いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらの8月トリミング

さくらのことを心配してくださって、

温かい応援や励ましのコメントをたくさんいただきまして、

本当に本当に、ありがとうございます。

感謝の思いを込めて、さくらの溢れる笑顔を大サービス。

DSCF0650-012.jpg

いつもよりちょっと早いけど、さくらは美容院に行ってきました。

DSCF0652-012.jpg

病気がわかってから初めてのトリミングだったので、

悩んだ私は事前に電話確認をしていました。

さくらが初期の心臓弁膜症と診断されてしまったこと、

心臓病の子はトリミングをしてもらえるか、

もしも途中で具合が悪くなってしまったら?

DSCF0655-012.jpg

電話での応えは、始めは驚かれたものの、慣れているような感じでした。

心臓病の子も獣医さんの許可(特に診断書は不要)と飼い主の希望があれば受け入れていて

症状によってはトリマー二人体制で、短時間で終了できるように心がけている、

トリミング中は体調を見ながら、休憩も中断も可能ですよ、と。

DSCF0659.jpg

DSCF0661.jpg

美容室は自宅から走っても数分、

もし何かあったら駆けつけて、タクシーとばせば、

かかりつけの動物病院まで10分(2.3キロ)かからずに着ける。

こうして午前中朝一番でトリミングとなったわけです。

DSCF0660-012.jpg

おかげさまで、さくらが元気よく帰ってきましたよ。

でも気になることがひとつ。

事前に電話確認と予約をした時、できるだけ負担の少ない短時間で済むようにと

いつもお願いしていた「マイクロバブルバス」を断念したんです。

あれって皮膚洗浄効果の優れものなんだけどなぁ、と半ば残念に思いながら。

DSCF0675.jpg

DSCF0674.jpg

ところがお迎えに行って、お会計のときに値段を聞いて、おや?

いつもと変わらないそのお値段ということは、「マイクロバブルバス」込みですかっ!?

DSCF0666.jpg

DSCF0665.jpg

どうやら電話応対の人とトリマーさんが別々の人で、連絡が伝わっていなかったようです。

私も預けるときに、その確認を怠ってしまいました。

あらら・・・。

今回は全く問題ないけれど、今後のことを思うと考えさせられる一件でしたね。

DSCF0668.jpg

DSCF0669.jpg

ゆくゆくは、動物病院併設の美容院を探すつもりでした。

信頼している主治医先生を変えるつもりはないけど、そちらに美容室はついていないので。

出来ることなら、美容院がついてて、年中無休で診療されていて、

夜間救急も受け入れてくださる、第2の動物病院探しをしなければ、と。

DSCF0670.jpg

京都府では『南京都夜間動物診療所』さんが、夜間救急を一手に引き受けてくれるのですが

自宅からは遠く離れすぎていて、いざというとき間に合うのかどうか心配で。

でも今回は美容院のお話なので、病院のお話はまた今度。

DSCF0679.jpg

お気付きですか?

ピンクのおリボンがだんだん下へ移動しております。

あ、もちろん私のイタズラで。

腰リボンもキュートだけど

DSCF0673.jpg

DSCF0672.jpg

お尻リボンも、おパンティーみたいで可愛いよん♪

DSCF0685.jpg

今日も無事に帰ってきてくれて、ありがとう。

DSCF0697.jpg
 
報告時・・・2014.8


にほんブログ村


スポンサーサイト

さくらの7月定期健診

疎開も旅行も無事に済んで

いつもと変わらない日常が戻ってきた頃合いを見はからって、

さくらの定期健診に行ってきました。

IMG_0003.jpg

前回の4/21から3か月後の7/26のこと。

ストルバイト結晶、確認されず。

シュウサン結晶、確認されず。

血尿、確認されず。

気になっていた体重が・・・

3月まさかの3.3キロだったのが、なんと3.7キロに増加していました。Σ(゚Д゚)

もとに戻ったとはいえ、これはあきまへん。

IMG_0005.jpg

このとき主治医先生がさくらの肋骨から下の腰回りのお肉を両手で掴んで、

「うひょ~」といわんばかりの表情をされたんです。

私は思わず、その手を(さくらのお肉を掴んだ手)をぺしっと叩いてしまいました。

もちろん本気ではなくて関西人風のノリツッコミで(^^;

さくらに代わって「不謹慎な」「失礼な」という意味あいを込めて、です。

だって3か月前、ごはんもおやつもあげ放題でいきましょうって確認しあったやないですかっ!?

