いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

「津軽海峡フェリーブルードルフィン」お出かけ

帰路の津軽海峡フェリーは17時半出発。

往路の「シルバーフェリーはちのへ」同様、90分前に乗船手続きをします。

函館港に16時到着。

DSCF5393.JPG

シルバーフェリーのときは時間が来てもなかなか乗船できなくて、

ずいぶん待った気がしたのですが

津軽海峡フェリーは、あれよあれよという間に乗船時間が来てしまって

ちゃんと90分前に着いたのに、港でゆっくりする間がありませんでした。

北海道と、とうとうお別れなのにぃ。

青森の八戸港と違って、函館港は近代的なターミナル。

DSCF5415.JPG

DSCF5422.JPG

お洒落な喫茶やテラスがあって、お土産コーナも・・・(まだ行く気かい!?)

後ろ髪引かれながら3人一緒に(主人、私、さくら)マイカーで乗り込みました。

シルバーフェリーは私だけ徒歩乗船だったけど、

船会社によってまちまちなのですね。

DSCF5424.JPG

DSCF5428.JPG

DSCF5423.JPG

7月17日にデビューしたばかりの「ブルードルフィン」、

まだペンキ塗りたての匂いがツンとしました。

DSCF5446.JPG

「ブルードルフィン」は日本初の船上バルコニーを備えていて

「ドッグルーム」の予約がとれたらこちらを利用することが出来ます。

私にとって大事なのは、船上バルコニーではなく、

「ドッグルーム」でさくらとずっと一緒に居られることでした。

初めてこのフェリーの存在を知ったときは、嬉しくて天にも昇る気持ちでしたが

「ドッグルーム」の予約が取れるまで、乗れるかどうか不安で仕方無かったです。

もしも予約がとれなかったら、主人だけフェリーに乗せて

私とさくらだけJRで青森へ渡る覚悟でした。

マイカーから「ドッグルーム」まではキャリーバックで移動です。

まずサービスカウンターで鍵を受け取り、案内表示に従って進みます。

DSCF5453.JPG

入り口のドアは2重扉になっていて施錠します。

施錠することで関係者以外はこちらに立ち入れないようになっています。

DSCF5452.JPG

DSCF5468.JPG

わが家は9番のA(上)「ドッグルーム」でした。

わんこのお尻フックが可愛い~。

DSCF5470.JPG

DSCF5484.JPG

9番の扉を開けるとA(上)B(下)に分かれています。

全然知らないわんちゃんと上下に入れられてしまうのですね。

DSCF5471.JPG

反対側は腰掛程度の荷物置き場。

長時間座る用には出来ていないので、長時間座っていた私には

腰とお尻がとっても痛かったです。

次回は低反発座布団持参を忘れないでおこう。

DSCF5572.JPG

さくらが気になっている先には船上バルコニーが。

DSCF5476.JPG

DSCF5481.JPG

ちょうどどこかの記者さんが取材に来てましたよ。

DSCF5567.JPG

DSCF5571.JPG

取材が終わったところで、わが家も体験。

・・・と思ったのに、他のわんこが元気良すぎて、さくらは逃げ惑うばかり。

DSCF5808.JPG

弱虫の困ったちゃんです。

DSCF5805.JPG

DSCF5807.JPG

挙句の果てには、抱っこのおねだり。

DSCF5806.JPG

ふう、やっぱりここが一番安全なの。å

DSCF5633.JPG

DSCF5661.JPG

DSCF5663.JPG

DSCF5712.JPG

さくらは一度も9番ゲージに入ることなく、持参してきた「さくらのお部屋」で

ずっと過ごしていました。

さくらにとって、ストレスフリーなのが一番。

でも私にとっては・・・

この部屋の気温は24度~25度設定になっていて、私には寒過ぎました。

さくら用に持ってきた薄手の毛布をショール代わりに羽織っていました。

冷えで腰やお尻も痛くなってくるので、時々主人に交代してもらって

気分転換で船内探索に行きました。

DSCF5445.JPG

売店にはわんこグッズも↓

DSCF5809.JPG

DSCF5844.JPG

食堂↓

DSCF5872.JPG

DSCF5849.JPG

スタンダード(2等船室)料金でしたが、

至るところにソファやテーブルがあってくつろげそう。

ただこの時期(お盆)に席を確保するのは難しいかもね。

DSCF5454.JPG

夕方の便だったので夕焼けがとっても綺麗でした。

DSCF5885.JPG

DSCF5877.JPG

往路の八戸→苫小牧は9時間かかったけど、すぐにベッドに寝れたのであっという間。

復路の函館→青森はたったの3時間40分なのに、

寝れなくてじっと寒いところで耐えた、という感じがしました。(笑)

