いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リゾナーレ」お泊まり

山梨県小淵沢にある「リゾナーレ」の佇まいといったら、まるで外国旅行に来たよう餭

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

施設内にある「ピーマン通り」には

宿泊客でなくても利用できるカフェやショップがあるので

何度か立ち寄ったことがありますが、お泊まりはこれが初めて。

駐車場に車を停めて、ゲートをくぐると↓

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

「ピーマン通り」が本館までの道案内をしてくれます。↓

DSCF1139.JPG

DSCF1158.JPG

両側の建物はレジデンス棟といって、いわゆる「離れ」。

建物の1階部分が店舗になっていて、2階3階がゲストルームです。

もちろん「ピーマン通り」はわんことお散歩できます。

小さいわんこなら店内もOKのショップが多いです。

DSCF1086.JPG

DSCF1095.JPG

DSCF1104.JPG

DSCF1131.JPG

DSCF1126.JPG

ショップ前の回廊は屋根つきなので雨の日も大丈夫。

DSCF1140.JPG

DSCF1130.JPG

突き当たりに本館が見えたらチェックインです。

DSCF1132.JPG

駐車場は施設内にいくつかありますので、本館玄関に車寄せして荷物を降ろし、

空いていれば近くの駐車場に停めることもできます。

DSCF4837.JPG

わんこと泊まれるお部屋は6つもあるそうです。

1181号室「レジデンスペットルーム1階ガーデン付き」に案内していただきました。

DSCF1160.JPG

DSCF1181.JPG

DSCF2649.JPG

DSCF6109.JPG

自炊の出来る簡易キッチンがついていて↓

DSCF2650.JPG

わんこアメニティも完備。

DSCF2633.JPG

マンションのような廊下の先に↓

DSCF1188.JPG

DSCF2664.JPG

寝室があります。↓

DSCF1202.JPG

洗面所、トイレ、浴室。↓

DSCF1194.JPG

シャワー室、2個目のトイレも。↓

DSCF1200.JPG

お部屋を外側から見るとこんな感じです。

DSCF3234.JPG

DSCF2675.JPG

DSCF2674.JPG

お部屋に浴室が付いていましたが、施設内に宿泊者だけが利用できる、

不思議な形をした露天温浴施設「もくもく湯」がありました。

DSCF6111.JPG

本館よりもまだ先にあって、ドアにはシステムキーがついており、

宿泊者はチェックインの際に聞いたパスワード番号でドア解除して入ります。

長めにゆっくり温浴することを勧めているせいか、お湯はぬるめでした。

食事は朝夕食とも、わんこと同伴できる「ワイワイグリル」でいただきました。

DSCF6113.JPG

もともと2食付のプランでしたが、わんこ同伴の場合は予約が必要です。

予約した時間にレストランへ行くと、わんこ専用の出入口に案内してくれます。

DSCF6140.JPG

席に着くとまず「わんこと食事するときの注意事項」を聞きます。

DSCF6141.JPG

夕食は7種類の中からメインディッシュを注文します。

あつあつのメイングリルが出てくるあいだに

前菜オードブルは12mもあるビュッフェボードから好きなだけ(おかわり自由)

