSCF9801.jpg
姉です。
DSCF9802.jpg
たとえ私の目の前に食材があっても
DSCF9803.jpg
言われた以外のことをすると叱られますからね。
DSCF9804.jpg 
 口出ししないのが身のためよ
DSCF9764.jpg
食べ頃になったら、ポン酢でいただきましょう。
DSCF9807.jpg 
この器、いいなぁ。
DSCF9805.jpg
お鍋をいただいている途中にも、次々とお料理がやってきます。
DSCF9810.jpg 
DSCF9817.jpg 
「真名鰹の西京焼き」。
DSCF9812.jpg 
「蕪合鴨治部煮」。
DSCF9814.jpg 
お口直しに「フルーツなます」。
DSCF9820.jpg
「豊後牛たたき」。
DSCF9825.jpg
「ふぐから揚げ」。
DSCF9828.jpg
ふぐのエキスたっぷりのスープで「雑炊」。
DSCF9826.jpg 
DSCF9827.jpg 
DSCF9832.jpg 
ごはんのお供に「香の物」。
DSCF9829.jpg 
DSCF9841.jpg 
締めのデザートは「湯葉黒蜜」。

湯葉好きだけど、黒蜜かけるなんて初めて。
DSCF9842.jpg
暖房がよく効いていたので、途中で裸んぼになったさくら。

あう、せっかくのお嬢様がぁ。
DSCF9831.jpg 
 あぢ~
DSCF9840.jpg 




なかなか進まないブログにお付き合いありがとうございますっ
もうすぐ3月だけど、が、がんばります
      

にほんブログ村


「一壷天」(いっこてん)お泊まり(3回目)④

姉と旅行するなんて何十年ぶりだろう?

昔、母と姉と私の女3人で行った「東京はとバスツアー」が懐かしい。

大人になってからはそれぞれ忙しくて、なかなかそんな機会はなく。

ましてや姉妹で家族風呂だなんて、ひゃ~
DSCF0065.jpg 
DSCF9707.jpg 
この札がかかっていたり
DSCF0317.jpg
履物が無かったら、貸切家族風呂が空いている目印。

予約は必要ありません。
DSCF0318.jpg 
DSCF0319.jpg 
以前に詳しく紹介済なので、今回はさらっとね。

先に(1日目)姉と入ったのは、丸い浴槽の貸切風呂でした。

以前と変わらず、綺麗なまんま。
DSCF0228.jpg 
DSCF0229.jpg 
DSCF0230.jpg 
四角い浴槽の貸切風呂は、内湯がなく露天のみなので

寒い!(外気が)と熱い!(湯加減が)が交錯して

かしましい姉妹の入浴になりました。(特に姉がね)

これも楽しい思い出に刻まれていくのですね。。
DSCF0315.jpg 
DSCF0312.jpg 
DSCF0311.jpg 
夕食の前には、姉を別館の談話室へ誘ってみましたよ。
DSCF0321.jpg 
私が初めて来た時には無かった施設だったので、

2回目は、あまりに立派なものが建っていて驚かされたものでした。
DSCF0060.jpg 
DSCF9752.jpg 
天井が高く開放的ですが、とても暖か。
DSCF9756.jpg
本棚から好きな本を見つけたら
DSCF9751.jpg
ドリップ珈琲を自分で淹れて
DSCF9967.jpg
気に入った場所で読め更けるのもいい。
DSCF9753.jpg 
DSCF9755.jpg  
こんなアンティークちっくな椅子も素敵でしょ。
DSCF9961.jpg
姉はさっそく新聞に目を通していました。
DSCF9757.jpg  
いやぁね、現世を忘れてもっとリラックスしようよ~
DSCF9758.jpg
私とさくらは(本には触れずに)ソファでまったり。
DSCF9962.jpg 
DSCF9964.jpg
こんな素敵なお宿だと、さくらにもお洒落さんでいて欲しい。

