いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

「狗の郷」(くのさと)お泊まり(施設編)

「狗の郷」(くのさと)さんは、だだっ広い畑のこんな環境にポツンとあります。

DSCF1894.JPG

DSCF3879.JPG

近隣には農業高校があって

DSCF3891.JPG

家畜さんたちのお世話をされているので

お宿のほうにも、ある程度の臭いがやってきます。(^_^;)

DSCF3890.JPG

DSCF3978.JPG

DSCF3977.JPG

車を走らせていて気付いたのは、お宿の看板より

隣接されているドッグカフェ・ドッグランの「Wan Can」の看板でした。

こちらが目立ちすぎて、お宿の入り口がわからなかったほどです。

DSCF4006.JPG

DSCF3887.JPG

DSCF4010.JPG

宿泊者はドッグランを無料で利用することが出来ます。

DSCF4016.JPG

こちらがお宿の玄関。

DSCF5423.JPG

DSCF5424.JPG

くんくんくん。

DSCF5446.JPG

DSCF5415.JPG

DSCF5452.JPG

チェックインのとき、緊張してスタッフさんと目も合わせられなかったくせに

DSCF5468.JPG

DSCF5454.JPG

誰もいないと分かると、なぁに?この態度は。

DSCF5453.JPG

竹林の回廊は、さくらのお気に入りとなりました。

DSCF5470.JPG

DSCF5445.JPG

DSCF5481.JPG

ちょっと遠目だけど、さくらのファイティングポーズ。

DSCF5428.JPG

回廊には、お部屋の外でもくつろげるスペースがありました。

DSCF5712.JPG

突き当たりの扉は夕食をいただくダイニングです。

DSCF5661.JPG

ここから眺める中庭が素敵でした。

DSCF5663.JPG

DSCF5799.JPG

さくらが覗いているのは、ラウンジ・バー。

DSCF5800.JPG

DSCF5775.JPG

夕食が待ち遠しいひとときでした。

訪問時・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


「狗の郷」(くのさと)お泊まり(お部屋編)

1年を締めくくる大晦日には、やはりわんこ専用宿でなくっちゃ。

熊本県菊池温泉の近くにある「狗の郷」(くのさと)さんは

2011年にオープンしたばかりです。

DSCF1894.JPG

DSCF3891.JPG

気後れしそうなゴージャスな雰囲気のフロントでチェックインを済ませ

DSCF3977.JPG

ため息が出るような竹林の回廊を通ってお部屋へ案内していただきました。

DSCF4017.JPG

DSCF4010.JPG

DSCF5393.JPG

全部で9室あり、中にはスイートルームもあるそうですが

今回お世話になったのは、スタンダードルーム「ペット5」号室です。

DSCF4006.JPG

DSCF5801.JPG

DSCF3978.JPG

DSCF5415.JPG

黒ソファの後ろに、わんこのアメニティが揃っていました。

DSCF5423.JPG

リビングと寝室を仕切っていた格子。

左奥は寝室側のクローゼット。

DSCF5445.JPG

DSCF5422.JPG

DSCF5428.JPG

ピカピカのトイレ。

DSCF5452.JPG

洗面所は真ん中が鏡で、両サイドはガラス窓になっています。

窓が無いのかと思ったくらい、透明度の高いガラス窓でしたよ。

DSCF5446.JPG

洗い場のゆったりした内湯と

DSCF5453.JPG

DSCF5572.JPG

いつでも源泉かけ流しの露天風呂、サイコ~

お風呂は全室タイプが違うらしいので、他の部屋にも泊まってみたい。

DSCF5454.JPG

リビングから出られるテラスデッキもあります。

DSCF5468.JPG

よしずの向こうが露天風呂なので、

私が入っていると、さくらがここから覗きに来ていましたよ。

DSCF5470.JPG

なんとプランの中に、ヒト用のエステが20分間付いていました。

チェックイン時に時間予約をして、

腰痛持ちの主人は肩・腰の重点マッサージ、

私は首・デコルテと迷ったのですが、足のリンパマッサージをお願いしました。

DSCF5476.JPG

DSCF5471.JPG

飼い主がエステ中、わんこはお部屋でお留守番です。

お部屋で待てる子だったら、夫婦一緒の時間を予約できたのですが

うちのさくらには到底無理、お部屋がぐちゃぐちゃになると困るので

夫婦交代でエステに行かせてもらいました。

おとうさんがエステに行ってるあいだ、さくらとお部屋でお留守番中。

DSCF5802.JPG

暇そうなおかあさんの足に、ポン。

DSCF5484.JPG

おっきな目で何か訴えかけてきます。

DSCF5557.JPG

なに?なになに?わかんないよ、さくら。

DSCF5567.JPG

(お座りしたので)なんだ、おやつか。

DSCF5571.JPG

ちがう~って顔したので、どうやらお散歩の催促のようですね。

DSCF5630.JPG

写真が載せきれないので、次回に続きますよ。

長々と引っ張っていますが、あともう少しだけ、お付き合いください。(^_^;)