自分で取りに行くことが出来ます。

私の(選んだ)前菜オードブルと ↓

DSCF6175.JPG

メインの「黒毛和牛と黒豚のハンバーグ」↓

DSCF6145.JPG

主人の(選んだ)前菜オードブルと ↓

DSCF6155.JPG

メインの「「骨付き仔牛ロースのグリル」↓

DSCF6147.JPG

はじめバイキング料理と聞いてあまり期待してなかったのですが

とんでもなく美味しくて、メインを食べ終わってもビュッフェに通っていたら

食後にデザートが来てビックリしましたܤϡ

DSCF6148.JPG

夕食を終えたら「ピーマン通り」が、素敵に様変わりしていましたɤɤϡ

DSCF4816.JPG

DSCF4799.JPG

DSCF4803.JPG

DSCF4986.JPG

そのままお部屋に帰るのはもったいないので、

本館ロビーのクリスマスツリーも見に行きました֥ϡ

DSCF4814.JPG

朝食はバイキング式で、和洋どちらも用意されていました。

私の朝ごはん↓

DSCF4850.JPG

主人の朝ごはん↓

DSCF5055.JPG

バイキングですから、当然のように何度もおかわりޥ

わんこの食事時マナーにちょっと厳しいレストランでしたが、

さくらは私の足元でちゃんといい子にしてくれて、ほっとしました。

外から見るとこんな感じです。↓

DSCF4855.JPG

DSCF4854.JPG

訪問時・・・2009.11



スポンサーサイト

「渓山荘」お泊まり

群馬県塩河原温泉にある「渓山荘」には、別館にわんこと泊まれるお部屋があります。

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

本館でチェックインを済ませると

2007年10月14日_DSCF0751.JPG

ダイニングやお風呂の場所など、施設内の説明を受けながら

別館のお部屋へ案内していただきます。

2007年10月14日_DSCF0753.JPG

赤いカーペットの上はわんこNGなので小さい子は抱っこします。

大きい子はこの廊下を歩けないので、別館の玄関から出入りすることになります。

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

赤いカーペットで無くなったところから、わんこを歩かせてもOKです。↓

DSCF1086.JPG

特別室「若草」↓

DSCF1095.JPG

昭和の時代を彷彿させる2間続きの広い和室でした。

DSCF1104.JPG

DSCF1126.JPG

DSCF1132.JPG

さらに奥にも板の間があって↓

DSCF1139.JPG

ソファに腰掛けながら奥のお庭を眺めることができます。↓

DSCF1158.JPG

お部屋を囲むように欄干があり

DSCF1160.JPG

DSCF1194.JPG

こちらの窓からは先ほど歩いてきた渡り廊下が見えます。

DSCF1181.JPG

日本庭園の池には立派な鯉が泳いでいました。

DSCF1188.JPG

鏡台の右側に見えているのが↓

DSCF1140.JPG

洗面所・お風呂・トイレ↓

DSCF1202.JPG

DSCF2633.JPG

DSCF1200.JPG

ちなみに別館玄関は本館の左手の道を進み、竹藪を越えたら見えてきます。

DSCF2652.JPG

DSCF2650.JPG

DSCF2639.JPG

古さを感じさせる建物ですが、玄関を開けるとレトロモダンな素敵な造りになっています。

お散歩のときは遠い本館玄関まで行かず、何度もこちらを利用しました。

DSCF2649.JPG

お部屋にはお風呂が付いていましたが、このお宿には

それとは別に『塩河原温泉美人の湯』と称する温泉風呂まであるんです。

そちらにはさくらを連れて行けませんでしたが、主人と交代で何度も通いました。

日帰り温泉客も受け入れるという人気の温泉施設だそうで

この入り口の雰囲気がまた味があって、とおっても良かったです。↓

DSCF2664.JPG

夕食は、ダイニングでもわんこと戴けるとのことでしたが

せっかくの特別室だったので、お部屋食にしていただきました。

DSCF2674.JPG

予約時に朝夕食とも和食・洋食が選べて、

さらにボリュームもライト(軽め)かスペシャルか選ぶことができます。

ダイニングでの朝食風景。↓

DSCF3234.JPG

DSCF6109.JPG

DSCF6111.JPG

DSCF2675.JPG

このお宿はまるで宿坊のような佇まいだったため

朝夕食とも和食のスペシャルをチョイスしたさくら家でしたが、

こちらはウエディングの披露宴も手懸けていらっしゃると聞いて、

ぜひ次回は洋食も味わってみたいと思いました。

訪問時・・・2009.9



「奥入瀬渓流ホテル」お泊まり(2泊目)

「奥入瀬渓流ホテル」2泊めのお部屋は、予定どおり

ペットウィズルームを用意していただきました。餭

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

実はこのお部屋、西館の一番端っこにありました。

これなら、わんこが少々騒いでもわからないかも?

廊下のつきあたりですもん。↓

DSCF1131.JPG

お部屋の玄関を開けて入ると↓

DSCF1104.JPG

お部屋の廊下も長いんです↓

DSCF1126.JPG

さくらはすっかりドッグランと間違えています

2007年10月14日_DSCF0751.JPG

DSCF2633.JPG

1泊めのデラックスルームと同じく広々のお部屋でした。

DSCF1086.JPG

2007年10月14日_DSCF0753.JPG

左側の椅子のそばにあるのが、わが家の車用冷蔵庫です。↓

無事にお引越し完了しました。

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

こちら側から見ても、玄関まで遠いです。

DSCF1130.JPG

2日めの夕食の一部です。↓

DSCF1132.JPG

DSCF1139.JPG

さくらがソワソワし出したのは↓

DSCF1140.JPG

すき焼きのお肉のせい?