もちろん先生はすぐに真面目なお顔で「これ以上は増やさないように」と。

IMG_0006.jpg

そして。

いつもより長めの「もしもし」(聴診器)。

ああ、嫌な予感、

その間が耐えられない。

「心臓に雑音があります」。

そらきたー!!!!!!!!(゚д゚)!

IMG_0009.jpg

すぐに心臓検査のための予約をとり、私は平日に休みをとって8/6再院しました。

体重は3.8キロ、ふ・・・増えてる・・・???

検査は、血液検査、心電図、胸部レントゲン、エコー検査(カラードップラー)。

午前中の診療時間内ギリギリに、絶食のさくらを預け、

午後の診療が始まる17時にはお迎えできるところを、

私は主人の帰宅を待って20時頃、一緒に検査結果を聞くことにしました。

IMG_0010.jpg
 
診断は、僧帽弁閉鎖不全症と三尖弁閉鎖不全症。

つまり心臓の血液を送るポンプ(弁膜)が2カ所も壊れていて

現時点でクラス1aの無症状だけど、確実に進行していく病気、と説明を受けました。

・・・ああ、ついにきたか。

何かある、とは覚悟していましたが。

IMG_0019.jpg

さらに。

幼少から「ブーブー発作」(逆くしゃみ症候群)で呼吸が苦しそうな姿を何度も見ている私。

このあいだ私の帰宅を喜ぶあまり興奮しすぎて呼吸困難になった、

あの気になる咳は、注意すべき発作だったのか?

検査前に伝えていたいくつかのことも、先生は調べてくださっていて

「吸気時における前胸郭部洞部での気管の経度虚脱」も同時に判明しました。

つまり気管支の一部に狭窄が見られて上手に空気を吸えない、のだと。

先日の咳は、現在の心臓の状態からではなく、気管支の状態の咳だろうと。

IMG_0022.jpg

僧帽弁閉鎖不全症で咳が出てくると、重症度は1aでは済まされない目安になります。

今の咳が心臓のせいでなくて良かったけど、さくらの場合

壊れた弁膜が2カ所のうえに、さらに気管支の病気まで・・・と気が重くなるのは同じ。

今はまだ無症状とはいえ、急変することもあります。

弁膜症は最近とてもよく聞く小型犬に多い病気で、

発病してからも何年もコントロールしながら長生きする子もいれば

無症状だった子が3か月後には、進行が早すぎて治療が間に合わない子も。

IMG_0037.jpg

さくらのためなら何でもするよ。

だからどうか、私のいないときに突然逝ったりしないでね。

IMG_0045.jpg

幸い先生は、もしも望まれるなら、と

「JASMINEどうぶつ循環器病センター」のT先生とは親しい間柄であることを教えてくれました。

頼もしい限りです。

もちろん高価な高度医療より一般的な内科的治療を勧めてくださっています。

私だって数少ない心臓手術の実証例だけで、さくらに危険なリスクを負わせるわけにいきません。

IMG_0068.jpg

先生から言われたことは。

心臓処方食、心臓病の投薬はまだ不要だけど、軽度のナトリウム摂取量制限は必要。

激しい運動を避け、興奮させないこと。

体重がこれ以上増えて心臓に負担がかからないようにすること。

でも急激な体重減少は免疫力を低下させてしまうので、過度な減量はさせない、

病気が進行したら嫌でも食欲は落ちていくから、と。

IMG_0069.jpg

次回は3か月後の11月に、同じ心臓検査を受けます。

そのときの病気の進行具合がどの程度か見極めてから、先生と今後の事を相談したいと思います。


 
*****


8月18日、私の大好きな、尊敬してやまない(と勝手に私が思っている)ブログ、

『これからはずっと一緒』のマッシュ君が虹の橋へと旅立ってしまいました。

まだ13歳でした。

訃報を知ってからは涙がとまりません、もう何日も。

心からご冥福をお祈りします。

 

