いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

「プチホテル山」お泊まり2

夕食は鳴門海峡大橋を眺める、2階のレストランでいただきました。

18時半を過ぎたらいつでもお越しください、という食事形式。

そういえば、道後で食べたかき氷以来の昼食抜きでした。

DSCF5223.JPG

DSCF4977.JPG

お宿の事前情報が無かったのと、これまでの質素な雰囲気(おっと、失礼)から

あまり食事には期待していなかったのですが。

あら、あら、あら、意表をつくお料理の豪華さでした。餭

DSCF5006.JPG

DSCF5009.JPG

可愛い牛車の中身は、もずく。

DSCF5012.JPG

DSCF5014.JPG

DSCF4980.JPG

お刺身の入った器が貝で、まぁるい穴が開いてて楽しい。

DSCF5015.JPG

金魚に目が付いてる細かさ。

DSCF5021.JPG

おしながきは無かったですが、どれもお味は抜群でした。

なんでも料理長はテレビ番組の「料理の鉄〇」に出演されたほどの腕前だとか。

こっそりオーナーが教えてくれたけど、もっと宣伝すればいいのに~。

DSCF5024.JPG

DSCF5055.JPG

この季節に出されるメニューは、鱧がメインだそうですが

メインにするほど好物ではなかったので、淡路牛のしゃぶしゃぶに変えていただきました。

道後で出されたお弁当の鱧天、骨切りが惜しかった!(^_^.)

DSCF5080.JPG

IMG_0064.JPG

DSCF5082.JPG

冷房の効いたところで食べる鍋っていいですね。

冷たい食べ物ばかりだったお腹が喜びます。

DSCF5211.JPG

白ごはんがとっても美味しい。

DSCF5212.JPG

デザートにスイカ。

DSCF5215.JPG

お料理がなかなか届かないので、オーナーさんが途中で謝罪に来られました。

ゲストの多い日だったそうで、厨房はパニックされていたそうです。

メイン料理が、鱧、しゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキと選べる種類が豊富なので

そりゃ厨房は大変だったでしょうね。(^_^.)

食事時間が長いほうが、さくらはゆっくり寝れるみたいだけど。

DSCF5198.JPG

翌朝、ふたつめのドッグランまで歩いていくことにしました。

DSCF5227.JPG

DSCF5230.JPG

坂道がけっこう急なので、「こんぴらさん」の筋肉痛が、今頃になって響くぅ。

DSCF5231.JPG

DSCF5247.JPG

DSCF5238.JPG

お天気が良くなったら、景色がぜんぜん違って見えます。

DSCF5248.JPG

DSCF5234.JPG

お宿がはるか山の上。(^_^.)

行きはヨイヨイ(下り坂)、帰りは怖い(上り坂)ってやつですね。

DSCF5235.JPG

1階のロビーにて休憩。

DSCF4901.JPG

DSCF4905.JPG

朝食も、同じレストランでいただきます。

やっぱりここ、お料理は間違いなく美味しい!

DSCF5253.JPG

DSCF5255.JPG

DSCF5265.JPG

DSCF5254.JPG

寝てるさくらにちょっかい出したら、怖い目で睨まれました☆

DSCF5260.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


「プチホテル山」お泊まり

「鳴門海峡大橋」を渡ってやってきたのは、淡路島。

DSCF2950.JPG

DSCF2954.JPG

道後までの往復運転を労わって、主人にもう1泊してもらうことにしましたよ。

お宿は、以前から気になっていた「プチホテル山」さん。

DSCF2964.JPG

DSCF2958.JPG

来る前にお宿のクチコミ感想をわんこブログで探ってみるも、ほとんど噂を聞かない。

でもすっごく気になるぅ。

西日本では珍しい、ペンションではないわんこ専用宿のひとつですからね。

DSCF4821.JPG

館内はビジネスホテルみたい。

悪く言えば無機質で殺風景、よく言えば整理整頓されていて無駄なものが無い。

DSCF5169.JPG

DSCF5170.JPG

お部屋は2階の202号室の和室。

DSCF4680.JPG

DSCF4714.JPG

ホントは洋室が良かったんだけど、かなり早く予約を入れたのに空いてなかったの。

人気があるってことかな。

DSCF4672.JPG

DSCF4675.JPG

くんくんくん、昨日のお部屋とは違うね

DSCF4679.JPG

DSCF4797.JPG

嫌な臭いは全く無いです。

DSCF4803.JPG

DSCF4683.JPG

トイレは玄関側にあって、洗面所は明るい窓際にありました。

DSCF4676.JPG

DSCF4677.JPG

お部屋の窓から見える風景がこちら。

手前にひとつめのドッグランと、鳴門海峡大橋。

チェックインしたとたんに小雨が降ってきて、お天気はイマイチ。

DSCF4805.JPG

DSCF4820.JPG

お部屋にシャワーブースが付いていました。

あっ!シャワーブースが付いているのは「かんぽの宿道後」じゃなくてコッチだった!