訪問時・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


「阿蘇観光2」お出かけ

12月31日大晦日。(・・・まだ?

あまりにもいいお天気に恵まれたので

青空に誘われて予定に無かった「大観峰」へちょっと寄り道。

DSCF1894.JPG

「大観峰」はもう4、5回目?

・・・覚えてないっくらいお気に入りの場所です。

さくらと行った前回の阿蘇観光はコチラ

http://plaza.rakuten.co.jp/ofeeria/diary/201005110000/

駐車場から頂上までの道のりが、ちょうどいいお散歩になるんです。

DSCF3879.JPG

DSCF3891.JPG

DSCF4010.JPG

DSCF4006.JPG

てくてく歩いていると犬好きの人に声をかけられます。

こんなとき、さくらがもっと愛想良くしてくれたらなぁ、と

正直アセってしまう飼い主です(^_^;)

DSCF3890.JPG

DSCF4017.JPG

噴煙があがっているのが中岳噴火口かな。

DSCF3978.JPG

お陽さまに近いせいか、思ったほど寒くありませんでした。

DSCF3977.JPG

DSCF3887.JPG

DSCF3892.JPG

「菊池渓谷」は初めて訪れる場所でしたが

宿泊したお宿のフロントにパンフレットが置いてあったので

迷うことなく(疑うことも無く)目的地に到着しました。

DSCF5424.JPG

DSCF5428.JPG

DSCF5423.JPG

・・・そして、それを目の当たりにしました。

DSCF5393.JPG

犬連れ100%のお宿にあったパンフレットの観光地スポットが

「犬は入れないでください」って、アリですかっ!?Ӥä

さくらと歩けなかった菊池渓谷(の先っぽ)はこちら。

DSCF5484.JPG

DSCF5557.JPG

DSCF5567.JPG

寒いのなんのって、川沿いの滝音が冷たい空気とともに肌を突き裂くぅ。ʤ

こうゆうところに修行僧とか居そう。

ここは大晦日に来るところですかぁ?ʤ

「竜ヶ渕」歩道橋で折り返しますよっ。

DSCF5468.JPG

片道およそ500M・12分の短いハイキングコースでございました。(みじかっ)

全行程(清水谷まで5000M)の10分の1だって、とほほ。

DSCF5476.JPG

DSCF5445.JPG

さくら、悪くないもん

DSCF5422.JPG

そうだね、大晦日でも行ける観光地を見つけられなかった、おかあさんが悪い

訪問時・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


「御宿小笠原」お泊まり(2回目)

阿蘇でわんこと泊まると言ったらココ!

というくらい有名な「御宿小笠原」さん。

DSCF1894.JPG

DSCF3879.JPG

施設紹介たっぷりの、前回の様子はコチラ

http://plaza.rakuten.co.jp/ofeeria/diary/201005080000/

特別室の連泊も良かったけれど、今回は1泊だけ、

洋室ツインのお部屋「つりふね草」にお世話になりました。

ちょうど「ふれあいサロン」の前でしたよ。

DSCF3887.JPG

DSCF3890.JPG

ツインといってもれっきとした一戸建ての宿泊棟ですから

玄関からワクワクしてくるような、立派なものです。

DSCF5445.JPG

DSCF3977.JPG

DSCF4006.JPG

ここのベッドは大きめだよね。

DSCF5446.JPG

DSCF3978.JPG

キッチンが付いてるとは意外でした。

DSCF4010.JPG

DSCF5422.JPG

DSCF4017.JPG

このタオル、前回2泊だったからウチにいっぱい

これでまた増えるね

DSCF5393.JPG

お部屋に付いている天然温泉は

DSCF5415.JPG

DSCF4016.JPG

ボタンを押してしばらく待てば

DSCF5423.JPG

天然ラドン泉、炭酸泉、硫化水素泉の組み合わせ湯が放出。

黄土色のお湯が特徴です。

DSCF5424.JPG

敷地が広いのでお散歩に困ることはありませんでしたが

DSCF3892.JPG

DSCF5452.JPG

DSCF5453.JPG

寒さのせいかドッグランもガラガラ、

宿泊日も12月30日ということもあって、年末特別番組を見て過ごしたり、

温泉に何度も入ったりお部屋で過ごしている人が多いのかな。

DSCF5468.JPG

DSCF5470.JPG

DSCF5471.JPG

お部屋ではこんな遊びをしてみました。

お風呂上りの主人の清潔な(ここ重要!)足の指に

さくらのおやつを挟んでみました。

さぁ、どうする?