報告時・・・2014.8





「蒜山ハーブガーデンハービル」わんことお出かけ

1か月もダラダラ書いている7月連休旅行記もようやく最終回です。

あともう少しだけ、お付き合いくださいね。

蒜山高原もまた雪深い日に訪れたきりだったので、

爽やかなグリーンシーズンに再び来れて嬉しいです。

かつての雪深き蒜山の旅はコチラ・・・2010年12月

DSCF0482.jpg

DSCF0483.jpg

DSCF0484.jpg
 
美味しいランチのあとは、雨が降ったり止んだり心配だったのですが

「蒜山ハーブガーデンハービル」さんへやってきました。

もちろんわんこも入場することが出来ます。

DSCF0485.jpg
 
駐車場でバギーインの準備OK。

わんこはバギーに入れなくても大丈夫なのですが、お花畑に粗相をしたら大変だし

雨でぬかるんでいたら泥だらけになってしまいそうだったので。

DSCF0486.jpg

DSCF0539.jpg
 
入場料は大人ひとり300円、わんこは無料、良心的ですね。

DSCF0487.jpg

DSCF0632.jpg
 
入場してすぐのところには、レストランやハーブ、雑貨のお店が並んでいました。

DSCF0538.jpg

DSCF0537.jpg

DSCF0544.jpg
 
レストラン店内はわんこNGですが、テラス席はOKです。

DSCF0532.jpg

DSCF0545.jpg

DSCF0543.jpg
 
この時期にやってきた目的は、なんといってもラベンダー。

ゆるやかな丘陵を利用した1万株のラベンダー畑と

ハーブを含めた200種類の草花からなる「ハーブガーデン」が広がっています。

DSCF0500.jpg

DSCF0522.jpg

DSCF0499.jpg
 
私は舗装された遊歩道を歩いていましたが

IMG_0019.jpg

IMG_0068.jpg
 
有料で「ラベンダー摘み」もあります。

お花畑に入り込んでいるのは、許可を得て摘んでいる人たち。

IMG_0009.jpg

DSCF0549.jpg
 
あっちを向いても

DSCF0502.jpg
 
こっちを向いても

DSCF0504.jpg
 
ラベンダーでいっぱいでキレイだねぇ。

DSCF0505.jpg
 
さくらがあんまり身を乗りだすものだから

バギーの中で揉みくちゃにされた保冷剤を敷き直す、の図。

IMG_0003.jpg

IMG_0045.jpg

IMG_0005.jpg
 
あら、ドッグランがあるの?

DSCF0506.jpg
 
うんしょ、うんしょ、ゆるやかな丘陵ってバギーにはキツイわ。

IMG_0022.jpg

IMG_0086.jpg
 
矢印の方向をたどって向かってみたものの、

DSCF0548.jpg
 
なかなか険しい谷間の果てに、緑色したフェンスの囲いを発見。

DSCF0508.jpg
 
・・・

DSCF0512.jpg
 
 くすくす

DSCF0515.jpg
 
 おかあさん、あきらめたね

DSCF0519.jpg
 
だぁってさぁ~、たどり着けたとしても、さくらまた固まるくせにっ!

 てへ

DSCF0534.jpg

丘のてっぺんまで行くと、こんな風景が見れます。

すっきりと晴れた日は、もっと美しいでしょうね。

IMG_0081.jpg

IMG_0077.jpg
 
ラベンダー以外のお花もいろいろ。

IMG_0006.jpg

IMG_0069.jpg

IMG_0071.jpg
 
8月まで楽しめる「ラベンダー畑」、次はどんなお花でいっぱいになるのかなぁ。

DSCF0529.jpg
 
訪問時・・・2014.7

ご訪問ありがとうございました♡ぽちっとお忘れなくぅ↓↓


にほんブログ村


「イル・リコッターロ」でテラスランチ?