すぐ修正入れました~ごめんなさい(^_^.)

DSCF4686.JPG

何故かシャワーブースの足元マットでくつろぐさくら。

DSCF4781.JPG

共同風呂は1階にあって、16時~22時までが女性時間で、

22時以降が男性時間という不思議な時間割制。

おかげで待ちくたびれた主人は、お風呂に入り損ねました、あ~あ。

DSCF4976.JPG

DSCF4914.JPG

湯船はそんなに広くないので、他人様とご一緒するより

私は数回かよって、誰もいない時間を選んで入浴できました。

DSCF4908.JPG

お風呂は天然水で、ちょうど良い湯加減。

海を眺めながら湯船に浸かれるのがいいですね。

脱衣所は古そうだったけど、お風呂場はリフォームされていてキレイでした。

訪問時・・・2013.7

 


にほんブログ村


「かんぽの宿道後」お泊まり

今回の旅の主たる目的地は、愛媛県松山市の「道後温泉」なんです。(*^_^*)

まだ訪れたことの無かったこの観光スポットに

わんこと泊まれるお部屋があると聞いてやってきたのは「かんぽの宿道後」さん。

DSCF2950.JPG

DSCF2958.JPG

たくさん寄り道しても、「一鶴」さんから2時間ほどで到着できました。

DSCF4788.JPG

チェックイン時に、狂犬病ワクチン接種証明書のコピー提出が必要です。

わんこOKのお部屋へは、まずエレベータで3階へ行き、

少し歩いて別館へ移動しなければなりません。

DSCF4781.JPG

DSCF4791.JPG

別館へ移るときは、必ずこのらせん状回廊を通ります。↓

DSCF5021.JPG

DSCF4908.JPG

うふふ、楽しい~֥ϡ期待を裏切らない迷路のような奥の深さです。

わんこのお部屋は突き当たりって、だいたい相場がきまっているのよね。

DSCF4803.JPG

わが家のお部屋は331号室、一番奥から3つ手前にありました。

わんこOKのお部屋は2部屋のみだそうですよ。

DSCF4705.JPG

DSCF4686.JPG

わんこブログで聞いていたとおり、けっこう狭いです。

玄関開けるなり下駄箱の上に冷蔵庫、ってどうなの?(^_^.)

DSCF5028.JPG

こじんまりとした可愛いゲージのある和室と、

DSCF2964.JPG

DSCF4680.JPG

DSCF4675.JPG

ダブルベッドが1台置いてある洋室の2間続きです。

ベッドは主人に明け渡して、和室に布団を敷いていただくことが可能でした。

DSCF4676.JPG

IMG_0064.JPG

私が撮った写真よりエレベータに張ってあった案内のほうがわかりやすいかも。↓

DSCF5006.JPG

洗面所とトイレ。

DSCF4677.JPG

DSCF4679.JPG

お部屋にお風呂は無いけど、らせん状回廊を渡った2階に、大浴場があります。

お部屋から大浴場に行くには、フロントへ行くよりもとっても近いです。

DSCF4901.JPG

広々とした内湯と露天風呂は快適で、何度も入りに行きました。

3連休だったけど、時間帯を選べば貸切で楽しめました。

もちろん、由緒ある奥道後温泉のお湯ですよ。

DSCF5014.JPG

DSCF5015.JPG

DSCF5012.JPG

チェックインからお部屋まで、さくらはキャリーバックで移動しましたが

お散歩にはフロント前を通らない別の出入り口の鍵をいただき、

そのときの移動は抱っこでOKとのこと。

DSCF4821.JPG

どこへ行くにも必ず通るらせん状廊下は、スロープになっていて歩きやすいです。

DSCF4978.JPG

DSCF4980.JPG

かんぽの宿にドッグランって、ウエルカム度が嬉しいですね。

DSCF4914.JPG

DSCF4976.JPG

あらら、飼い主だけがドッグランの中~?