さらに青森到着時間が21時だったため、眠れていない上さらに

夜どおし運転させてしまった主人に、悪いことしたなぁって反省しています。

さくらとずっと一緒に居られた「ブルードルフィン」には感謝!なので

次回はぜひ乗船時間と、下船後の宿泊宿にも工夫したいなぁと思います。

あと低反発座布団とひざ掛け毛布もね!

さくらはおかあさんがそばにいたから、いっぱい寝たよ~。餭

DSCF5775.JPG

訪問時・・・2010.8



「函館観光」お出かけ

DSCF5446.JPG

まずは函館朝市。

DSCF5415.JPG

わんこを抱っこしていると目立つのか、お店の人が威勢よく声をかけてくれます。

DSCF5422.JPG

DSCF5423.JPG

DSCF5424.JPG

北海道ファームでおいしい牛乳を一気飲み。

DSCF5453.JPG

DSCF5393.JPG

函館山はロープウェイではなくマイカーで登りました。

午前中だったので道はがら空きスイスイ、ロープウェイのほうが時には混雑するそう。

DSCF5454.JPG

DSCF5470.JPG

夜景で眺めたかった風景。↓

DSCF5476.JPG

ゴハンを食べると酔ってしまいそうなドライブウェイなので

次回はロープウェイでゆっくり気長に挑戦したいですね。

(2010年10月は定期点検による運休があるそうなので注意!)

