いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プライベートホテル麗」お泊まり(2回目)」

2回目に「プライベートホテル麗」さんを訪れたのは
前ちゃんの両親も交えた年末年始の家族旅行でした。

DSCF1086.JPG

前回ご紹介したとおり、目の前が富士山ٻλです。

DSCF1095.JPG

さくらも連れて行くことが私の第一条件だったので、
お宿選びは私に任せていただき、これまでに泊まった犬宿の中で
年配の両親にも満足してもらえるようなお宿を、と決めたのがこの「麗」さんでした。

こちらは客室数5室の中に、4名まで宿泊可能な特別室があります。

DSCF1104.JPG

DSCF1131.JPG

せっかくの特別室だったのに、「前ちゃんの両親と旅行」に緊張してしまった私

ほとんど写真が撮れてないもったいな~い㤭Ф

夕食は和食、朝食は洋食

写真でご紹介できなくて残念ですが、多すぎず少なすぎず、
1品1品が丁寧で、身体に優しいオーナーの創作料理です。

年配の方にも喜ばれるような内容だと思います

朝夕食をいただいた母屋のダイニング↓

DSCF1130.JPG

DSCF1140.JPG

元旦にこの富士山ٻλを拝めたら、いうことなし餭

DSCF1158.JPG

「麗」さんのお隣にある「山女そば」さんで食べた「年越し蕎麦」も旨かった!

DSCF1139.JPG

訪問時・・・2008.1



スポンサーサイト

「湯布院山荘吾亦紅」お泊まり

由布院でわんこと泊まれる宿なんて
きっとないだろうとあきらめかけた頃、
2008年8月「吾亦紅」(われもこう)さんはオープンしました。

DSCF5182.JPG

DSCF5271.JPG

わが家では出来ることなら
さくらがお部屋で自由に動き回れて
食事処へも同伴出来るのが、ささやかな希望です。

こちらは源泉かけ流し天然露天温泉つき離れのお部屋だなんて
夢のような、さくら家イチオシのお宿です(*^_^*)

離れ和洋室の「沙羅」。

DSCF5177.JPG

玄関を開けるとまるで京町家の懐かしい雰囲気が漂います。

DSCF5139.JPG

DSCF5143.JPG

DSCF5124.JPG

手前が和室で奥がフローリングの洋間。
(お見苦しい「前ちゃん」初公開ですää↓)

DSCF5137.JPG

二間続きの向こうには大きな窓があって由布岳が見えます。
テラスには小さいながらもヒノキ露天と
岩露天風呂があります。

DSCF5206.JPG

DSCF5221.JPG

内湯も小さいけど、わんこと一緒に入れます!
さくらは「ジャブジャブ」(お風呂)が大嫌いなので
すっかり不機嫌でしたが、さすが天然温泉、
さくらの毛がサラサラふわふわになりました。