DSCF4977.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


「松山城」お出かけ

「あ!坊ちゃん列車だ」

マイカーで移動中、運よくお仕事中の「坊ちゃん列車」に出会えました。

DSCF2950.JPG

「松山城」城主の加藤嘉明くんです。

くん付けになった理由はあとで判明しますよ。

DSCF4825.JPG

お山のてっぺんにあった「松山城」へはロープウェイまたはリフトで登れます。

遊歩道が整備されているので「こんぴらさん」のように自力で歩くことも出来ますが

この猛暑のなか、きっとそんな奇特な人はいないのでは。(^_^.)

ああ、でも切符は片道でも買えるので、帰りだけ徒歩の人もいるかもしれませんね。

DSCF2954.JPG

切符売り場は、冷房が効いて極楽~♪

しばし快適空間で、さくらの身体冷やし休憩も兼ねました。

DSCF2958.JPG

DSCF2964.JPG

10分毎に発車するロープウェイにわんこと乗るにはキャリーバックが必要で、

常時運行中のリフトなら、抱っこOKなんです。

主人は冷房の効いたロープウェイに乗りたそうでしたが

キャリーバックを車に置いてきてしまったので、わが家に選択肢は無いんだってば。

DSCF4672.JPG

さくらは「天橋立」でリフトに乗るのは慣れっこのはず。

DSCF4680.JPG

怖くないもん

いや、顔がこわばっとるし

DSCF4677.JPG

ほら、左手に見える遊歩道はお天道様に照らされて暑そうだし

DSCF4829.JPG

ロープウェイのほうがスピードは早いけど、満員すし詰めの様子、

リフトにして大正解だったね♪

DSCF4827.JPG

DSCF4828.JPG

おとうさんの顔見たら落ち着いた?さくら。

DSCF4826.JPG

リフトを降りてからも、お城まではけっこう道のりがあります。

DSCF4683.JPG

DSCF4686.JPG

いくつかの門をくぐったけど、城壁に阻まれ、なかなか本丸にたどり着けません。

DSCF4834.JPG

DSCF4831.JPG

一国のお城だもんね、敵から攻めにくい構造になってるわけで。

DSCF4836.JPG

DSCF4835.JPG

リフトで登って来ただけあって、景色の素晴らしいこと。

「かんぽの宿道後」を見つけて丸で囲んでみました♪

DSCF4803.JPG

DSCF4805.JPG

お天道様に近くなって暑いけど、時折吹く風が気持ちいい。

DSCF4714.JPG

DSCF4830.JPG

DSCF4781.JPG

ラストスパート?にトドメのだだっ広い運動場!

ひゃ~日陰をくださ~い。å

DSCF4908.JPG

DSCF4861.JPG

「松山城本丸」の真下に到着しました。

DSCF4905.JPG

DSCF4901.JPG

わんこと入場することも可能ですが、お城は傍から見ているほうが好き~。

というか、入場料払ってまでもう登らなくてもいいよっていうのが本音(^_^.)

