いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

道の駅「神話の里白うさぎ」わんことおでかけ

では7月3連休旅行記に戻ります。

鳥取県には「道の駅」が驚くほどたくさんあります。

ちょっと進んだら道の駅、また行くと、また別の道の駅。

いつでもトイレ休憩できるのは助かりますけどね。

DSCF0003.jpg

DSCF9817.jpg
 
道の駅「神話の里白うさぎ」では、

大国主命&うさぎさんと記念撮影ができました。

DSCF9831.jpg

DSCF9828.jpg

はるか昔に聞いた神話の物語「因幡の白うさぎ」。

瀕死のうさぎさんを助ける話から、

どうして「恋人の聖地」と云われるようになったんだろう?

調べましたよ~。

出雲出身の大国主命が、因幡の八上姫と結婚することから

ここは「恋人の聖地」なんですって。

なんだ~、うさぎさんが命様に恋をするんじゃないのか。(←そういうのって無かった?)

DSCF0019.jpg

道の駅に白兎神社があるのか、神社の中に道の駅があるのか?

おそらく神社のほうが歴史が古そうですが。

DSCF9821.jpg

DSCF9826.jpg
 
道の駅屋内には、本物のうさぎさんがいました。

名誉駅長の命(みこと)ちゃん、といいます。

DSCF0598.jpg

DSCF9815.jpg

数ある道の駅の中で、私のお目当ては、北栄町にある道の駅「大栄」でした。

鳥取県境港市といえば、水木しげる先生の「ゲゲゲの鬼太郎」が有名だけど

鳥取県北栄町といえば「名探偵コナン」の作家、青山剛昌先生の故郷なんです。

知らない方はごめんなさい、

次回はわんこブログではなく「コナン」ワールドに染まります(^^;

DSCF0052.jpg

本当はここで一気に紹介するはずが、写真容量オーバーで

いったん区切らないといけなくなったのです。(^^;

訪問時・・・2014.7

更新がんばってるさくらママに応援のぽちっ!↓↓

にほんブログ村


 



おうちで天然岩カキを食す

7月3連休旅行記の途中ですが・・・

わが家に鳥取の天然岩がき「夏輝」(なつき)が届いたので、ご紹介しちゃいます♪

DSCF0643.jpg
 
旅行の帰りに、ご縁があったらお土産に持って帰りたいねって話していたのですが

往路と違ったコースで帰ってきたため、岩がきに出会えませんでした。

帰ってきてもあの味が忘れられなくて、楽天ショップ「Lamp」さんで購入。

こちらで400g~500gの特大サイズ、10個で6980円なり。

DSCF0633.jpg

DSCF0635.jpg
 
「Lamp」さんの会社概要を見ると、建材やさん・・・?

でも岩がきに同梱されていたパンフを見ると「お食事処かに大陸」ふむふむ・・・

おお!!住所が鳥取市賀露町、「かろいち」のすぐそばではないか!

これはもう運命に違いない。

DSCF0640.jpg
 
主人の帰りを待って、殻を剥いてもらいます。

「夏輝」と呼べる天然岩がきの殻は、それはもう大きくて固くて

道具なしでは開けることができません。

別料金で殻剥き専用ナイフまで販売されているほどです。

逆に「簡単に開く牡蠣は生で召し上がらないでください」と注意書きが。

主人は軍手でナイフにトンカチにペンチ、あらゆる方法で殻をこじ開けようとするので

キッチンが殻の破片だらけになり、危険なので私とさくらはリビングへ避難。

DSCF0648.jpg

見て~֥ϡ 殻いっぱいぎっしり詰まった、でっかい牡蠣の身!

DSCF0646.jpg
 
かろいちでいただいたとおり、氷水で締めて、

DSCF0647.jpg
 
ぽん酢でいただきましたぁ(≧▽≦)

DSCF0649.jpg
 
超ウマいです、濃ゆいです、まさに海のミルク!!!