DSCF5476.JPG

じぃっと見てます。

DSCF5481.JPG

おっ、不敵な笑い。

DSCF5484.JPG

あっ。

DSCF5557.JPG

DSCF5567.JPG

おいちかったの餭

DSCF5571.JPG

もっかいやって֥ϡ

DSCF5572.JPG

はい、では夕食の時間です。

わんこ同伴できない食事処もありますが

ここはやっぱり、さくらを同伴できる食事処「ほがらか」を選びました。

DSCF5630.JPG

DSCF5633.JPG

DSCF5661.JPG

DSCF5663.JPG

開けるのが楽しくなるようなカタチの蓋でした。

DSCF5712.JPG

あか牛をジュージュー焼いていると

DSCF5775.JPGDSCF5799.JPG

さくらがまた恨めしそうな顔してました。

DSCF5800.JPG

DSCF5801.JPG

DSCF5802.JPG

これといったオドロキのお料理ではないですが

安定感のある阿蘇の旬の素材を生かした山里料理が味わえます。

朝食もテーブルにずらりと並びます。

DSCF5805.JPG

DSCF5806.JPG

12月31日の朝、阿蘇の北外輪山がこんなに雄々しく見ることが出来ました。

DSCF5808.JPG

DSCF5809.JPG

訪問日・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


「のほほんcaf?ボアジョリ」でランチ

南阿蘇村にある湧水「白川水源」もまた、何度か訪れているお気に入りの場所です。

DSCF3879.JPG

さくらと写真を撮るため行ってみたのですが、入り口で呆然と立ち尽くしてしまいました。

がぁあああん。

DSCF1894.JPG

慌てて駐車場へ戻り、キャリーバックを用意。

すでにキャリーインさせて、再び入り口へ向かったのですが

入場口のお姉さんにしっかり目撃されていたのか、

「わんちゃんは入れませんよ」とキツ~イ一言。

わかりますとも。

白川水源は日本の名水百選に選ばれ、

遠方からも水汲みに来られるほど貴重な熊本県の財産。

山梨の忍野八海も、水源のあたりはわんこNGだったものね。

さくらと歩けなかった名水白川水源がコチラ。

DSCF3887.JPG

DSCF3890.JPG

思い出のスポットだっただけに、私は傷ついたぞ。(>_<)