DSCF7166.JPG

DSCF5471.JPG

お空に近いのでさくら早くもバテ気味。

でも高いお山なので、日陰に入るとひんやり涼しい。

あつい~ひかげ~。å

DSCF7167.JPG

金森赤レンガ倉庫群とベイエリア。

DSCF5572.JPG

DSCF5557.JPG

DSCF5567.JPG

DSCF5571.JPG

DSCF5481.JPG

DSCF5484.JPG

六角屋根の風見鶏が目印のカトリック元町教会は残念ながら工事中。

DSCF5633.JPG

函館ハリストス正教会も工事中みたいで屋根のてっぺんだけ撮影。↓

DSCF5663.JPG

DSCF5800.JPG

上空から見ると建築物そのものが十字架、といわれる聖ヨハネ教会。↓

DSCF5799.JPG

坂の先に函館港が見渡せる八幡坂。↓

DSCF5802.JPG

五稜郭公園の近く、北海道立函館美術館。

とてもクーラーの効いた美術館でトイレをお借りしました~。

おとうさんとおかあさんが交代でトイレ行くのを待ってるの。

DSCF5806.JPG

さくらの寝そべっている位置から五稜郭タワーがどんぴしゃ。

DSCF5807.JPG

タワー展望台から眺めた風景。

残念ながらさくらは、キャリーバックの中です。

DSCF5872.JPG

DSCF5844.JPG

DSCF5885.JPG

星形の五稜郭公園を360度方向から美しく眺められます。

とっても暑そうで、歩く気さらさら無かったのですが・・・

やっぱり北海道はそうそう来れないから、大汗かきながら行きましたよ。

DSCF5921.JPG

日陰は平気だけど

DSCF5924.JPG

お日さまが照りつける道は北海道といえど油断大敵、

さくらの足がヤケドしないように気を配りましたぁ。

DSCF6021.JPG

DSCF6011.JPG

DSCF5923.JPG

DSCF7174.JPG

こんなに暑いのに笑ってくれると、ホッとします。

暑いトコ連れ回してゴメンね、さくら。

DSCF7125.JPG

訪問時・・・2010.8



「札幌大通公園」お出かけ

次の宿泊地である定山渓温泉に向かうため札幌市内に立ち寄りました。

小樽から札幌までは高速道路だとほんの30分程度です。

札幌大通公園の真下にある地下駐車場にマイカーを置いて

テレビ塔から大通公園をお散歩してみました。

DSCF5916.JPG

DSCF5557.JPG

DSCF5393.JPG

大通公園は両側が木々に囲まれていて、真昼でも日陰がありました。

DSCF5415.JPG

DSCF5567.JPG

気持ち良さそうにオシッコするので、つい撮っちゃいました↓

DSCF5571.JPG

DSCF5572.JPG

大通りの中央はビアガーデンになっていましたよ。

DSCF5423.JPG

DSCF5422.JPG

DSCF5885.JPG

花壇がハート型↓

DSCF5633.JPG

DSCF5630.JPG

DSCF5799.JPG

噴水はわざと水しぶきが大きめに。

傍に寄ると、霧雨のように降ってきて、涼しげで気持ち良かったです。

DSCF5712.JPG

DSCF5661.JPG

さくらがいるため旭山動物園をあきらめたのですが

札幌で有名な円山動物園のグッズショップに出会いました。

DSCF5663.JPG

DSCF5775.JPG

このあと、休憩のためドッグカフェに向かうのですが

その途中突然車内で「ガリガリガリ?ʤ」と、けたたましい轟音が!!

京都の自宅を出発して5日めの午後、酷使し続けたカーエアコンが

ついに、ぶっ壊れたのでしたåۤ

訪問時・・・2010.8



「小樽観光」お出かけ

あとで徒歩での観光を楽しむために、まずはマイカーの車窓観光を試みたわが家。

でも運河沿いには日陰がなくて、さくらと歩くのは断念してしまいました。

暑くて外歩けないときは車窓観光のみもアリだと思います。

DSCF5807.JPG

DSCF5844.JPG

この暑いのに人力車のお兄さんが観光客を勧誘してました。

前の晩、外食するために乗ったタクシーの運転手さんが、

京都から進出してきた人力車にお客さんを奪われたって、嘆いていました。

・・・すみませんねぇ、私たちも京都から来ました(^_^;)

小樽運河沿い↓

DSCF5799.JPG

DSCF5801.JPG

DSCF5849.JPG

DSCF5422.JPG

DSCF5872.JPG

前の晩はとっても賑やかだった食事処「おれの小樽運河」と「小樽倉庫NO1」↓

DSCF5808.JPG

DSCF5809.JPG

花畑牧場見っけ。

DSCF5775.JPG

ここまでが、ドーミーインにチェクインする前の車窓観光でした。

ここから先は、チェックイン後の徒歩観光です。

主人が行きたいと希望した「北一硝子」までの道のりでもあります。

DSCF5424.JPG

DSCF5428.JPG

DSCF5445.JPG

DSCF5446.JPG

DSCF5452.JPG

「北一硝子」では撮影NGで残念でした。

わんこは抱っこOKのお店もあって、

エアコンが効いているお店に入ったら生き返るようでした。

時計は夕方5時をさしています。↓

しだいに陽は傾き、気温も過ごしやすくなっていきました。

DSCF5805.JPG

DSCF5802.JPG

雑貨好きの私にはたまらないお店。↓

入ったら、しばらく出てきませ~ん。

DSCF5453.JPG

DSCF5454.JPG

でも私の小樽での目的は、六花亭、ルタオ、北菓楼をハシゴすることでした♪

六花亭で『レーズンバターサンド』ゲット、

DSCF5476.JPG

北菓楼で『妖精の森バウムクーヘン』ゲット、

DSCF5468.JPG

DSCF5470.JPG

ルタオでは『ドゥーブルフロマージュ』が欲しかったのですが・・・

日持ちしないと聞いて断念!