市場と変わりなく新鮮で大きな牡蠣をいただきました。

主人の実家にも送ったので、電話があり喜んでくれましたよ。

・・・殻剥きに1時間かかったそうです(^^;

報告時・・・2014.7


にほんブログ村


鳥取港海鮮市場「かろいち」わんことおでかけ

朝食を求めてやってきたのは、鳥取港海鮮市場「かろいち」。

築地のような大きな海鮮市場ではなく、農産物販売所も併設した

どちらかというと道の駅にとっても近い市場でした。

DSCF9815.jpg

DSCF9821.jpg
 
市場ならもっと朝が早いかと思ったのにオープンは8時、駐車場はがらんとしていました。

DSCF9826.jpg
 
とってもおなかが空いていたので、8時と同時に入店することができた

「すなば珈琲」さんに流れ込みました。

もちろんわんこはNGですのでご注意ください(^^;

DSCF9833.jpg

DSCF9835.jpg

DSCF9840.jpg
 
店頭にあった「モーニングセット」で軽く朝食を、と思ったのに

朝からこんなの見せられたら、試してみたくなるじゃないかっ。

鳥取県がカレー王国だなんて初めて知りましたよ。

DSCF9850.jpg
 
それならば鳥取県のご当地カレー、いただきましょう。

主人も私も同じ「岩がきカレー」を注文。

DSCF9854.jpg

DSCF9855.jpg
 
岩がきはこの時期とっても貴重な旬ものです。

牡蠣フライカレー、これでコーヒーが付いて500円とは驚きました。

DSCF9856.jpg
 
カレーはともかく(ごめんなさい)コーヒーがとっても美味しかったです。

鳥取砂丘の「すな」と「スター〇ックスコーヒー」をもじって「すなば珈琲」、

なかなか洒落たネーミングですね。

DSCF9859.jpg
 
こんな遊びごころも粋です。

DSCF9862.jpg
 
残念ながら、このあと行った海鮮市場の写真はほとんど無し。

まだお客さんが少なく、購入意欲がないのに撮影するのは気がひけちゃった。

でもやっぱり、今が旬の、「生岩がき」と「白いかの姿造り」が気になってしょうがないので

海鮮料理を食べさせてくれる食事処が開店するまで、粘ることにしました。

DSCF9828.jpg

何店舗かあって、お店によって開店時間は10時~11時とまちまちでしたから

巨大スイカと写真を撮ったり

DSCF0598.jpg
 
同じ敷地内にあるエアコンの効いた「かにっこ館」で涼んでいました。(あっ多分わんこNG)

DSCF9831.jpg

DSCF9969.jpg
 
私は水族館系って、ちょっと苦手。

お魚は食べるのは好きですが、生きたのは触れないし、捌くなんてとんでもないです(^^;

DSCF9878.jpg

DSCF9963.jpg

DSCF9965.jpg
 
10時になって入店できたのは、市場と直結していた「市場料理賀露幸」さん。

こちらもわんこNGです、たて続けにごめんなさい。

写真は、外から見た外観。

DSCF9970.jpg

DSCF0003.jpg
 
朝8時の朝食からわずか2時間後、海鮮丼を食らってるのは誰だぁ?

DSCF9978.jpg
 
私が食べたかった姿造りは無く「白いかのお造り」に。

DSCF9974.jpg

DSCF9982.jpg
 
この刺身醤油「賀露幸紫」が、とっても甘くて美味しい。

DSCF9983.jpg
 
主人が食した「生岩がき」。

DSCF9984.jpg

DSCF9985.jpg
 
1個982円の値段にビビり、私は食べられず。

DSCF9986.jpg
 
お店を出たあとも「ああ、岩がき~」と、私の心の叫びを主人が聞きつけ

もう一度市場に立ち寄ったとき、主人がこんなの見つけてくれました。

なんと、ブランド岩がき「夏輝」が!1個500円で今すぐ食べられます!?

DSCF9988.jpg
 
「夏輝」と書いて「なつき」、殻の大きさが13センチ以上の高品質岩牡蠣のことを言います。

もちろんいただきますとも~!!

同じ値段で2個も食えたじゃないかと内心思いつつ、1個だけ、味わっていただきました。

DSCF9987.jpg

DSCF9989.jpg
 
う、うますぎるぅ~!!!!!

訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


「鳥取砂丘」わんことおでかけ2

砂丘散歩を終えた頃には、すでに駐車場がいっぱいになっていました。

観光客というよりは、地元のボランティア団体が清掃道具を持って集合していた様子。

早朝から大変ご苦労様です。

おかげで美しい鳥取砂丘が保たれているのですね。

DSCF9863.jpg
 
真っ先に向かったのは「足洗い場」。

主人は砂だらけになった靴と足を水洗い。

DSCF9867.jpg
 
私は砂だらけのさくらの足をジャブジャブ水洗い。

飛んだり跳ねたりしていたので、身体にもけっこうな砂をかぶっていました。

DSCF9869.jpg

ここでシャンプーするわけにもいかないので

持参したタオルでぱんぱん、軽く叩いて砂を落とします。

DSCF9873.jpg
 
「足洗い場」のそばで、こんな張り紙を見つけました。

「砂丘用車イス」?

DSCF9919.jpg

亡き母が晩年は車椅子生活だったので、ちょっと気になったんです。

すると、砂丘への入り口である木製の階段とは別に、スロープを発見。

足を洗ったところだけど、せっかくだからスロープも歩いてみることに。

DSCF9819.jpg

DSCF9912.jpg

DSCF9915.jpg
 
こあたりは勾配がキツイ。

DSCF9916.jpg

こうやって砂丘にたどり着けるようになってるんですね。

実物を見てないけど、(張り紙写真だと)砂丘も走れるタイヤのよう。

車イスが電動だったら、もっともっと(介護が)助かります。

DSCF9917.jpg
 
次に気なったのは、「砂の美術館」。

以前からずっと行きたかったのですが、事前にわんこNG施設と知っていたし

9時オープンだったので待っていられず、今回はもうあきらめがつきました。

DSCF9920.jpg

DSCF9910.jpg
 
でも美術館はここから徒歩5分というので、外観だけでも見に行くことに。

その途中で、海鮮丼が美味しいと評判の「鯛喜」さんを発見。

DSCF9881.jpg

こちらはテラス席ならわんこOKだそう。

予約しないと食べられないお店って、気になるよねぇ。

DSCF9883.jpg

DSCF9880.jpg
 
左手に、見えてきたのが「砂の美術館」です。

鳥取砂丘から1本道なので、すぐに分かります。

DSCF9886.jpg

立派な近代的な建物でした。

DSCF9889.jpg

DSCF9890.jpg

DSCF9897.jpg
 
屋外に作品がひとつ。

雨が降ったらどうするんだろ?

でも屋内には、こちらよりもっと大きくて、緻密で複雑な作品が並んでいるのですね。

DSCF9891.jpg

DSCF9892.jpg
 
もっと砂像が見えないかな?と

入口付近を覗いてみたけどダメでした。

DSCF9900.jpg

そりゃそうよね~、次回は営業時間内に入館料払って、じっくり鑑賞したいです。

訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


「鳥取砂丘」わんことおでかけ

京都の自宅から鳥取砂丘までは3時間半ほどで到着するはずだったのに

主人が(また)古いナビどおり走行してしまい

新しく開通した鳥取自動車道に乗り損ねて

予定より1時間も余計に時間がかかってしまいました。

 おかあさんは寝てて気づいてあげられなかったの

DSCF9877.jpg
 
おまけに未明に通過した兵庫県佐用町では、

住宅街をわがもの顔で駆け抜ける幾頭もの野鹿に遭遇し

あわや大惨事!?になりかねない状況に何度も陥りました。

車に向かって突進してくるんですよ、佐用町の野鹿、恐るべし。

 こわかったぁ

DSCF9878.jpg
 
そんなこんなで、朝5時に到着した鳥取砂丘です。

早く着きたかったのは、暑くなる前の涼しい時間に砂丘をお散歩したかったから。

IMG_0001.jpg
 
まずは記念撮影。

IMG_0003.jpg

DSCF9815.jpg
 
さくらの目線がおやつ(^^;

DSCF9817.jpg
 
木製の階段を駆け上っていくと

DSCF9821.jpg
 
目の前が、鳥取砂丘です。

私は3度目、さくらは2度目なんだけど、今回のようにたくさん写真を撮るのは初めて。

IMG_0005.jpg
 
うっ、しまった!

砂で汚れてもいいサンダルを持参してきたのに、履き替えるのを忘れてしまいました。

お気に入りのサンダルがぁ。

でも階段を往復するのが面倒で、もうあきらめましたよ。

DSCF9826.jpg
 
さぁ、歩こう。

いつものリードをロングリードに変えたら、さくらがぴょんぴょん、なんだか嬉しそう?