気を取り直してやってきたのは、そんな白川水源からも近い

「のほほんcafeボアジョリ」さんです。

DSCF5415.JPG

DSCF5393.JPG

HPを持たないこちらのカフェの存在は

九州在住のわんこを愛する方のブログから見つけました。

こんな山奥で(失礼)店内わんこOKのカフェに出会えるなんて

嬉しくて白川水源の一件を忘れそうでしたよ。

DSCF4017.JPG

DSCF5470.JPG

DSCF5471.JPG

DSCF5476.JPG

敷地内に点在する小物たちはすでに使い古された骨董品のようですが

オーナーさんの独特な世界観が伝わってきます。

DSCF5424.JPG

DSCF4016.JPG

玄関でクマさんが迎えてくれました。

DSCF5481.JPG

13席もあるうち空いていたのは角テーブルのここだけ、

まるで特等席のようでした。

DSCF5567.JPG

DSCF5428.JPG

新年のご挨拶で使用した写真はここで撮ったもの。

ひざ掛けが用意されていましたが、さくらには持参したものを敷きました。

DSCF5446.JPG

DSCF5452.JPG

ここでも、ストーブが大活躍。

DSCF3892.JPG

DSCF4010.JPG

トイレも激写しましたとも。

全体が写らなくて切れ切れですけどね。

DSCF3978.JPG

DSCF3977.JPG

DSCF4006.JPG

主人は、ごはんが食べたかったようで「ボアジョリ風たかなめし」。

ちょっとしか分けてもらえなかったけど、

ピリ辛の高菜ごはん、超!美味でございましたヽ(^o^)丿

DSCF5453.JPG

私は「手作りスコーン」をいただきました。

全粒粉のスコーン生地って、こんなにサクサクヽ(^o^)丿

DSCF5468.JPG

DSCF5454.JPG

来てよかったぁ、そんな“のほほん”な気持ちにさせてくれました。

DSCF5445.JPG

訪問日・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


「林檎の樹」お出かけ

昔、友人と一緒に熊本を旅したとき、

ビニールハウスで食べるアップルパイの美味しいお店がありました。

それはどこだったかもう忘れてしまったのですが

調べているうちに行き当たったのが、

小国町にある茶菓房「林檎の樹」さんです。

DSCF1894.JPG

DSCF3890.JPG

訪問するのが12/30だったため、年末でも営業されているのか

事前に電話確認してから行きましたが。

思いのほか、年末なのに客さんで賑わっていました。

そのため、店内の素敵な内装が撮れず、ごめんなさい。

興味のある方は是非「林檎の樹」さんのHPを覗いてみてくださいね。

DSCF3892.JPG

DSCF3977.JPG

DSCF3978.JPG

私はもちろん、アップルパイと

DSCF5393.JPG

豊富なお茶の種類の中から

血の不調タイプの「アップルピース」をいただきました。

DSCF4017.JPG

主人はメニューで惹かれたという

「アップルアイスのショートケーキ」と珍しい容器に入ったコーヒー。

DSCF4010.JPG

DSCF5428.JPG

お皿もりんご型で可愛いし、下敷きの紙までじっくり読んじゃった。

DSCF5422.JPG

こちらはトイレ。

DSCF4006.JPG

アップルパイが購入できるパン屋さん「パン工房ASO」が

隣接されていました。

DSCF3879.JPG

DSCF3887.JPG

出入り口は別々でしたが、中で繋がっていました。

そしてちょうど真ん中にあるのがこのスペース。

DSCF5423.JPG

喫茶スペースであることはもちろん、

飲食をされた後に覗きに行かれる方もいました。

本棚には、20年分のお客さんの寄せ書きノートが詰まっているから。

  おかあさんたちだけ、ずるい

DSCF5445.JPG

お持ち帰りしたアップルパイ、さくらも食べたじゃん。

しかも林檎の果肉ばっかり、ね。

訪問時・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


「一壷天」(いっこてん)お泊まり(施設編)

さくらは大概、お宿の門から外へ出てお散歩する子なのですが

こちらにおいては一度も門外へ出ることはありませんでした。

何故って・・・

離れのお部屋が並ぶ小路は、すでに片田舎の村の中にいるみたいで

DSCF5453.JPG

DSCF5428.JPG

DSCF5468.JPG

DSCF5445.JPG

DSCF5423.JPG

母屋から「蘇芳」のお部屋までは

じゅうぶんな広さの手入れの行き届いたお庭があって

DSCF5484.JPG

DSCF5470.JPG

さらに広~いドッグランまで併設されていたから。餭

DSCF5567.JPG

DSCF5424.JPG

DSCF5571.JPG

念のため再度お伝えしておきますが、

このお宿はわんこ専用宿ではなく、わんこも泊まれる普通のお宿ですよ。(^_^;)

ドッグランから見える風景もまた素晴らしい。

DSCF5630.JPG

チェックインのとき、ウエルカムドリンクをいただいたのが談話室でした。

DSCF5663.JPG

DSCF4017.JPG

DSCF5661.JPG

奥の棚には退屈しないよう書籍や映画DVD、音楽CDなどが並んでいました。

DSCF5633.JPG

DSCF3890.JPG

セルフサービスで好きな時間にコーヒーをいただけます。

DSCF5712.JPG

DSCF5775.JPG

おやつ? (チョコレートです)