DSCF5471.JPG

ルタオはドーミーイン小樽の1階にもあったのでビックリしました。

それなのに、試食にもありつけなかった、くやしいぃ。å

そういえばここも・・・

2回行って、2回ともありつけなかった(時間が遅すぎてクローズ)

「ポプラファーム」の『サンタのヒゲ』。

1/2メロンの上に乗ったソフトクリーム、食べたかったぁ(>_<)

DSCF5393.JPG

「ポプラファーム」は小樽運河近くの「出抜小路」にあって

飲食店が軒を連ねた不思議な空間でした。

シンボルタワーの火のやぐら。↓

DSCF5484.JPG

DSCF5567.JPG

DSCF5557.JPG

DSCF5481.JPG

屋根にいるのはシャチホコではなくシャケホコだそうです。↓

DSCF5572.JPG

小樽の街は石造りのイメージですが

お散歩にぴったりな、こんな小路もありました。

DSCF5423.JPG

DSCF5633.JPG

もう使われなくなった線路跡ですが、舗装されてない土の道です。

ここをお散歩するわんこも多いのでしょう、

さくらはしきりに他所のわんこの匂いを嗅いでました。

DSCF5661.JPG

途中こんな可愛い喫茶店も。

DSCF5630.JPG

ちなみに小樽に到着した日の小樽運河の夜景がコレです。

ライトアップされてとても幻想的でした。

DSCF5806.JPG

訪問時・・・2010.8



「美瑛の丘めぐり」お出かけ

出来ることならもう1箇所、

美瑛の「青い池」に立ち寄りたかったのですが

前日までの集中豪雨に、海は濁り川が氾濫していました。

もしかしたら私たちの目指す池は無事だったのかもしれませんが

夢を壊すかもしれないと、次回にとっておくことにしたのです。

この日もアヤシイ雲行きで、無事に回りきれるか心配でした。

というわけで、駆け足で「美瑛の丘」を巡ることになります(^_^;)

「北西の丘公園」は観光案内所も兼ねていて

DSCF5422.JPG

ピラミッド型の展望台から

DSCF5393.JPG

DSCF5423.JPG

美瑛の広大な風景はもちろんのこと

DSCF5415.JPG

DSCF5428.JPG

こんなふうに、遠くに「スプウン谷のザワザワ村」を見つけることができました。↓

DSCF5424.JPG

「ぜるぶの丘」はこの日イベントをされていて、

チケットを持っている人しか入れませんでした。

DSCF5452.JPG

入れなかったので、未練がましく周囲からぐるり。

これだけでも見応えのある施設です。

DSCF5849.JPG

DSCF5453.JPG

DSCF5454.JPG

DSCF5446.JPG

「ケンとメリーの木」↓

DSCF5470.JPG

「セブンスターの木」↓

DSCF5468.JPG

「マイルドセブンの丘」↓

DSCF5808.JPG

「四季彩の丘」では、とうとう雨が降り出してきましたが

負けないくらい、目の覚めるような色とりどりのお花でいっぱいでした。

DSCF5471.JPG

DSCF5476.JPG

DSCF5572.JPG

DSCF5484.JPG

DSCF5557.JPG

DSCF5481.JPG

DSCF5571.JPG

ドイツ風ファーム喫茶「ランドカフェ」で休憩。

「マイルドセブンの丘」の麓にあって、

「あるうのぱいん」同様、事前チェックしていたお店です。

DSCF5799.JPG

DSCF5800.JPG

てっきり雨の中のテラスに案内されるのかと思いきや

「わんちゃんと中へどうぞ」と、嬉しいお言葉が。

おなかはいっぱいだったので食事は出来ず、

飲み物だけ注文したのはもったいないほどでした。

DSCF5801.JPG

DSCF5802.JPG

お客さんで満席のため、写真が撮れなかったですが

外観が素敵なうえに店内も期待どおりで、とっても可愛かったです。

すっかり床と同化して踏まれそうになった、迷惑なさくら。

DSCF5805.JPG

こちらにも看板犬のわんちゃんがいるはずなのですが、

残念ながら会えませんでした。

外へ出たら一時雨が止んだみたいで、お散歩が出来ました。

DSCF5844.JPG

DSCF5807.JPG

DSCF5806.JPG

DSCF5809.JPG

訪問時・・・2010.8



カレンダー

01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在経過観察中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