DSCF1158.JPG

食事の終わり頃には渓流散策とお部屋の中のドッグランですっかりお疲れのさくら。

眠くて、片目が半分つぶれています。

DSCF1160.JPG

翌朝はお宿の施設内にある「渓流庭園」をお散歩。

ここでもプチ「奥入瀬渓流」を体験できますɤɤϡ

DSCF1188.JPG

DSCF1194.JPG

DSCF1200.JPG

DSCF1202.JPG

2日めの朝食は和食にしていただきましたޥ

DSCF1181.JPG

訪問時・・・2009.8



「奥入瀬渓流」お出かけ

奥入瀬渓流とは十和田湖畔子ノ口から焼山までの奥入瀬川(約14キロ)を指し、

特別名勝天然記念物として国の指定を受けています。

2007年10月14日_DSCF0751.JPG

お宿の目の前に奥入瀬渓流の入り口(焼山)があり

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

渓流沿いに遊歩道が整備されているので、点在している滝や名所を

マナーを守って、わんこと一緒にお散歩することが出来ます。

DSCF1202.JPG

DSCF1130.JPG

2007年10月14日_DSCF0753.JPG

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

DSCF1086.JPG

DSCF1132.JPG

DSCF1104.JPG

DSCF1095.JPG

途中で渓流を見失ってしまうのですが

道なりに進めば、また渓流と出会えます。

マイナスイオンがいっぱい。

DSCF1160.JPG

DSCF1139.JPG

『石ヶ戸の岩』↓

DSCF1158.JPG

DSCF1140.JPG

『馬門橋』↓

DSCF2639.JPG

渓流がひときわ激しいところは『阿修羅の流れ』↓

DSCF1194.JPG

DSCF1188.JPG

小さいわんこ連れだと、なかなか前に進めません

お宿のお部屋のお引越し時間(正午)がせまってきたので、ここで折り返しとなりました。

さくらのアンヨもこのとおり真っ黒けޤݤ

DSCF2674.JPG

おなかも・・・

DSCF2650.JPG

泥はね防止用エプロン、しとけば良かった㤭Ф

DSCF2664.JPG

DSCF2649.JPG

DSCF2652.JPG

わが家は2泊3日ありましたので、この日だけでなく翌日も

ゆっくり名所を見て回ることができました。

あまり時間が無いという場合は、見どころには駐車スペースがありますので

マイカーで、要所だけを見て回ることも可能です。

DSCF2675.JPG

十和田湖に近い銚子大滝へは、さくら家もマイカーで行きました。

DSCF3234.JPG

DSCF5679.JPG

道を横断するときは、くれぐれも走行中の車に気をつけてください。

DSCF1131.JPG

ホテルの隣にレンタル自転車受付がありますので

自転車で回るのもいいですね。

私はふだん原付と電動自転車に慣れてしまっているので

自信がありませんでしたが(^_^;)

訪問時・・・2009.8



「奥入瀬渓流ホテル」お泊まり(1泊め)