DSCF5799.JPG

さて、忘れちゃいけません、ここは湯布院。

お部屋に立派な半露天風呂があるにもかかわらず、

このお宿ったら、まださらに2箇所の家族風呂があるんです。

言い忘れましたが、もちろん温泉ですよ。

DSCF1894.JPG

特に予約をしないで、空いていればいつでも(夜は22時まで、朝は7時から)入れます。

向かって左側のドアを開けた1つめの家族風呂は

DSCF3887.JPG

DSCF3891.JPG

大き目の内風呂と

DSCF3892.JPG

小さめの露天風呂でした。

DSCF3977.JPG

向かって右側のドアを開けた2つめの家族風呂は

DSCF4006.JPG

DSCF4010.JPG

内湯は無くて、雨でも安心屋根つきの半露天風呂。

DSCF5393.JPG

屋根の傘がまたなんて芸術的なんでしょう。

DSCF4016.JPG

家族風呂は「蘇芳」のお部屋のすぐお隣に位置しています。

ちょくちょく行けるので、たくさん入れて得した気分。

どちらも趣きの違うお風呂で、贅沢極まりなく堪能しました。

とても1泊では時間が足りない~。

訪問時・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


「一壷天」(いっこてん)お泊まり(お食事編)

DSCF5454.JPG

夕食の時間になると、さくらと一緒に過ごせる個室へ案内していただきました。

いくつもの個室が並んでいて、まるで料亭のよう。

DSCF3891.JPG

DSCF3892.JPG

せっかくだから、おにゅうの服を激写しておこうね。

DSCF5468.JPG

DSCF5471.JPG

座椅子は背もたれつき、テーブルの下は掘りコタツ風になっていてラクちん。

DSCF1894.JPG

DSCF3887.JPG

DSCF3978.JPG

主人は地ビールから、

DSCF3890.JPG

私はあったかいお茶から夕食が始まりました。

DSCF5481.JPG

DSCF3977.JPGDSCF4006.JPG

DSCF4010.JPGDSCF4016.JPG

お刺身には醤油のほかに、珍しい泡塩なんてのが付いてきました。

DSCF4017.JPG

お料理だけでなくすべての器も、目で楽しむことが出来ます。

DSCF5393.JPG

岩塩プレートなんて、初めて。

「1回使ったら廃棄なんですか?」なんて思わず聞いちゃった。

削って再利用できるのかと思ったら、やっぱり廃棄なんだって。

ひょ~贅沢な使い方ですね。

自宅にあったら割れるまで使い倒しそう。

DSCF5415.JPGDSCF5422.JPG

ここでお口直しのシャーベット。

DSCF5423.JPG

DSCF5424.JPGDSCF5428.JPG

DSCF5445.JPGDSCF5446.JPG

DSCF5452.JPG

一時さくらが、モゾモゾ向きが変わったり、テーブル下に潜り込んでいたけど

いつも同様、大人しくてイイコでしたよ。

DSCF5484.JPG

DSCF5476.JPG

次は朝食です。

夕食と同じような並びにある個室かと思ったら

立派な離れの玄関付き個室に案内されました。

DSCF5557.JPG

DSCF5807.JPG

窓も大きくて、朝日が明るい。

DSCF5567.JPG

DSCF5663.JPG

朝から贅沢な網焼き。

DSCF5800.JPGDSCF5801.JPG

ウチのも欲しい!これでお餅焼きたいよねっ

DSCF5802.JPG

茶碗蒸しかと思って開けたら、なめらか豆腐でした。

DSCF5805.JPG

出ました!大分名物、だご汁。

DSCF5661.JPGDSCF5712.JPG

ごはんのお供が、こんなにいっぱい。

DSCF5630.JPGDSCF5633.JPG

辛子明太子はうまか~餭

九州帰りの大分港で、「ふくや」の明太子買って帰りましたよん。

DSCF5806.JPG

さくら、またテーブル下に下りたな。

美味しいものが落ちてないか探してるの?

DSCF5799.JPG

訪問時・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


「一壷天」(いっこてん)お泊まり(お部屋編)

このお宿の予約が叶わなければ、

今回の九州旅行計画は実現しませんでした。

ずっと憧れていた湯布院にある湯富里の宿「一壷天」(いっこてん)さんです。

DSCF1894.JPG

DSCF3978.JPG

琉球や韓国のような(行ったことないけど)

異国の雰囲気漂う露天風呂付き離れのお宿です。

全部で6部屋あるうちの2部屋だけ、わんこと泊まれるお部屋があります。

気になる食事も、事前に申し込んでおけば

朝夕ともわんこと一緒にいられる個室を用意してくれるので安心です。

DSCF5476.JPG

DSCF4006.JPG

チェックイン後、荷物を下ろし終わったら、車のキーをフロントに預けます。

(わが家は荷物が多いので、このあと2度もキーを返してもらうことに)(^_^;)

DSCF3890.JPG

懐かしい麩菓子つきのウエルカムティーをいただいてから

DSCF3887.JPG

DSCF3879.JPG

「蘇芳」という名のお部屋に案内していただきました。

DSCF5471.JPG

DSCF4016.JPG

DSCF4010.JPG

DSCF3977.JPG

玄関を開けると、広い上がりかまちが。

段差があるのですが、さくらにはこのくらいヘッチャラな高さです。

DSCF5572.JPG

DSCF5633.JPG

私のあとを付いてこないよう、ココを閉めることも出来ます。

降りられない子には危険だから、安心ですね。

DSCF5630.JPG

天井の高い、広々リビング。

DSCF5453.JPG

DSCF5423.JPG

これはシーサー?