テラスなら、わんことランチがいただける「イル・リコッターロ」さんにやってきました。

こちらでは、山羊や羊、牛のミルクを絞って出来たリコッタやチーズを使った

お料理やデザートをいただけます。

DSCF0565.jpg

DSCF0486.jpg

DSCF0482.jpg

上蒜山スキー場の隣ということもあって、森の中はとても涼しいです。

DSCF0561.jpg

DSCF0560.jpg
 
隣接しているコテージは、HPでは準備中とのこと。

DSCF0505.jpg

DSCF0500.jpg

到着時間は11時、でも開店時間は12時なので、

DSCF0484.jpg
 
店頭にある台帳に名前を記入しておきます。

ここまでは事前調べで想定内のことでした。

DSCF0488.jpg
 
すでにたくさんのお名前が記入されていて、順番に呼ばれると

わが家はだいたい13時頃に案内していただける、ということがわかりました。

さらに小さな手書き文字をよく読むと、

「本日は悪天候のためテラス席を閉鎖させていただきます」!?

これは想定外!!確かに雲行きが心配な空でしたが・・・

DSCF0504.jpg
 
というわけで、さくらとテラスランチの様子を楽しみにしてくださった方々、

大変申し訳ありませんm(__)m

これより先は、わんこNG店内のランチ紹介になります。

********

近くの道の駅でブラブラしてから、13時前に再び、この場所へやってきました。

DSCF0506.jpg

DSCF0495.jpg
 
店内へ案内していただけたのは、さらに待って、13時半過ぎ。

DSCF0496.jpg

DSCF0497.jpg

DSCF0513.jpg
 
ちょっと窮屈な、一番奥のカウンター席でした。

このとき右端に見えていたテラス席に、わんこ連れがいましたよ。

DSCF0512.jpg
 
リコッタとは・・・詳しい説明の書かれた手書きのメニュー表。

DSCF0507.jpg

DSCF0508.jpg
 
まずは、一押し!だという「リコッタフレスカと自家製天然酵母パン」。

DSCF0515.jpg
 
パンにリコッタフレスカ、オリーブオイルをかけていただきます。

山羊、羊、牛混入のリコッタフレスカに味は感じず、

シンプルにパンの風味を味わうという感じ。

DSCF0519.jpg
 
コレ、塩分強いけど好きな味「山羊リコッタのニョッキ」。

こちらのホワイトソースのほうが、パンによく合います♪

DSCF0523.jpgDSCF0524.jpg
 
主人に半分食われて気付いた撮り忘れの「ズッキーニとリコッタミントのオーブン焼き」。

確かに私はズッキーニは食べないって言ったけどさぁ。

DSCF0526.jpgDSCF0525.jpg
 
そして本日30食限定のピッツア「6種チーズのピッツァ」。

このときすでに「自然栽培さやえんどうと自家製ハムのピッツァ」が完売。

DSCF0527.jpg
 
6種のチーズとは、

モッツァレラ・プローボフ・カチョッタ・リコッタ・ウォッシュ・ゴルゴンゾーラ。

DSCF0529.jpg
 
ちなみにチーズの手書き説明もこと細かく。

DSCF0522.jpg

とろーり、チーズがぁ。

DSCF0534.jpg
 
そのうち雨が降りだして、テラス席が片づけられてしまいました。

さっきのわんこ連れは、無事にお食事が終わったかな。

DSCF0538.jpg
 
チーズって、お腹膨れますよね(^^;

お料理はすべて一人前をシェアしていたはずなのに、

すでに注文していたデザートのことを早くも後悔し始め・・・

そして現実を目の当たりにしたのでした。

ど~ん!「リコッタティラミス」。

DSCF0544.jpg
 
どど~ん!!「リコッタとブルーベリーチーズケーキ」。

DSCF0545.jpg
 
えっ、大きさがいまひとつ伝わらない?ならば、箱タバコと比べてあげましょう。

DSCF0549.jpg

DSCF0548.jpg
 
あとになって、細かい手書き文字メニューを隅々までよく読むと

デザートにハーフサイズがあることを知ったのでした。(;゚Д゚)