DSCF5195.JPG

忘れてはならないのがおいしい食事です。
舌の肥えたダンナが「旨い」と唸りました。
おいしくて写真を撮る間が無く
気が付いたら最初と最後しか撮れていなかった。㤭Ф

最初↓

DSCF5267.JPG

最後↓

DSCF5241.JPG

「夕食はペットと一緒」プランでしたのでさくらと一緒に居られました。
他のプランだと加算料金になるのでご注意を。

朝食は残念ながら、さくらはお部屋でお留守番でした。
今では朝食も部屋食にできるプランがあるようです。

DSCF5265.JPG

湯布院という場所柄、お値段ちょっと高めですが、
ここならゆっくり2泊くらいしても惜しくないお宿でした。

訪問時・・・2008.12



「ホテル鴎風亭」お泊まり

鞆の浦温泉にある「鴎風亭」は
広島県では数少ない希少な、ペットも泊まれる普通の宿です。

九州へ旅行する際、京都からマイカーの道のりがあまりにも遠いので
どこか立ち寄り休憩できないかと探し回って見つけました。

HPを覗いてみると、
宮崎駿監督がこの町で「崖の上のポニョ」の構想を練った、と
紹介されていたのでますます行ってみたくなったのでした。

お部屋以外の場所ではキャリーバックに入れないといけなかったので
お散歩に出るとハジけていたさくら

遠くに見えている建物がお宿です。

DSCF5177.JPG

走る、走る、走る~

DSCF5143.JPG

DSCF5221.JPG

鳥さんもビックリ。

DSCF5182.JPG

お部屋は和室で、ホテルというより旅館。

DSCF5267.JPG

でも窓から美しい鞆の浦の風景が広がります。

DSCF5124.JPG

DSCF5137.JPG

お散歩でお疲れのさくら。

DSCF5139.JPG

夕食は、部屋食と食事処「海里」(ペット同伴不可)を選べたので
迷わずさくらと一緒の部屋食にしました。

わが家にとって、あくまでも目的地までの途中休憩宿でしたので
食事はあまり期待していなかったのですが
意外なほどにとてもおいしくいただきました。

サラダに使われていたドレッシングは自家製で売店に売られていたので
わが家用と実家用のお土産にゲットしたほどです。

DSCF5195.JPG

DSCF5206.JPG

朝食は大広間のダイニングレストランでさくらを連れて行けず、
夫婦時間差で行かせてもらおうと尋ねたところ、
なんとフロントのお嬢さんが預ってくれることになりました。

フタカバーしてキャリーバックごと預けたのですが、
お迎えに行くとフロントの奥でさくらと遊んでくれていたようです。

きっと私の匂いがしなくなって、寂しくてキュンキュン泣いたのでしょう。
すっかりフロントにご迷惑をかけてしまいました。

ペット専用宿でなくても温かいおもてなしを受けたお宿でした。

チェックイン時にロビーでいただいたウェルカムドリンクにも、さらに好感度アップޥ

DSCF5241.JPG

訪問時・・・2008.12



「プライベートホテル麗」お泊まり(1回目)