「奥入瀬渓流ホテル」さんは、その名のとおり青森県奥入瀬渓流の入り口にあります。

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

このごく普通のお宿にペットと泊まれるお部屋があると知って

せっかく京都から行くのだから2連泊、早めに予約を入れたのですが

直前になってダブルブッキングの連絡を受け、1泊目はデラックスツインルーム、

2泊目だけがペットウィズルームになってしまいました。

同じお宿で2種類のお部屋に泊まれるという楽しさはありますが、

せっかくの2連泊なのにゆっくり出来ない、

ほどいた荷物をまた詰め直さないといけない不便さは、

荷物の多いわが家には少々きつかったです。

DSCF2649.JPG

2007年10月14日_DSCF0753.JPG

お部屋以外では、わんこはキャリーバックに入れないといけません。

駐車場に車を停めて、ホテルに入る前に、さくらにはバックに入ってもらいました。

メインの東玄関を入ってまず目に飛び込んでくる、ラウンジにある大きな暖炉は

岡本太郎氏の作品『森の神話』↓

DSCF1086.JPG

DSCF1095.JPG

到着時間が早かったので、ラウンジでおいしいコーヒーをいただきました。

さくらは、足元のキャリーバックの中でいい子にしています。

DSCF1104.JPG

1泊目のお部屋はデラックスというだけあって、とても広かったです。

もう1個、ベッドが入るくらい余裕がありました。

洗面所が2箇所ありましたので、ファミリー向けかもしれません。

DSCF1126.JPG

DSCF2639.JPG

床はふかふかのカーペットで、さくらはお気に召したよう。

DSCF1132.JPG

さくら、休憩ちゅうなの

DSCF1131.JPG

DSCF1139.JPG

しばらく動かないので元気が無いのかと思いきや、すぐにおやつのおねだりޥ

DSCF1140.JPG

DSCF1160.JPG

おやつ、くれるの 餭

DSCF1158.JPG

DSCF1181.JPG

わが家の大荷物↓

写ってないけど、夏場は車用小型冷蔵庫もお部屋へ持ち込みです。

駐車場にある車には、車中泊用の布団や、さくらのペット用バギーも・・・

DSCF1130.JPG

ホテルは東館・西館に分かれているほど部屋数が多く、迷うくらいかなり大きな施設です。

チェックインフロントがあるのは東館でしたが

わが家のお部屋は西館でしたので、お散歩には主に西館玄関を利用しました。

西館玄関↓

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

西館玄関の暖炉『河神』もまた、岡本太郎氏作品。

東館とまた違ったデザインをしていました。

DSCF2650.JPG

DSCF2652.JPG

お風呂は施設内に2箇所ありました。

ひとつは西館3階にある「展望大岩風呂」(内風呂のみ)

もうひとつは東館2階にある「渓流露天風呂」(露天風呂もあり)

どちらも清掃時以外の24時間入浴OKなので、主人と交代で何度も通いました。

お食事は、朝夕食ともさくらと一緒にいただける、個室を用意していただきました。

夕食の一部です。(和食)↓

DSCF1200.JPG

DSCF1202.JPG

DSCF2633.JPG

地元食材を使った身体に優しいお料理でした。

東北地方は濃い味付だと思っていましたが、そうでもなかったです。

朝食は和食と洋食が選べて、1泊めは洋食にしました。↓

DSCF1188.JPG

DSCF1194.JPG

朝食が済んだら、お部屋のお引越しです。

でもその前に、奥入瀬渓流のお散歩へ行きました。

渓流散歩と2泊目のお部屋の話はまたのちほど・・・ޥ

訪問時・・・2009.8



ドッグラン「愛犬ひろば」

安比高原牧場にあるドッグラン「愛犬ひろば」は

私の求めていた夏の高原イメージそのもの。

2007年10月14日_DSCF0753.JPG

入り口のログハウス(総合案内)に看板犬のコーギー、ミルクちゃんがいました。

DSCF1160.JPG

安比高原牧場入り口から「愛犬ひろば」までは一本道。

2007年10月14日_DSCF0751.JPG

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

この日は曇天、しかも厚い雲がそこまで下りてきていて、

いつ雨が降ってきてもおかしくない状況だったのですが

ドックランでは一度も走ったことの無いさくらが、唯一駆け抜けてくれた、

珍しく貴重なドッグランになりました。

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

DSCF1095.JPG

追いかけっこ~♪

DSCF1181.JPG

DSCF1086.JPG

DSCF1104.JPG

DSCF1126.JPG

ドッグランはフェンスの囲いの中だけですが、牧場の総面積は100ha!

向こう側にパークゴルフ場やスキー場があるので、とっても広大な敷地に見えます。

DSCF1188.JPG

DSCF1130.JPG

ぶるぶるっ。

DSCF1131.JPG

前日までの雨で地面が濡れていたので、

汚れてもいいタオル地のランニングを着ているさくらでしたが、

それでも、オナカは真っ黒けっ

DSCF1132.JPG

DSCF1139.JPG

DSCF1140.JPG

訪問時・・・2009.8



「ペンションむってい」お泊まり

東北旅行で青森へ向かう途中、中継の宿として選んだのが、

岩手県安比高原にある「ペンションむってい」さんです。

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

2007年10月14日_DSCF0751.JPG

DSCF1181.JPG

安比高原といえば夏のイメージが「アルプスの少女ハイジ」そのものだったのですが・・・。

残念ながら、チェックイン時には夏だというのに冷たい雨、

夜に近づくにつれて雨足は酷くなる一方で、夜間になると暴風雨でした。

そんなお天気だったからでしょうか、

私の「むってい」さんのお宿の印象は、とても『暗い』ですޤݤ

玄関を入ったところ↓

DSCF1131.JPG

DSCF1086.JPG

2階にあるツインのお部屋↓

2007年10月14日_DSCF0753.JPG

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

室内の照明が暗めなので、運転でお疲れの主人はこのとおり↓

さくらもおんなじカッコして寝てる・・・

DSCF1095.JPG

あっ、目あけた。

DSCF1126.JPG

と思ったら、寝返り?