締めは「水だしアイスコーヒー夏の空」。

DSCF0539.jpg
 
ごちそうさまでした~人気があるの、すごくわかります。

こんなチーズ三昧をいただける機会はなかなかないと思うので、

面倒くさい待ち時間だったけど、テラスランチじゃなかったけど、行って良かったです。

さすがに食べすぎて、しばらく乳製品系は遠慮したいくらい、大満足。

DSCF0553.jpg
 
わが家が帰る14時半には、すでにお食事の受付終了されていました。

DSCF0554.jpg

営業時間は16時までだけど、ランチは12時~14時までのたった2時間なんだって。

しかも売り切れ次第終了。

14時以降はカフェのみ利用できるそうです。

DSCF0487.jpg
 
訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


「ホテル旬香大山」わんことお泊まり(まったり編2)

朝食後ものんびり本館ラウンジで、まったり時間を過ごします。

DSCF0078.jpg

DSCF0079.jpg
 
さくら、3回目だけど覚えてるかなぁ?

DSCF0075.jpg

DSCF0073.jpg
 
もちろんコテージのお部屋でも、時間の許す限り、まったり。

DSCF0418.jpg

DSCF0080.jpg
 
天井が高いから、朝日が気持ちよく差し込むんです。

DSCF0081.jpg
 
まったり。

DSCF0146.jpg
 
まったり。

DSCF0443.jpg

DSCF0138.jpg
 
あ、さくらが起きた。

DSCF0436.jpg

私を追っかけてきそうなので、抱っこして一緒に2階ロフトスペースへ。

やはり今回は、夏の大山を見ることは叶いませんでした。

DSCF0444.jpg
 
い、いない!?と思ったらソファの後ろに。

ビックリさせないでよぅ。

DSCF0082.jpg

DSCF0455.jpg
 
そして、名残惜しいけれど旬香さんとお別れの時間になりました。

DSCF0125.jpg

DSCF0466.jpg
 
チェックアウトをして出発すると、トライアスロン皆生大会に遭遇しました。

ひ~ご苦労様、出場選手の自転車に注意しながら、最寄りのインターに向かいます。

DSCF0473.jpg
 
次の目的地がある蒜山高原インター下車。

DSCF0476.jpg
 
目印だという上蒜山スキー場を目指し、

DSCF0478.jpg
 
舗装されていない道を進み、たどり着いたのは・・・

DSCF0479.jpg

DSCF0480.jpg
 
次回に続きます(*^-^*)

DSCF0481.jpg
 
訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


「ホテル旬香大山リゾート」わんことお泊まり(朝食編)

お宿のドッグランへと続く道。

DSCF0073.jpg
 
ここで雪の無いドッグランを見るのは初めて。

まだ誰も使ってない早朝の遊び場、好きに使っていいんだよ~。

DSCF0077.jpg

DSCF0075.jpg
 
さくらが片足あげて静止するのは、何かしら警戒しているとき。

DSCF0078.jpg
 
あーあ、固まっちゃった(^^;

DSCF0079.jpg
 
ほら、どうしたの?

DSCF0080.jpg
 
 足がぬれちゃうの

DSCF0081.jpg
 
未明に降った雨か、芝生育成用の水撒きかどうかはわからないけど、

確かに地面が濡れていました。

さくらは濡れた道路もあんまり好きじゃないけど、濡れた土の上はもっと苦手です。

DSCF0082.jpg
 
 だってグショグショするもん

DSCF0130.jpg
 
というわけで、ものの5分で退去となりました(^^;