DSCF4858.JPG

DSCF4821.JPG

城主の、よしあきくんです。

ゆるキャラ?マスコットキャラクターになって可愛い~。

DSCF4857.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


「道後温泉駅周辺」お出かけ

道後温泉本館の向かい側からまっすぐに伸びた商店街「道後ハイカラ通り」は

強い日差しを遮る屋根があって、両サイドの店舗から冷房の涼しい風がきて

さくらも快適に歩くことが出来ました。

DSCF4824.JPG

DSCF4826.JPG

途中で道が二手に分かれ、右折すると私が立ち寄った「椿の湯」、

左折すると「からくり時計」のある道後温泉駅へ行けます。

DSCF4827.JPG

文明開化の香りがする、レトロな伊予鉄道「道後温泉駅」。

DSCF4828.JPG

DSCF4829.JPG

「坊っちゃん列車」はお仕事中で不在でした。

DSCF4790.JPG

でもみかん色の電車が入ってきましたよ。

DSCF4831.JPG

みかん電車を追いかけて、切符も無いのにホームまでお邪魔しちゃいました。

DSCF4788.JPG

DSCF4833.JPG

現在使用中のバナーは、駅にいたお地蔵さんで撮ったもの。

DSCF4705.JPG

IMG_0275.JPG

駅側から見た商店街「道後ハイカラ通り」の出入り口。

DSCF4791.JPG

そしてその横に構えるのが、「坊ちゃんカラクリ時計」と「足湯」のある「放生園」。

もともと放生池があったところを埋め立てた広場だそうです。

DSCF5069.JPG

DSCF5066.JPG

ちょうど11時に「カラクリ時計」の仕掛けが動き出すと聞いて

足湯に浸かりながら待つことにしました。

道後温泉本館と同じ掛け流し湯~♪

DSCF5068.JPG

さくらのバンダナは、水に湿らせてひんやり清涼感を得るものですが

暑さですぐに乾いてしまうので、頻繁に水筒の氷水で加水していました。

DSCF4835.JPG

ヒトの手では確かにひんやり感じますが、毛皮に覆われたわんこに効いているのやら?

疑っていた私でしたが、たまたま通りかかった観光客の方に

「いいねそれ、効いてるよ!家畜獣医が言うんだから間違いない」

そう声をかけていただいて、めっちゃ嬉しかった~。

DSCF4861.JPG

そして11時。

DSCF4839.JPG

音楽に合わせて、上段から下段へ順番に窓が開いて

「坊ちゃん」の登場人物や道後温泉の人々が賑やかに顔を出します。

DSCF4857.JPG

DSCF4858.JPG

足湯に座っていた私も、もっとよく見ようと、思わず立ち上がりましたよ。

DSCF4836.JPG

お顔の表情がとっても豊かです。

DSCF5070.JPG

IMG_0371.JPG

DSCF4863.JPG

DSCF4862.JPG

上演が終わったとたんに、どっと汗が。

足湯で新陳代謝が促進されたかな。

駐車場のある道後温泉本館方面へ、再び戻ります。

DSCF4820.JPG

DSCF4830.JPG

DSCF5082.JPG

涼しそうな看板を見つけて誘われるようにやってきたのは「みかんの木」さん。

DSCF5015.JPG

DSCF5021.JPG

ありがた~い、屋根つきテラス!

IMG_0064.JPG

DSCF5024.JPG

DSCF5028.JPG

「みかん氷」と「いちご氷」でクールダウン。

DSCF5012.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


「道後温泉本館周辺」お出かけ

では、この旅メインの「道後温泉」へまいりましょう。

お宿から車で数分、「道後温泉本館」を見下ろす高台に駐車場があります。

DSCF2958.JPG

DSCF2964.JPG

駐車場と同じ高さに、道後温泉を祀る「湯神社」がありました。

本館を上から見守っているみたいね。

DSCF4672.JPG

DSCF4821.JPG

DSCF4901.JPG

さくらはクールバンダナ、私は日傘、前日以上にしっかり暑さ対策をします。

DSCF4905.JPG

DSCF4675.JPG

さくらを抱っこでスロープを下ります。

アスファルトはとても熱くて、歩かせることはできません。

DSCF4676.JPG

DSCF4677.JPG

ペットパラダイスの「クールバンダナ」は、2年前に購入してやっと出番がきました♪

DSCF2950.JPG

まだ新しい造りの「漱石坊ちゃんの碑」。

さくらを立たせるときは、私の手で温度を確認することを忘れませんよ。

DSCF4824.JPG

DSCF4679.JPG

DSCF4825.JPG

道を挟んだ向かい側に、「道後温泉本館」の裏側(うしろ側)を見ることが出来ます。

DSCF4680.JPG

DSCF4834.JPG

向かって右回りに進むと「玉の石」。

DSCF4781.JPG

縁起が良さそうなお石に、夫婦が交互に柄杓でお水を被せているあいだは

DSCF5055.JPG

DSCF4826.JPG

さくらは日陰のベンチで水飲み休憩ちゅう。

ぷは~

DSCF4714.JPG

DSCF4686.JPG

怪我をした白鷺が、湧き湯で傷を癒したのが道後温泉の始まりと云われ

あちこちに白鷺(像)を見かけます。

DSCF4835.JPG

DSCF4827.JPG

DSCF4828.JPG

念願の、「道後温泉本館」正面です。

さすが「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれるだけあって、貫禄があります。

DSCF4797.JPG

DSCF4839.JPG

京都発祥の人力車も、こうゆう風景にぴったり合いますね。

DSCF4836.JPG

「坊ちゃん」のキャラクターに扮した方々と一緒に、写真を撮らせていただきました。

マドンナ役のお姉さんは上戸彩似。(私が思ってるだけかな?)