DSCF1130.JPG

空いていれば24時間いつでも入れる貸切家族風呂があります。

施設自体は古さを感じますが、露天風呂は新しくて気持ちが良かったです。

お風呂やダイニングは1階にあるので、何度か往復した階段↓

電気のスイッチがどこにあるのかわからず、暗闇で躓きながら行き来しました

DSCF1104.JPG

夕食の一部↓

DSCF1140.JPG

DSCF1158.JPG

DSCF1160.JPG

こちらのお食事はボリュームがあって家庭的、と人気があります。

噂どおり、おなかいっぱい、おいしくいただきました。

DSCF3234.JPG

DSCF1132.JPG

ようやく雨があがって、翌朝のお散歩↓

DSCF1188.JPG

DSCF2674.JPG

ペンション村の中は、どこかで見聞きしたことのあるお宿が周囲にたくさんありました。

DSCF2652.JPG

DSCF2639.JPG

DSCF1202.JPG

DSCF2633.JPG

DSCF2675.JPG

迷いそうになるほど、ペンションがたくさんありますが、

「むってい」さんは「たぬき一家のお月見通り」にあるんです。

このネーミングがおもしろーいޥ

DSCF2649.JPG

朝食もボリュームいっぱい。

パンがとってもおいしいです!

DSCF1139.JPG

「むってい」さんの印象は『暗い』と、書いてしまいましたが

もしこの日のお天気が良くて、お月さまもお星さまも見えたなら・・・

きっと照明なんて必要ないくらい、素敵な明るさの夜だったのではないかと思います。

「たぬき一家のお月見通り」っていうくらいですからね餭

訪問時・・・2009.8



「裏磐梯観光」お出かけ

猪苗代インターを下りて裏磐梯到着した腹ぺこわが家が真っ先に向かったのは

喜多方ラーメン・手打ち蕎麦「福腹亭」さん。

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

わんこ連れでラーメンや蕎麦が食べられるなんて?