IMG_0010.jpg

IMG_0009.jpg

DSCF9831.jpg
 
体重の軽いさくらでも、柔らかい砂のせいか、鳥さんのような足跡くっきり。

それともただ爪が伸びているだけ?

DSCF9828.jpg
 
あの壁のてっぺん「馬の背」を目指します。

なるだけ低い山のところを狙いますよ。

IMG_0019.jpg

砂のさざ波「風紋」は見られなかったけど

砂のすだれ「砂簾」はお山の斜面に現れるタテの線のことみたい。

IMG_0022.jpg
 
 おかあさん、はやく~

DSCF9842.jpg
 
そこへ朝日が昇り始めました。

DSCF9844.jpg

IMG_0068.jpg
 
砂丘が金色に光ってキラキラ。

DSCF9850.jpg

DSCF9854.jpg
 
早朝の砂丘には、とっても涼しい風が吹き渡っていました。

てっぺんから海が臨めるのですが、浪打際まで行くとまた砂丘を登らなきゃだし

ここからの風景だけで、たっぷり癒されます。

IMG_0069.jpg

IMG_0071.jpg
 
お口に砂が入ったと訴えてる。

DSCF9857.jpg
 
少し離れたところから写真を撮ってくれていた主人も追いつきました。

DSCF9856.jpg

DSCF9855.jpg

DSCF9859.jpg
 
せっかく昇ってきたのに残念だけど、あとは、またお山を下るだけ。

DSCF9862.jpg
 
びゅーん。(転がったほうが早くない?)

IMG_0077.jpg

IMG_0081.jpg

IMG_0086.jpg
 
鳥取砂丘はまだまだ続きます。

訪問時・・・2014.7


にほんブログ村


さくらのプチ疎開その後

・・・ちょっと間が空いてしまいました。

前回からさくらの疎開を心配してくださった皆さま、ありがとうございます。

おかげさまで本日お隣さんより、予定よりずっと早く

リフォーム工事が完了したとご報告がありました。

 終わったの?

DSCF9772.jpg
 
うん、さくらの嫌いな、工事の音や業者さんの出入りはもう無くなったんだよ。

DSCF9768.jpg
 
お恥ずかしいことに、大騒ぎしたさくらの疎開は、最初のたった4日間で幕を閉じました。

正確には3泊4日。

曜日でいうと水、木、金、土。

土曜日の午後に自宅へ戻ってみると、お隣さんの工事の騒音は予想通りのものでした。

でも。

私と主人がいるせいか、怖がることもなく平然としているさくら。

むしろ4日ぶりの自宅に安心したせいか、爆睡でした。

DSCF9775.jpg

DSCF9778.jpg
 
おっと、これならイケるかもしれない?

そんなさくらに一縷の望みを託して、

次の月曜から金曜は自宅での留守番をさせてみることにしました。

もしもさくらの体調が思わしくなかったら(腹痛とか下痢とか血尿とか血便とか・・・)

そのときはまたすぐに栗東の家で預かってもらおうねってことで。

 さくら、がんばったの

DSCF9769.jpg
 
そうだね~、う〇ちゆるゆるの日はあったけど、食欲は落ちなかったものね。

そして今週も月曜日からお留守番を続けていました。

金曜日まで続くと思われたお留守番は、

木曜日、おかあさんが午前中に帰ってきて(体調不良で早退)嬉しかったことでしょう。

7月中旬まで続くと思われたリフォーム工事は、冒頭のとおり1週間も早く終了!

きっとさくらが、いっぱい頑張ったご褒美だね。

DSCF9781.jpg
 
そして、さくらは7月で9歳になりました。

(日付不明ですが7月は確からしいので登録は7月1日)

以前利用した山中湖のお宿「woof」(ワフ)さんからいただきました。

昨年は行ってないのに、嬉しいサービスですね。

DSCF9786.jpg
 
さくらの動物病院からも毎年いただいています。

DSCF9791.jpg
 
いつもお世話になっています、ペット保険のアニコムさん。

DSCF9788.jpg
 
7月3連休にはお誕生月旅行が待っています♪

報告時・・・2014.7


にほんブログ村


カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在経過観察中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