お二人とも顔がちっちゃくて、私恥ずかしい~。

DSCF5082.JPG

IMG_0371.JPG

DSCF4858.JPG

入場券売り場は、お客さんで賑わっていました。

きっとお風呂も混んでいるだろうと思って、こちらでの入浴は断念しました。

DSCF4805.JPG

ちょっと覗いて撮ったら、こんな感じでした。

DSCF4803.JPG

でもね、商店街を歩いていったら、姉妹湯の「椿の湯」さんを見つけたんです。

本館と同じ完全源泉掛け流しでありながら、とっても静かな佇まいで

観光客よりも地元民に愛されている、公衆浴場ってところかな。

DSCF4908.JPG

DSCF4914.JPG

聖徳太子も入浴したってホント?

DSCF4976.JPG

主人とさくらに、涼しそうなベンチで待っててもらって

私だけ、ひとっ風呂浴びにいきました(#^.^#)

DSCF4977.JPG

ここ、ひんやり冷たくて気持ちいい~

DSCF4978.JPG

さすがにお風呂場にカメラは持ち込めなかったけど、館内はこんな感じ。

DSCF5006.JPG

DSCF5014.JPG

DSCF5009.JPG

あ~さっぱりした。

お風呂の用意は何もして来なかったけど、

首にかけてたタオルが、バスタオル代わりになりました。

DSCF4857.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


「かんぽの宿道後」お泊まり2

「かんぽの宿道後」さんでは、事前に申し込みをしておけば

夕食を、お部屋食にしてもらうことが可能です。

DSCF4672.JPG

お着替えさせられたå

DSCF2954.JPG

DSCF2950.JPG

その代わり、レストランでいただけるような季節の会席料理ではなく、

松花堂弁当に限られてしまいます。

夕食はお弁当、と聞いてあまり期待はしていませんでした。

ところが、これがなかなか♪

DSCF2958.JPG

DSCF4675.JPG

季節のお料理、鱧天がお目見え。

お弁当は2段重だし、茶碗蒸し、焚きものが別についてボリュームいっぱい。

DSCF2964.JPG

ごはんはおかわり自由の(わかりづらいけど)鯛めし。

DSCF4686.JPG

何よりもさくらと一緒で嬉しいよぅ。ɤɤϡ

DSCF4683.JPG

DSCF4676.JPG

夜7時半を過ぎても明るいね、と何気に窓を開けたら

迷路の末たどりついたドッグランが目の前にあって、驚いたものでした。

DSCF4677.JPG

DSCF4680.JPG

ベランダから出られるようになったらいいのにぃ。

DSCF4679.JPG

朝食は2階のレストランでバイキングです。

さくらを一人にできないので夫婦交代で食べに行きました。

まずは主人。

DSCF4791.JPG

写真を撮ってくるように頼んだら、1枚しか撮れなかったって。

しかも席が空いてなくて、別室の大広間で食べたんだって。

そんなに混んでるの~?

ひとりで外食とか苦手な私、レストランに行ってみると・・・

DSCF4788.JPG

あれ?あれれ?

DSCF4790.JPG

なんだ、ガラガラじゃ~ん。

時間帯によるみたいですね。

DSCF4795.JPG

DSCF4803.JPG

パンはちょっとパサパサで残念。

トースターがあったので、焼けば良かったかな。

DSCF4980.JPG

けっこうたくさん宿泊客の車が停まってる~。

窓辺の風景を眺めながら食べていると、5階に展望室があるのを思い出し

DSCF4797.JPG

食後にひとりで行ってみることにしました。

DSCF4901.JPG

DSCF4908.JPG

DSCF4821.JPG

「道後温泉本館」はわからなかったけど、

DSCF4977.JPG

ズームアップすると、お山のてっぺんに「松山城」が確認できました。

今日はあそこまで行くぞぉ。

DSCF4914.JPG

DSCF4976.JPG

遅かったね!