あーあ、せっかくの念願のグリーンシーズンドッグランだったのにぃ。

DSCF0369.jpg
 
濡れてない道路なら、さくさく歩きます。

DSCF0146.jpg
 
旬香さんがある「大山ペンション村」ってこんなところ。

DSCF0148.jpg
 
カラフルな看板が目を惹いた「アリスの丘」さん。

DSCF0353.jpg

DSCF0355.jpg
 
「ペンション暖暖」さんは私好みの素敵なログハウスで、帰ってからHP検索したほど。

こちらではわんこの受け入れはしていなくて、残念。

DSCF00822.jpg

DSCF0359.jpg
 
わんこOKのお部屋がある「沖村ペンション」さん。

DSCF0361.jpg

DSCF0362.jpg

朝食は和食か洋食、時間も7時半と8時が選べます。

7時半にしたら、レストランは空いていました。

みんなのんびり遅めの朝食なのね。

DSCF0378.jpg
 
こちらは10時チェックアウト宿なので、わが家では朝食を早めにとって、

残りの時間もお部屋でまったりしたいところ。

DSCF0375.jpg
 
さくら専用の椅子を用意していただいてるのに、私の膝へ乗ろうとするので

DSCF0370.jpg
 
注意したら、離れたところで拗ねちゃった。

もぉ、知らないっ。

DSCF0372.jpg

DSCF0374.jpg

和食だけど、大山の美味しい牛乳。

DSCF0377.jpg

DSCF0376.jpgDSCF0380.jpg

DSCF0382.jpgDSCF0383.jpg

DSCF0385.jpgDSCF0386.jpg
 
さくらのことをわざと無視していたら、その視線ビームの痛いのなんのって。

DSCF0389.jpg
 
コーヒーが食事の終わりと知っているので、

置いていかれないように、のそのそ近づいてきたさくらなのでした。

DSCF0395.jpg

DSCF0397.jpg
 
チェックインのときスタッフさんに撮っていただいた記念写真が、食卓に飾られています。

持って帰るのを忘れないようにしなくっちゃね。

DSCF0388.jpg
 
訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


「ホテル旬香大山リゾート」わんことお泊まり(まったり編)

夕食が終わった19時半でもまだこんなに明るい。

DSCF0150.jpg

DSCF0075.jpg
 
お部屋に点いたオレンジの灯りが優しく感じられます。

DSCF0077.jpg

DSCF0148.jpg
 
コテージの立地が本館の裏側というのが、少々気になるのは私だけでしょうか。

DSCF0073.jpg
 
夕食が済めばお洋服を脱がしてもらえるのに、今日は写真撮影がしつこい私。

だって可愛いんだもん。(←親ばか)

DSCF0079.jpg

DSCF0078.jpg
 
何度も言うように、さくらのカメラ目線はおやつ効果によるもの。

DSCF00822.jpg

DSCF0275.jpg

ほら、ここまでおいで~。

DSCF0080.jpg

DSCF0271.jpg
 
だから終いには飽きられて、おいしい役どころを主人に横取りされることもしばしば。(^^;

DSCF0130.jpg

DSCF0138.jpg
 
 いつまでもおかあさんには付き合っていられないのよ

DSCF0081.jpg
 
訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


「ホテル旬香大山」わんことお泊まり(夕食編)

4年ぶりに訪れた「ホテル旬香大山」さんは、

ホテルと言いながらもアットホームな雰囲気いっぱいのペンションのようなお宿です。

スタッフメンバーがすっかり変わってしまったので

3度目訪問なのに、さくら家を覚えている人がいないのは少し寂しい気もしましたが。

DSCF0160.jpg

DSCF0161.jpg
 
変わったといえば、本館の大浴場が予約制家族風呂から男女別時間制になりましたね。

家族風呂のほうが聞こえはいいのですが、わんこは脱衣所に連れて行けず

45分の制限時間に夫婦交代で行くのが厳しかったんです。

コテージにもお風呂はありますが、本館の大浴場も風情があって大好きです。

DSCF0146.jpg

DSCF0148.jpg
 
お風呂上がりに本館のラウンジでくつろいでいると

DSCF0151.jpg
 
2014年12月オープン予定の「ホテル凛香富士山中湖リゾート」の告知が!!

これは楽しみですね~(#^^#)

DSCF0155.jpg
 
大人気スポットになった「ベタ踏み坂」の写真までありました。

DSCF0400.jpg
 
私がご満悦でコテージに戻ると、玄関開けるなり、

雄叫び、

DSCF0169.jpg
 
飛びつき、

DSCF0073.jpg
 
まとわりつき、

DSCF0077.jpg

DSCF0080.jpg
 
 どこ行ってたのよぅ~!!!