河口湖にある「プライベートホテル麗」さんを初めて訪れたとき
なんて富士山の眺めのいい処なんだろうと感動してしまいました餭

DSCF1086.JPG

そしてのちに、ここで富士山を見るなら夏よりも冬!を
実感したお宿でもありました。

玄関の周りはオーナー夫人ご自慢のガーデニングが美しいです

DSCF1095.JPG

母屋とは別棟の離れのお部屋が5室。

この日はこじんまりとしたツインで、
とっても可愛い英国カントリーで、すっかりファンになってしまいました֥ϡ

左側にある窓の向こうはお風呂場です↓

DSCF1104.JPG

DSCF1126.JPG

母屋のダイニングでいただく朝食↓

DSCF1130.JPG

お宿のすぐ前の道の向こうに広がっている河口湖の富士山ٻλ

夏の季節柄、残念ながらこの日は霞んで見えています。

DSCF1131.JPG

訪問時・・・2007.8



「軽井沢ジャルディーノ」お泊まり

カーロ・フォレスタグループのひとつ、軽井沢ジャルディーノ。

DSCF1200.JPG

以前は企業の保養所だったという建物をリフォームして作ったと聞きました。

外観からはちっとも古さを感じさせないですが、
一歩足を踏み入れると、どこかレトロで重厚な趣があります。

DSCF1095.JPG

お部屋はスタンダードルーム4室の他、
さらにデラックスやスイートルームなどが4室、
お値段もお部屋の広さに応じて違います。

わが家が泊まった208号室はスタンダードでしたが
中にはテラスから直接お庭に出られる広いお部屋があるようです。

DSCF1202.JPG

DSCF1126.JPG

DSCF1130.JPG

DSCF1131.JPG

スタンダードには洗面所とトイレはありますが、お風呂はついていません。

1階に24時間いつでも入れる家族風呂が2ヶ所もありますので、
さくらを連れて(脱衣所までOK)時間の許す限り何度も通いました。

他のお部屋にはお風呂もついているので、
ほとんどいつでも空いている状態でした。

この日の夕食↓

DSCF1140.JPG

DSCF1139.JPG

DSCF1158.JPG

DSCF1160.JPG

DSCF1181.JPG

DSCF1188.JPG

食後のコーヒーになると、さくらが膝の上にやってきます↓

DSCF1194.JPG

「ケーキはあげないよ」
「・・・

DSCF1212.JPG

絵に描いたような理想の朝ごはんɤɤϡ

DSCF1132.JPG

レストランから見えるテラスの階段を下りると

DSCF1086.JPG

DSCF1219.JPG

ドッグランがあります↓

DSCF1104.JPG

訪問時・・・2008.5





「むつみ庵」お泊まり

2007年(たしか6月)オープンの和みの犬宿「むつみ庵」。

DSCF1095.JPG

伊豆の河津に魅力的なわんこ専用宿が出来て、心躍ったものでした餭

わが家にとって理想的な宿とは、さくらがお部屋で自由に動き回れて
食事処へも同伴出来て、さらに時間を気にしないで入れるお風呂があること。

そのすべての条件をクリアしたお宿です。
(ささやかな条件でしょ?

駐車場から玄関までは階段があって、これはけっこう荷物を運ぶのが大変でしたDSCF1140.JPG

チェックインを済ませると、お部屋に案内してくださるのですが
その経路がまた旅館の離れに行くみたいで、なんとも奥ゆかしい。

渡り廊下の右側に見えているのはドッグランです。

DSCF1200.JPG

ドッグラン↓

DSCF1104.JPG

玄関の表札には宿泊者の苗字とわんこの名前を入れてくれました↓

DSCF1188.JPG

お部屋は和洋室。

畳のあるくつろぎのスペースとフローリングの寝室で2部屋に分かれています。

最近こんなヘマはしないのですが・・・

撮影中に私物の荷物が置きっぱなし

DSCF1194.JPG

DSCF1126.JPG

DSCF1131.JPG

窓から海が見渡せ、↓

DSCF1139.JPG

ベランダの欄干に「のぞき穴」がついています

DSCF1130.JPG

お部屋についているお風呂は窓を開けて半露天風呂に。

まだ新しい木の匂いがとても気持ち良かったですɤɤϡ

これが、今では温泉になったと聞きました!悔しい~㤭Ф

DSCF1086.JPG

お食事は、朝夕ともまるで料理旅館のようでした。

夕食↓

DSCF1132.JPG

朝食↓

DSCF1160.JPG

お値段ちょっと高めのお宿なので、リピートを遠慮していましたが
お風呂が温泉になったのなら、行き甲斐があるというものです。

とはいっても、いつも予約でいっぱいの人気のお宿ですから
暦どおりしか休めないわが家(土日祝とか盆正月GW)の2回目はいつのことになるやら。

訪問日・・・2007.9



「ドッグスパリゾートフロール」お泊まり

2008年4月にオープンされた伊豆高原「ドッグスパリゾートフロール」ޥ

DSCF1086.JPG

ここもまた、別荘地というよりは住宅地の真ん中にあって、
わかりずらい場所にありました

DSCF1095.JPG

お部屋はスペシャルツインルーム(ダークカラー)↓

DSCF1104.JPG

DSCF1140.JPG

スペシャルルームは2部屋あって「ダークカラー」と「ナチュラルカラー」の2種類あります。

施設設備のひとつとして家族風呂もあるのに(予約不要)
お部屋にもシャワーブースがついていて、さらにテラスにジャグジー風呂!

(ジャグジー風呂がついているのは、スペシャルルームの2部屋だけ)
とっても素敵なお部屋でした֥ϡ

DSCF1126.JPG

DSCF1158.JPG

さくらはちょうどいい硬さのソファがお気に召したようで、しばし独り占め↓

DSCF1160.JPG

DSCF1188.JPG

お料理が、おいしかったです!