そんなわけで夕食前にお着替えしてきました。

お嬢さんらしくなったかな。
DSCF99622.jpg 





一壷天に来たらいつも着せてしまう
私のお気に入り「いっちょうら」なのでした
      

にほんブログ村

「一壷天」(いっこてん)お泊まり(3回目)③

「青碧」のお部屋の続きになります。
DSCF0112.jpg 
DSCF0095.jpg
このお部屋には玄関口に「わんこ用?」と思われる扉があります。

さくらが泊まるお部屋は「石竹」だったので

ここで使用されることはないものと椅子で隠してありますが、
DSCF0308.jpg 
それはテラコッタ床に続いていて

段差の高さが少しだけ軽減されることになります。

わんこの通り道にちょうど良いアイデア設計ですね。
DSCF0283.jpg
さくらだって、あんよが汚い時は一旦その下で待機だよ。
DSCF0349.jpg
「蘇芳」と「青碧」はバリアフリー設計でなくても

段差を生かしたこの間取りがお気に入りな私です。
DSCF0097.jpg 
DSCF0090.jpg 
DSCF0100.jpg 
また、このお部屋ならではなのが

お庭の端っこにある小さな扉。
DSCF0292.jpg 
お勝手口のような扉の向こうは
DSCF0297.jpg 
お宿のドッグランに繋がっているのです。
DSCF0298.jpg
ほぅら、出ておいで~
DSCF0300.jpg 
のそのそと、
DSCF0301.jpg  
やたら用心深く、
DSCF0302.jpg
出てきましたよぅ。
DSCF03033.jpg 
DSCF0078.jpg 
そして来た方向でないところから帰って行く・・・
DSCF0080.jpg 
DSCF0081.jpg 
こらこら、ここから眺める景色をもうちょっと堪能して行こうよ。
DSCF0072.jpg 
DSCF0075.jpg 
 ほえ?
DSCF0307.jpg
余談ですが。

「石竹」のお部屋にほったらかしになっていた和スイーツ。
IMG_02077.jpg
安心してください、ちゃんと食べてます。
IMG_0206.jpg 
超やわらか~いクリーム大福でした




風邪がようやく回復しました
そして今度は主人が、ゲッホゲホ
      

にほんブログ村


「一壷天」(いっこてん)お泊まり(3回目)②

旅行記の冒頭にもお伝えしていたとおり、私の父と姉は

実家のある奈良県から空路を利用して伊丹から大分入り。

別府温泉で前泊し、ここ湯布院で合流することになりました。
DSCF9656.jpg 
父はもともと九州宮崎の出身ですが、湯布院は初めて訪れるのだそう。
DSCF9662.jpg 
中庭を望む本館のラウンジで、

用意されたウエルカムスーツをいただく父と姉。

あーん、私はまだ食べてないのにぃ。
DSCF9652.jpg 
DSCF9657.jpg 
二人が食べ終わるころスタッフの方がやってきて

お部屋まで案内してくださることになりました。
DSCF96611.jpg 
うちは3度目だからと遠慮した館内施設案内を

ここで一緒にゾロゾロと付いて歩いて聞くことに。
DSCF0068.jpg 
DSCF9663.jpg 
DSCF9665.jpg 
父と姉が泊まるのは青碧(せいへき)のお部屋。

わんこと泊まることの出来る4つめのお部屋です。
DSCF9666.jpg 
DSCF9706.jpg
元々は主人の両親と泊まるはずだったこのお宿。

いくら仕切り戸があるとはいえ、テラスからお風呂が丸見えなので

最初から2部屋を予約してあったんです。
DSCF9703.jpg
リビングは床暖房フローリング床に茶卓と座椅子。
DSCF9679.jpg 
DSCF9694.jpg
6畳の和室。
DSCF9697.jpg
青碧は蘇芳のお部屋によく似ています。