DSCF0078.jpg
 
あ~はいはい、・・・私が外から帰ると、いつもこんなにうるさく歓迎されます(^^;

さっきまで疲れて寝てたくせに。

さっき↓↓

DSCF0138.jpg
 
夕食は18時からと19時半から選べて、チェックインのときに聞いてくれます。

わが家は午前中に2食いただき、そのあと何も食べてなかったので

早い時間にしていただきました。

さくらはごはんを済ませ、おにゅうのワンピに着替えて、お嬢様風に変身♪

DSCF0192.jpg
 
本館のレストランに移動しますよ。

夏の18時なんて、とっても明るい。

DSCF0154.jpg

DSCF0202.jpg
 
さくらは私の隣で、椅子の上にクッションを敷いていただきました。

DSCF0448.jpg
 
本日のディナーメニューのお品書き。

DSCF0200.jpg
 
涼しそうな器とお刺身。

DSCF0456.jpg
 
久しぶりに美味しいもずくを食べた気がするぅ。

DSCF0199.jpg
 
大山はハムも美味しいんだよね。

DSCF0205.jpg
 
今日はずっと生魚をいただいていたけど、煮魚もやっぱり旨い。

なかなか肉厚なカレイでしょ。

DSCF0215.jpg
 
さくらはすっかり電池切れ。

DSCF0218.jpg
 
お肉は自分のペースで焼けます。

DSCF0220.jpg

DSCF0223.jpg
 
お米は「八郷米」という大山産コシヒカリで、購入することも出来ます。

DSCF0222.jpg

DSCF0407.jpg
 
全体的に和風コース、締めのデザートまで美味しくいただきました。

このわらび餅、舌でとろける絶品です♡

DSCF0227.jpg

DSCF0231.jpg
 
気が付いたらまた、さくらは床に転がっちゃって(^^;

DSCF0232.jpg
 
訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


「ホテル旬香大山リゾート」わんことお泊まり(3回目)

鳥取県で人気のわんこ宿といえば、ここ「ホテル旬香大山リゾート」さん。

わが家はこれで3回目の訪問です。

DSCF0163.jpg

1回目・・・2008年12月 

2回目・・・2010年12月 

4年ぶりかぁ~やっと、夏の大山に来ることが出来ました。

DSCF0116.jpg
 
今回は昨年新築されたばかりの、離れのコテージにお泊まり。

向かって一番左側の建物が、コテージ「大山」のお部屋です。

DSCF0119.jpg

DSCF0129.jpg
 
マイカーを横付けできるので、荷物の出し入れが便利です。

DSCF0114.jpg

DSCF0111.jpg
 
玄関を開けたときの印象は、目の前がいきなり壁なので、せ、狭い・・・。

DSCF0109.jpg

DSCF0108.jpg

玄関収納はたっぷり。

DSCF0133.jpg
 
玄関から右手は、2階へ上がる階段と2つの扉。

DSCF0431.jpg
 
向かって右側の扉はトイレ。

DSCF0097.jpg
 
左側の扉は洗面所、お風呂へと続きます。

DSCF0095.jpg

DSCF0094.jpg

そして、玄関からすぐ左手がキッチン。

こちらのテーブルでチェックイン手続きをしました。

DSCF0085.jpg
 
冷蔵庫の飲み物はすべて無料で、持ち帰りOK.。

DSCF0088.jpg
 
キッチン続きのリビングは天井が高く、吹き抜けになっています。

DSCF0080.jpg

DSCF0078.jpg
 
可愛い時計、でも部屋の広さにしては小さすぎない?