DSCF4781.JPG

「かんぽの宿」でわんこ受け入れはとてもありがたい存在。

建物の外観は古さを感じますが、お部屋の畳や内装はリフォームされたみたいで

とっても気持ちよく過ごせました。

全国のわんこOK「かんぽの宿」、もっと増えるといいのにな。

DSCF5006.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


わんこNGばかりですが・・・(^_^.)

こんぴらさんをあとにして、丸亀方面へ。

DSCF4824.JPG

DSCF4825.JPG

私のお勧めは、「世界のガラス館瀬戸大橋店」。

わんこNGなうえに館内撮影禁止だったので、詳しくお見せできなくて心苦しいのですが

入場無料で冷房完備、3階フロアまでガラス製品、ガラス細工で埋め尽くされた館内は

かなり見応えがあり、癒されました。

ガラスってだけで、なんだか涼しげでしょ。

DSCF4827.JPG

駐車場から「ゴールドタワー」が望めます。

DSCF4826.JPG

すぐそばの海沿い遊歩道。

DSCF4828.JPG

DSCF4830.JPG

アスファルトはあっちっちだけど、木陰の遊歩道もありました。

DSCF4833.JPG

DSCF4831.JPG

DSCF4834.JPG

そこから10分と離れていない、骨付き鶏で知られる「一鶴丸亀本店」さん。

わんこNGばかり紹介してごめんなさい。

DSCF4835.JPG

ガラス窓の向こうに涼しげな水が流れているおしゃれな店内。

DSCF4836.JPG

DSCF4839.JPG

ここは本店ですが、大阪や横浜にも支店があるそうですよ。

お土産やお持ち帰りも出来ます。

DSCF4857.JPG

DSCF4858.JPG

来た来た、やわらか~い骨付き「ひなどり」、

DSCF4860.JPG

歯ごたえのある骨付き「おやどり」には、切り身が入っています。

主人と代わりばんこに両方を頬張ります。

うんま~い!!֥ϡ

さくら、ごめんねっ。

DSCF4863.JPG

鶏はとってもスパイシーなので、ごはんモノが欲しくなります。

「鶏めし」と「むすび」は、それぞれに「鶏かわスープ」付き。

DSCF4861.JPG

DSCF4862.JPG

朝うどんを小にしておいて良かったぁ。

食べ応えのある、うまうまランチでしたっ。

訪問時・・・2013.7

 


にほんブログ村



「こんぴらさん」お出かけ(下り編)

往路の登りでは「こんぴら狗」以外は見向きもせずに

ただひたすら「御本宮」を目指していましたが

復路は少しだけ余裕(余力?)が出来たようで、寄り道が出来ました。

DSCF4827.JPG

目に入ってきたのは、いろいろな動物たちです。

DSCF4824.JPG

DSCF4679.JPG

この象はどんな縁があるのでしょう。

こんぴらさんは象頭山(ぞうずさん)の中腹にあるという象つながり?

DSCF4829.JPG

神馬の「月琴号」(白)と「トウカイ・スタント号」(茶)。

こちらは作りモノではなくて、れっきとした本物(生もの)です。

DSCF4828.JPG

このプロペラは金のスクリューで、四国の造船会社が

「当社もこんぴらさんもうまく回っていきますように」と

願いをこめて奉納されたものだそうです。

DSCF4677.JPG

山門で休憩するさくら。

DSCF4831.JPG

休憩したら、そのあとの進み具合が早い、早い。

DSCF4830.JPG

DSCF4682.JPG

お土産やさんのわんこの置物を、スルー。

立ち止まってくれることを期待したのになぁ。

DSCF4833.JPG

DSCF2964.JPG

ぼちぼちお店が開き始めたので、「杉養蜂園」さんの

「ブルーベリーソフト」と「ゆず蜜ソフト」をいただきました。

DSCF4834.JPG

DSCF4835.JPG

DSCF4836.JPG

参道にわんこOKのテラスがある、うどん「てんてこ舞」さん。

ここで朝食をとりたかったのだけど、まだ開店準備前で入れませんでした、残念!

DSCF2950.JPG

DSCF2958.JPG

でもせっかくうどん県に来たのだもの、さぬきうどんが食べたい!