DSCF5422.JPG

DSCF5452.JPG

玄関からけっこうな高さを上がったのに、リビングの中にもまた段差があります。

段上はフローリング、段下はテラコッタの床でした。

DSCF5424.JPG

DSCF5446.JPG

DSCF5445.JPG

DSCF5571.JPG

こちらは寝室。

わんこは入っちゃいけないことになっています。

DSCF5393.JPG

あったか作務衣と袖なしハンテンは、滞在中ずっと着ていました。

DSCF5557.JPG

木の温かさが伝わってくる洗面所とトイレ。

DSCF5454.JPG

DSCF5468.JPG

由布岳が一望できるお風呂は、半露天風呂でした。

DSCF5800.JPG

DSCF5775.JPG

DSCF5799.JPG

工夫を凝らした仕切り戸があって、内湯と露天の両方を楽しめるんです。

DSCF5661.JPG

身体を洗うときは戸を閉めれば、外気に晒されないで寒くないっ。

DSCF5663.JPG

しかも露天風呂の先はベランダと繋がっているので

さくらが、リビングから私を見つけて安心してくれます。

DSCF5805.JPG

DSCF5807.JPG

お部屋の鍵もお洒落に凝っています。

DSCF5470.JPG

リビングのフローリングとテラコッタ床はもちろん、

脱衣所まで床暖房があって、それぞれの温度調節も可能な快適さです。

憧れのお部屋に大満足のわが家、夕食に期待が膨らむのでした。

DSCF5484.JPG

訪問時・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


カフェレストラン「PaPiPaPa」(ぱぴぱぱ)(3回目)

予定には無かったのですが

お宿のチェックインまで時間があったので

ドッグカフェ「J’s kitchen」(ジェイズキッチン)さんに行くことにしました。

え?タイトルと違う?

いえいえ、行きましたとも、ホラ。

DSCF1894.JPG

がっ!オープンって書いてあるのに、門前払いを食らってしまいました。

ドッグカフェは土日のみ営業に変わってるんだって。(>_<)

そして急きょ、PaPiPaPaさんに行くことになったのです。

DSCF4017.JPG

PaPiPaPaさんはなんと、3回目の訪問です。

前回の様子はこちら↓

1回目http://plaza.rakuten.co.jp/ofeeria/diary/201003120000/

2回目http://plaza.rakuten.co.jp/ofeeria/diary/201005180000/

DSCF5428.JPG

湯布院に来たら必ず行ってることになりますね。

ここに来たらオムライスを食べないと来た価値ないのに~

とり天でおなかいっぱいだったため、

涙を呑んで私はコーヒーだけにしました。

DSCF3879.JPG

主人は、ケーキセット。

あ、こら!撮ってる最中にコーヒーを持ち上げるんじゃない。

DSCF3891.JPG

ここ、見覚えが・・・

DSCF3887.JPG

・・・あるんだけどなぁ

DSCF4006.JPG

逆光で見にくいですが、こちらが、びびっきーさんの言っていた

売り上げの一部が被災地に送られるというパググッズです。

シール、ステッカー、絵葉書などがありましたよ。

DSCF3890.JPG

こちらのテーブルエリアはわんこNGだけど、

サンルームデッキからでもじゅうぶん眺められます。

DSCF3978.JPG

DSCF4016.JPG

どこもストーブが大活躍ですね。

DSCF5423.JPG

お決まりの、トイレ撮影。

DSCF5424.JPG

おかあさんが写真を撮ってるあいだも心配でついて回るので、

DSCF4010.JPG

おとうさんに捕まってしまいました。

DSCF5393.JPG

いやあん

DSCF5422.JPG

いつも待たされてから入店してましたが

お店の忙しい時間は過ぎていて、

今まででいちばんゆっくり出来たティータイムでした。

DSCF3892.JPG

DSCF3977.JPG

訪問時・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