DSCF0081.jpg
 
嬉しいマッサージチェア付きで、砂丘で歩き疲れた身体をほぐすことが出来ました。

DSCF0079.jpg

ベッドはもちろんシモンズ製。

DSCF0073.jpg

テレビがリビングと寝室に1台ずつ。

DSCF0075.jpg
 
リビングとベッドルームは、大きな引き戸で仕切ることが出来ます。

DSCF0463.jpg

DSCF0464.jpg
 
窓際に置かれたわんこゲージ。

DSCF0082.jpg
 
窓の外は、テラス。

DSCF0139.jpg
 
外から見たらこんな感じ。

DSCF0126.jpg
 
家から持参した「蚊取り線香」はここでも欠かせない。

DSCF0420.jpg
 
その隙間、小さいわんこは大丈夫?(^^;

DSCF0252.jpg

お部屋に戻って、2階のロフトスペースをご案内します。

2階へ上がる階段は、あの「いぬのきもちコテージ」以上の急勾配でした。

梯子に近い階段といえるでしょう。

手すりの角度、わかります?(^^;

DSCF0435.jpg
 
怖ぁ~、後ろ向きでないと降りられませんよ。

DSCF0439.jpg
 
ロフトスペースにはソファがふたつ。

DSCF0441.jpg
 
このソファに座ると、ちょうど大山が見えるはずだったんだけどなぁ。

DSCF0448.jpg
 
雨は降らなかったけど、雲がかかって確認できず。

DSCF0104.jpg
 
1階の半分くらいのスペースが2階ロフトスペースになっていて

もう半分は吹き抜けになっているので、1階がこんなふうに見渡せます。

DSCF0102.jpg

DSCF0101.jpg
 
訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


さくらと名探偵〇〇〇

では一気に、「コナンワールド」へまいりましょう。

道の駅「大栄」にある、シャーロックホームズ風のコナン君。

DSCF9833.jpg

DSCF0022.jpg
 
周辺地図をたよりに、道の駅から「青山剛昌ふるさと館」まで歩いて行けます。

DSCF0023.jpg
 
「青山剛昌ふるさと館」に入らないまでも、コナン君とそのお友達がいたり

アガサ博士のマイカーが駐車されていて、私のテンション上がりまくり。

DSCF9840.jpg

DSCF9835.jpg
 
駐車場のあちこちに写真スポットがたくさんありました。

DSCF9842.jpg

DSCF9844.jpg
 
駐車場を出て右手に行くと、「コナン駅」「コナン大橋」「出会いの広場」?

もちろん行く、行く!

DSCF9854.jpg

「道の駅大栄」から「コナン駅」までは、「コナン通り」と呼ばれています。

DSCF9850.jpg
 
間隔をあけてキャラクターたちの石碑があったり、マンホールまでコナン君。

DSCF0033.jpg

DSCF9855.jpg
 
途中まで歩いてみたけど、なかなか橋らしいものが見当たらないので

いったん駐車場に戻って、ここから先はマイカーで探してみることにしました。

DSCF0048.jpg
 
橋へ行くまでに、工藤新一くんを発見。

まるで「どこでもドア」から現れたみたいね。(お話が違うって)

DSCF0036.jpg
 
ありました、「コナン大橋」。

一体一体違うポーズのコナン君を楽しむことが出来ます。

DSCF0037.jpgDSCF0041.jpg
 
橋の途中にもコナンくん。

DSCF0042.jpg
 
橋を渡った反対側からも。

DSCF0045.jpg

いまの季節にピッタリな、海水浴姿のコナンくん。

DSCF0043.jpg
 
そこから先の、図書館の前にいた工藤新一くん。

DSCF0046.jpgDSCF0047.jpg
 
駅前の広場にて「犯人はお前だ」なんつって。

DSCF0050.jpgDSCF0053.jpg
 
「コナン駅」とは、もともと「JR由良駅」のこと。

駅名まで変えちゃうなんてスゴイ町です。

DSCF0063.jpg

DSCF0055.jpg
 
 まだぁ?恥ずかしいから早くしてくださ~い

DSCF0056.jpg
 
気になる駅舎はこんな感じ。

DSCF0061.jpg

DSCF0062.jpgDSCF0059.jpg

DSCF0060.jpg
 
ラストはなんと「〇〇小学校」。

忍び込んだわけじゃないですよ~ちゃんと開放されていました。

ラン姉ちゃんと手をつないで下校するコナン君、夕暮れ時ならもっと良かったね。

DSCF0071.jpg

DSCF0066.jpg
 
心残りはただひとつ。

新一とランのツーショット像を見つけられませんでした。

ここからお宿まで1時間半かかるので、探したかったけど時間切れになったのでした。

訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。