玄関ガラスに大きく「ペットOK」と書いてあるので、安心しました。

店内はこんな感じです↓

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

さくらはテーブル下でいい子にしています。

2007年10月14日_DSCF0751.JPG

さんざん迷って、喜多方ラーメンを注文。

太麺でもちもちして、おいしくいただきました。

DSCF1086.JPG

おなかが満たされたところで、五色沼湖へ出発。

五色沼湖の入り口は、「福腹亭」さんの目の前です。

DSCF1095.JPG

駐車場に車を停めて、遊歩道を道なりに歩いて行くと、

不思議な色をした五色沼湖(毘沙門沼)に出会えます。

DSCF1104.JPG

さくらを連れていると、知らない人にたくさん声をかけられます。

DSCF1130.JPG

私はどちらかというと、景色よりも

主人が乗っている板張りが沈むんじゃないかとヒヤヒヤでした。

こんなんですもん↓

DSCF1131.JPG

8月でしたが、まだ紫陽花が綺麗でした。

DSCF1158.JPG

桧原湖に向かう前に、テラスを発見してたまたま立ち寄った喫茶店↓

オーナー夫人が「わんちゃんもどうぞɤɤϡ」と声をかけてくださいました。

DSCF1188.JPG

DSCF1181.JPG

DSCF1194.JPG

DSCF1160.JPG

さくらもおやつ食べる

 !! ֥ϡ 

DSCF1200.JPG

そして桧原湖へ。

五色沼湖から桧原湖までは車で7、8分くらいです。

DSCF2633.JPG

DSCF1202.JPG

DSCF2639.JPG

訪問時・・・2009.8



「本陣粋月」お泊まり

丹後半島夕日ヶ浦温泉にある「本陣粋月」さんは本館が古民家風の立派な建物です。

DSCF6109.JPG

DSCF6111.JPG

夕日ヶ浦温泉へはこれまでに3回訪れたことがありますが

さくらと一緒に行くのは初めてのこと、それもカニを食べに行く目的で見つけたこの宿が

わんこ連れOKと知ったとき、それはもう跳びあがって喜んで

早期に(カニ解禁と同時に)予約をとりました。

DSCF6147.JPG

「ごめんください」と玄関に一歩踏み入れると、

昔懐かしい「おばあちゃんの家」の土間を思い出します。

DSCF6141.JPG

DSCF6140.JPG

DSCF6206.JPG

残念ながら本館陣屋へはわんこと一緒に泊まれず、いったん裏口から外に出て↓

DSCF6145.JPG

隣接する建物「遊心館サライ」に案内されます↓

DSCF6113.JPG

時代劇からトレンディドラマ(ふ・古い)に激変する感じですかね。

建物の玄関を入って↓

DSCF1130.JPG

階段を下ります↓

DSCF1132.JPG

今回泊まったお部屋は「101三島」。

DSCF1139.JPG

建物の外観から見て洋室かな?と想像しましたが、和室でした。

奥にはフローリングのスペースもあります。

DSCF1181.JPG

お楽しみの夕食の時間までは、海辺をお散歩したり↓

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

DSCF1086.JPG

温泉に入ったり↓

DSCF1095.JPG

DSCF6155.JPG

DSCF1104.JPG

本を読んだり、

おかあさんの腕枕で寝んねしたり

DSCF2649.JPG

食事処は本来、本館陣屋の座敷「花小径」でいただくそうなのですが

DSCF1194.JPG

こちらはわんこNGだった為、お宿のご厚意により

茶房「らんむ」で、さくら同伴でいただけることになりました。

こちらも本館陣屋のロビー横にあって、趣のある空間です。

DSCF1200.JPG

DSCF1202.JPG

DSCF2633.JPG

ビックリするほどおいしい女将さんの山野草料理↓

ひとつひとつ、味付けに変化があって楽しめました。

DSCF2639.JPG

ホントに二人分!?船盛↓

DSCF2650.JPG

カニ刺しにうっとりܤϡ

DSCF2652.JPG

焼きガニ↓みそを塗って焼いてあって、さらに香ばしい。

DSCF2664.JPG

カニスキ↓その前に茹でガニもあったけど、夢中になって写真撮り忘れ(またぁ

DSCF2675.JPG

DSCF2674.JPG

シメは雑炊。カニみそを加えた味加減がたまらん。

DSCF6175.JPG

私たち夫婦がカニを楽しんでいた3時間、さくらはこのとおり。

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

テーブルでいただいたカニは初めてだったので、(今まで座敷ばかり)

さすがに喫茶椅子の3時間はお尻が痛くてやばかった

でも貴重な、わんこと泊まれてカニが食べれるお宿餭

これからもわんこの受け入れを願うばかりです。

そして看板犬のリュウくん、手術したばかりで大変だったとのことでしたが

いつまでも元気で私たちをお迎えして欲しいです。

2007年10月14日_DSCF0753.JPG

2007年10月14日_DSCF0751.JPG

朝食も「茶房らんむ」で、さくらといただきました。

DSCF1104.JPG

訪問時・・・2010.3



ドッグカフェ「ドッグガーデンカフェ&リゾート」

関東を中心に店舗展開をしている「ドッグガーデンカフェ&リゾート」さんですが

少なくともわが家の近辺には見当たらないので

見かけるとつい嬉しくて立ち寄ってしまいます。

初めて訪れたのはたしか横浜ランドマーク店だったと思いますが

わが家の利用回数が一番多いのは「ドッグガーデンリゾート八ヶ岳」です。

DSCF1158.JPG

DSCF1126.JPG

一緒にあったドッグデプトと最近別々になってしまったようですが、

「八ヶ岳リゾートアウトレット」に行けばカフェもショップも必ず行きます。

DSCF1160.JPG

隅っこに、ちょこっとだけ商品が陳列されていました。

2007年10月14日_DSCF0747.JPG

2007年10月14日_DSCF0753.JPG

最近のお気に入りはコレ。

チャーシュー丼↓餭

DSCF1095.JPG

DSCF1104.JPG

さくらのごはんは出来立てあつあつだったので、しばしオアズケ状態。

DSCF1086.JPG

まだでしゅか!?

2007年10月14日_DSCF0764.JPG

2007年10月14日_DSCF0751.JPG

訪問時・・・訪問時・・・2007.8と2008.1と2008.5と2008.8と2009.11
      「八ヶ岳リゾートアウトレット」に同じ



ちなみに「ドッグガーデンリゾート那須」の様子はこちら↓

DSCF1140.JPG

DSCF1130.JPG

シーザーサラダ↓

DSCF1131.JPG

バジリコスパゲティ(ジェノベーゼ)↓

DSCF1132.JPG

チキン丼↓

DSCF1139.JPG

訪問時・・・2009.12



カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。