宿泊のわんこ達も、品良く礼儀正しく、どの子も「ワン」と泣く子はいません。

さくらはもともとおとなしい子で、旅行中に困ったことはありませんが
たまたまお隣になったわんこに「遊ぼ!」とされて、ハラハラすることが・・・

こんなにワインの似合うお洒落なダイニングで、ハラハラすることなく
静かにゆったり食事が出来たのは初めてかもしれません。

一見普通の(わんこ連れでない)イタリアンレストランとなんら変わらないです。

DSCF1130.JPG

DSCF1132.JPG

DSCF1139.JPG

こちらはドッグスパというくらいですから、
わんこ用温泉風呂、マイクロバブルジェットバス、トリミングルームが完備されています。

わが家は旅行前に美容院でキレイにして来たので、今回は利用しませんでしたが
もしも天候が悪くて泥んこになったりしてたら、利用したかも。

リピートするなら、雰囲気の違う別の部屋にも泊まってみたいところですが
ここだけは、次回もう一度同じダークカラーのお部屋に泊まってみたいと思いました礭

訪問時・・・2008.10



「ペンションマーフィ」お泊まり

「ペンションマーフィ」は、伊豆高原にあるペットと泊まれる小さなお宿ޥ

DSCF1086.JPG

外観はよく見かける普通のペンションですが、
内装は白が基調のナチュラルカントリー風で
とっても可愛いです֥ϡ

DSCF1095.JPG

階段をあがると、やわらかい明るさの照明が迎えてくれます。↓

DSCF1139.JPG

DSCF1126.JPG

わが家のお部屋は「壱」号室でした。
この壁の、かすれペンキの塗り方がまたなんとも言えないɤɤϡ

DSCF1140.JPG

お部屋はもともと2部屋だったのを1部屋に改造されたそうで、
寝室とリビングに分かれていました。

DSCF1104.JPG

DSCF1132.JPG

トイレ、洗面所はお部屋についていますが、
お風呂は1階、天然温泉で内風呂と露天風呂がありました。

時間予約制ではなく、空いていれば好きな時間に入れて、
さくらも連れて行けたのが嬉しかったです。

ダイニングの壁は珪藻土、床はテラコッタ風、
カントリーなテーブルで
おいしい海の幸をいただきました。

DSCF1130.JPG

DSCF1158.JPG

訪問時・・・2008.10



「マイカ」お泊まり

伊豆高原プチホテル「マイカ」に泊まってみたいなぁ、と思ったのは
実は移築される前のお宿のほうでした。

以前の英国調の外観や内装が私好みで、いつか泊まれる日を楽しみにしていました。

ようやく休暇の都合がついた頃には、時すでに遅し!?

「マイカ」はお引越しして新しく生まれ変わっていたのでした。

DSCF1158.JPG

今はもうオーナーさんも宿名も変わっている旧「マイカ」も気になるけど、
新「マイカ」のオーナーが設計からこだわった、“犬と泊まるための宿”は
もっともっと気になり、この目でしっかり見てみたい!!と奮起して

念願かなって行ってみたら、以前に比べて、とっても近代的!餭

玄関側から見たところ↓

DSCF1139.JPG

反対側のドッグランから見たところ↓

DSCF1140.JPG

ドッグランへは各部屋の専用デッキから行き来できます。

ドックランからお部屋に帰ってくるとこんな感じ↓

DSCF1160.JPG

お部屋に上がる前に、さくらの足を拭きます。

DSCF1181.JPG

私も靴を脱いで上がると、まずダイニングスペースがあります。

ここで朝夕の食事をします↓

DSCF1188.JPG

靴を脱いだ場所が共有廊下で、スタッフさんがカウンター越しに食事を運んでくれます。

この発想が、おもしろーいޥ

廊下とダイニングスペースの境目には、

わんこが放浪しないよう低めの門扉がついています。

DSCF1086.JPG

お部屋はメゾネット式で、1階がくつろぎのリビングスペース。

2階が寝室と、洗面所、トイレ、浴室。

DSCF1194.JPG

ダイニング以外の床がすべて汚れの目立たないカーペットで、わんこの足に優しいです。

何度も何度も階段を上り下りして「探検」していたさくら。

DSCF1200.JPG

ベランダに続く大きな窓を開ければ、半露天になる開放的なお風呂だったのですが
あいにく夜になってからひどい雨。

せっかくの伊豆、温泉だったらもっと良かったなぁ。

夕食の写真が無くて残念なのですが「渡り蟹のスパゲティ」はとっても美味しかったです。

でもお刺身のオリジナルソースは苦手なバルサミコ酢がきつくて受け付けなかったです。
(刺身にはやっぱ、お醤油と山葵でしょう!?)