そういえば石竹は伽羅のお部屋にそっくりですね。
DSCF9686.jpg 
フローリングの床から1段降りたらテラコッタ床。

冷たそうに見えるかもしれませんが、ここも床暖房完備です。
DSCF9689.jpg
テラコッタ床の奥に、もうひとつのリビングスペース。

こちらのほうが大きなテレビだったので、

メインリビングはもしかしてこっち?と勘違いするほど立派。
DSCF9667.jpg 
DSCF9691.jpg 
ふふ、何か思いだしたかな?
DSCF9692.jpg 
アンティークなチェストの上に、コーヒーセット。

私がこの部屋に来るたび、姉が覚えたての淹れ方で振舞ってくれました。
DSCF9674.jpg 
DSCF9688.jpg 
寝室。
DSCF9675.jpg 
DSCF9678.jpg 
こちらのお部屋にも、トイレは寝室と
DSCF9677.jpg  
洗面所の横にもうひとつ。
DSCF9670.jpg
洗面所に洗面台は1つ。
DSCF9669.jpg
そして源泉かけ流し温泉。

手前にあるのは、お湯が冷めないように被せてあるシートです。
DSCF9671.jpg 
DSCF9672.jpg 
こちらも同様に仕切り戸が付いていますが

浴槽は2つに分かれることなく繋がっています。
DSCF0343.jpg
仕切り戸を閉めると
DSCF9685.jpg
こんな感じに。
DSCF0288.jpg 
また、露天からテラスデッキへと出ることが出来ますが
 DSCF9681.jpg
露天風呂からお庭には出られません。
DSCF0295.jpg 
DSCF9682.jpg 
石竹と青碧。

どちらも甲乙つけがたい素敵なお部屋です。
DSCF9683.jpg 




風邪でダウンしました~
インフルでないことを祈ります・・・(病院はまだこれから月曜日に)
      

にほんブログ村

「一壷天」(いっこてん)お泊まり(3回目)

湯布院にある湯富里の宿「一壷天」さんにチェックイン。

半年前の6月から予約していましたが

それでも30・31日の連泊や31日・元旦の連泊は叶いませんでした。
DSCF0375.jpg 
DSCF0373.jpg
よってさくら家は29・30日の連泊に甘んじることに・・・

そうでないと今年も(注:2015年末のこと)

またご縁が無くなりそうだったんだもん。

(2014年年末もチャレンジしてダメでした)
DSCF0219.jpg
わんこと泊まれる離れのお部屋は4つあります。

そのうち蘇芳(すおう)は初めてのときに、

伽羅(きゃら)は2回目のときにお世話になりました。
DSCF9640.jpg 
DSCF9713.jpg  
そして3回目の今回は石竹(せきちく)に泊まります。
DSCF0333.jpg 
DSCF9715.jpg 
DSCF0362.jpg
お洒落なソファから専用庭と由布岳を眺められます。
DSCF9742.jpg 
DSCF9717.jpg 
わんこのゲージとアメニティグッズはここに。
DSCF9719.jpg
リビングスペース。
DSCF0049.jpg 
DSCF0035.jpg 
テレビの左側にあるクローゼットを開けると

冷蔵庫とコーヒーメーカー。
DSCF9858.jpg
お好みの味が選べるカプセルタイプですよ。
DSCF9857.jpg
リビングの床はテラコッタで床暖房完備。

お部屋全体がバリアフリー対応で段差がありません。
DSCF0053.jpg 
DSCF9732.jpg
突き当たりの扉はトイレ。
DSCF9748.jpg 
DSCF9747.jpg
こちらは和室。

広い!10畳あります。
DSCF9642.jpg 
DSCF9643.jpg
わんこは和室への立ち入り禁止になっています。
DSCF9645.jpg 
DSCF9647.jpg
寝室はフローリング。
DSCF9724.jpg 
DSCF9727.jpg
奥のベッド側に小さなテレビが付いていて

ちゃっかり主人にこちらのベッドを奪られましたよ。
DSCF0041.jpg
作務衣と靴下、はんてんが用意されていました。
DSCF0042.jpg
寝室にもトイレが付いています。