腹ペコだったので、とにかく「こんぴらさん」から程近いところに駆け込みました。

オレンジ色の看板で有名な、こんぴら名物「灸まん」(おまんじゅう)

DSCF4676.JPG

が、やっているうどん屋「灸まんうどん」さん。

DSCF4863.JPG

DSCF4862.JPG

空腹と暑さに耐え切れず、マナー違反だけど(ごめんなさ~い)

さくらにはキャリーバックに入ってもらいました。

DSCF4858.JPG

DSCF4861.JPG

「ぶっかけうどん小」と「ざるうどん小」、

さくさく天ぷらとおでんを少々いただきましたぁ。

DSCF4860.JPG

DSCF4857.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


「こんぴらさん」お出かけ(上り編)

「こんぴらさん」の愛称で親しまれている讃岐(香川県)の金刀比羅宮。

私はこれまでに3回くらい来たことがあるけれど、主人とさくらは初めて。

せっかく四国に足を踏み入れたのだから、

こんぴらさんに、ちゃあんとご挨拶しておかなくちゃね。

DSCF4824.JPG

DSCF4827.JPG

私の目標は、まだ行ったことの無い「奥社」にお参りすること。

さくらの目標は、「こんぴら狗」と写真を撮ること。

主人の目標は、とにかく「御本宮」まで785段の階段を登りきることかな。

天敵はこの階段じゃなくて、34℃の猛暑なんだよね!

DSCF4828.JPG

なるべく日陰を歩き、水分補給は欠かせません。

DSCF2950.JPG

DSCF4714.JPG

隙さえあれば家の軒下や扉の奥に入りたがる、さくら。

決して無理をさせないように、コンクリートの上や涼しそうな場所で

のんびり休憩しながら、少しずつ先へ進みます。

DSCF4680.JPG

DSCF4829.JPG

そして、さくらの足がぴったり止まったのは、ここ。

ウソでしょっ!?まだ100段しか登ってないけど!!

DSCF4830.JPG

DSCF4686.JPG

よっこらしょっ。

飼い主の都合で付き合ってもらってるんだから、しょうが無いね。

DSCF4781.JPG

DSCF4788.JPG

うっひょー、な階段でしょ。

DSCF4683.JPG

私がさくらの重さ(約4キロ)に我慢できなくなったら、

ちょっと降ろして、たまには自力で歩いてもらいました。

DSCF4682.JPG

DSCF4685.JPG

急勾配の階段ばかりではなくて、平坦な道やなだらかな階段もあります。

DSCF4831.JPG

IMG_0064.JPG

私がタオルと一緒に首に巻いている水色のは、凍らせた「熱さまひんやり首元ベルト」。

さくらの火照ったお腹を冷やすことも出来るので、

普段のお散歩から重宝して使っています。

DSCF4676.JPG

この先で、漫画ちっくな「こんぴら狗」に出会えました。

DSCF4834.JPG

昨年の今頃はお伊勢さんの「おかげ犬」に会いましたが

ここも同じように、ヒトの代わりにわんこがお参りのお使いをしていたんだね。

DSCF4835.JPG

DSCF4790.JPG

こうしてさくらの目標は達成できました。

DSCF4797.JPG

このあとも、さくらに合わせてゆっくりペースで進みます。

こちらの休憩所が、風が通って一番涼しかったぁ。

DSCF4805.JPG

DSCF4803.JPG

おかげで、さくらの調子も戻ったみたい。

DSCF4810.JPG

DSCF4821.JPG

(ずいぶん省略していますが)汗だくになって、ようやく着いたよ~「御本宮」。

785段を登りきって、主人の目標も達成だね。

DSCF4675.JPG

DSCF2958.JPG

DSCF2964.JPG

さっきの銅像とはまた違ったタイプの「こんぴら狗」。

DSCF4672.JPG

ここから眺める絶景がこちら。

こんもり三角のお山が「讃岐富士」だそうです。

IMG_0269.JPG

さぁ、目指すは私の目標、「奥社」よっ!

・・・って、この薄情者たち!ここで帰るなんて信じられな~い!!

DSCF4839.JPG

ここで待っててもらって、私だけ行ってこようかと考えたけど

「奥社」までは1368段、つまりまだ倍近くの階段を登らなきゃいけなくて。

この猛暑のなか、さくらの抱っこで私の体力はすでに消耗(しかも空腹)

旅のメインは翌日にあったので、ここで無茶をするわけにはいかない・・・

残念だけど、私の目標は断念しました~(>_<)

訪問時・・・2013.7

 

読み逃げ大歓迎☆ポチっと押してくれたら嬉しいな ↓

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