全体的な印象として「とても凝ってるお料理だなぁ」と思います。

朝食はこちら↓

DSCF1095.JPG

チェックアウト後、どうしてもあきらめつかなくて
伊豆高原の回転寿司「魚磯」さんに直行。

さくらを車内に待たせるのは嫌だったので、テイクアウトしました。

もちろん携帯用お醤油たくさんつけてもらって

DSCF1126.JPG

これをいただいたのは、屋外の、大室山のさくらの里。

身体が冷え切ってしまったのは言うまでもありません・・・

DSCF1130.JPG

訪問時・・・2008.2



「凛灯」お泊まり(1回目)

静岡県には数多くのペットと泊まれる宿があって
何度行っても足りないくらい、泊まってみたいお宿がたくさんあります。

その中でも天城高原にある、高原のリゾートログハウス「凛灯」は
これまでに冬と夏の2回訪問しているお気に入りのお宿です。

今日は1回目の、冬の「凛灯」をご紹介します。

DSCF1505.JPG

私は生まれてこのかた一度もスキーをしたことがないので
雪山が珍しくて仕方ないのですが
本格的なフィンランドログハウスに宿泊するのもこれが初めてでした。

しかも、オーナーの手作りというからオドロキです。

DSCF1140.JPG

チェックインを母屋で済ませたら↓

DSCF1212.JPG

離れの客室コテージへ案内してもらいます。

客室はプライベート重視の2棟のみ。

わが家は向かって左側の「野いちごの花」でした。

DSCF1139.JPG

DSCF1158.JPG

DSCF1188.JPG

梯子のような階段を上がると小さいロフトスペースがあり、
定員4名まで泊まることが出来ます。

DSCF1160.JPG

ロフトから見下ろすとこんな感じ↓

あっあっさくら、マイ毛布からはみ出しちゃいけません

DSCF1181.JPG

母屋でいただく夕食は、ゆっくりのんびり時間をかけておいしくいただきました。

DSCF1194.JPG

1日2組のゲスト受け入れなのに、もう1組が雪のせいで到着が遅くなり
ダイニングはわが家だけの貸切状態でした。

オーナー主人のオリジナル創作料理だそうですが、格別においしいです。

このお料理が食べたくて夏にもう一度リピしたのですからɤɤϡ

キンメダイのしゃぶしゃぶも、うまうまܤϡ

DSCF1202.JPG

お風呂は時間制家族風呂で、母屋に出向いて行きます。

小さいですが、こちらも可愛い入り口のドアからオーナーの手作り感いっぱいです。

山の中なので節水に注意ですが、天城の天然温泉だそうでお肌に良さそうです。

脱衣所までさくらを連れて行けるのもありがたい。

母屋と客室コテージはそんなに離れていないのですが

夜道は積雪のせいで足元がおぼつかなく、さくらも歩きにくそうでした。

DSCF1244.JPG

母屋から客室コテージを眺めたところ↓

DSCF1234.JPG

客室コテージから母屋を眺めたところ↓

DSCF1236.JPG

ドッグランは底なし沼のようだったしね↓

DSCF1240.JPG

気持ちいい朝のお散歩

DSCF1255.JPG

でもさくらが、なかなか歩いてくれないå

DSCF1250.JPG

朝食で再び、うまうまܤϡ

DSCF1274.JPG

さくらはちょっと、雪に憂鬱?

DSCF1509.JPG

訪問時・・・2008.2



カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。