こちらのほうがゆったりめの広さになっていました。
DSCF9891.jpg
残念ながら寝室も、わんこの立ち入りは禁止です。
DSCF9731.jpg
洗面所は、洗面台が2台。
DSCF9734.jpg
その奥にあるのが、
DSCF9733.jpg
源泉かけ流し温泉。
DSCF9735.jpg
手前が内風呂で奥の円形が露天風呂。

あいだに仕切りの扉があって、寒い時は閉めることができます。
DSCF9737.jpg
露天風呂はそのままお庭に繋がっていて

テラスやお庭にも出られます。
DSCF9738.jpg 
IMG_0198.jpg 
ウエルカムスイーツをお部屋に用意していただいたので
DSCF9651.jpg 
IMG_0209.jpg
ゆっくりいただこうと思っていた矢先に
DSCF9720.jpg
ここで待ち合わせの家族が、到着したもようです。
DSCF9740.jpg 




更新遅くてゴメンナサイ
いまスランプで書けなくなってる~
応援のポチっ、お願いします
      

にほんブログ村

創作手打ちそば「宝処三昧」わんことランチ

下の写真は道の駅「小国」で撮ったものだけど

阿蘇郡南小国町にはお蕎麦屋さんが軒を連ねる

「小国郷そば街道」というものがあるらしい。
DSCF9554.jpg
わんこと一緒にお蕎麦がいただけると聞いてやってきたのは

小国町にある「宝処三昧」さん。

思えばこれがわが家の年越しそばでした。
DSCF9573.jpg 
DSCF9574.jpg 
黄色い暖簾をくぐるとお庭が。
DSCF9575.jpg 
DSCF9578.jpg 
DSCF9627.jpg
左手に休み処「時空庵」。
DSCF9579.jpg 
 おとうさんがたばこを吸うところね
DSCF9625.jpg
お店の玄関はこちら。

「スミマセン、わんこがいるのですが」
DSCF9571.jpg
ガラガラと引き戸を開けたら、履物を脱いで上がるような土間。

えっ、これってストーブ?
DSCF9617.jpg 
DSCF9615.jpg
おっと、さくらはここでストップ。
DSCF9619.jpg
わんこ連れOKのテラス席は、もう少し先へ進んだところ、

わんこの置物が目印の目の前に
DSCF9583.jpg
雨風しのげる室内テラス席があるんです。
DSCF9570.jpg 
しかも冷暖房付き。
DSCF9567.jpg  
この日は1時間後に、グループで予約のお客様が入っていたそうです。

今だけ、誰もいないから広いテーブルに座っちゃうよん。
DSCF9586.jpg 
小さなテーブル席もあります。
DSCF9564.jpg
相田みつをさん的な?

こうゆうのがいたるところに飾ってありました。
DSCF9581.jpg 
DSCF9593.jpg 
たくさんのわんこが訪れているのでしょうね、

気になるいいニオイがするのか、そわそわ落ち着かないさくらでした。
DSCF9582.jpg 
DSCF9589.jpg 
DSCF9591.jpg 
・・・やっと、落ち着いたようです。
DSCF9600.jpg
毛布からよけちゃって、暖かかったのかな?
DSCF9603.jpg
「打ちたてを提供」というだけあって、

お料理が届くまで少し時間がかかりました。

団体?予約のお客様が来るまでに早く食べなくっちゃ~。
DSCF9614.jpg
私はさっきケーキを食べたばかりなので、あっさりと「二八そば」。

塩をいただいて、塩そばも楽しみました。
DSCF9594.jpg 
DSCF9602.jpg 
主人は「まいたけ天ぷら膳」。

まぜごはんと小鉢も付いてるよ。
DSCF9596.jpg 
いや、天ぷらは舞茸だけじゃなかったし!
DSCF9599.jpg
あまりのボリュームに「手伝ってあげよう」と舞茸天ぷらをいただきっ。
DSCF9605.jpg
わんこ連れのための優しいお蕎麦屋さんでした。
DSCF9621.jpg 



いつもご訪問ありがとうございます。
本日ペットシーツ3枚で出来たよぉ
(でも、まだまだ先は長い・・・)
     

にほんブログ村
カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在経過観察中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