いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

「さくら」自己紹介

さくらは7ヶ月のとき、子供のいない共働き夫婦のわが家にもらわれて来ました。

うちに来るまで何軒もたらい回しされたようで

主人の友人から事前に聞かされたのは「7ヶ月のメスのマルチーズ」というだけで

正確なお誕生日はわからずじまいです。

DSCF1131.JPG

私が主人とお迎えに行った先の里親さんは、小さな韓国料理店のママさんでした。

聞き取りづらい片言の日本語で「この子はとってもいい子」と言われたのは判りました。

初めて出会ったとき身体は痩せてガリガリで、あばら骨が見てとれました。

ノミとダニが酷かったという毛は見事に刈り上げられて、

このあとちゃんと伸びるのか心配するほどでした。

直接ママさんからこの手に手渡されたときはとても軽くて、

嗅いだことの無い私の匂いに、あるいは

またどこかへ連れて行かれるのかわからない不安にブルブルと震えていました。

DSCF1104.JPG

「ん?マルチーズ?」

あとでわかった話ですが、犬種についてあまり詳しくない主人とその友人が

どうやら「シーズー」と「チーズ」を聞き違えたらしいのです。

「マルチーズ」と「チーズ」を間違えるなんて?を思われるかもしれませんが、

ママさんが外国人で発音が聞き取れなかったなら、うなずけました。

DSCF1130.JPG

ママさんが引き取るまでに男性から暴力を受けていたと聞きましたので、

どこか悪いところはないかと心配で(日を改めてですが)

さっそく獣医さんに健康診断をしてもらいました。

ちゃんと科学的に調べたわけではないのですが、

「シーズーだけど他に何か混じってるみたいだね」と言われて

その日やっとさくらは雑種なんだ、と認識することができました。

お散歩していると、珍しい顔立ちなのか犬種は何ですか?とよく聞かれます。

面倒臭いので「シーズーとマルチーズのミックスです」と答えるようになりました。

本当のところは犬種なんてどうでもいいんです、さくらが今日も元気ならば。

DSCF1126.JPG

一緒に暮らし始めた頃は、私もさくらも大変でした。

何しろもらわれてきたのは平日の火曜日で、

私は金曜日までの4日間は仕事が休めず、お迎えして早々

さくらにお留守番生活を強いてしまったわけですから。

そういうわけで、さくらに申し訳ない気持ちからか

平日朝夕のお散歩はたっぷり1時間×2くらい行きます。

土日もたっぷり1時間×3、朝夕晩のお散歩と、

近所への買物ならキャリーバックにすっぽり収まって、いつも一緒です。

DSCF1095.JPG

旅行も一緒。

計画を立てるのはPCを扱える私の役目で

いつも独断と偏見で、むこう半年先の宿まできっちり決めます。

はじめのうち、遠いうつろな目をしていたさくらが、だんだんと変わってきました。

どこへ連れて行っても、いるかいないか判らないくらいおとなしくて

ずっと「いい子」だったさくら。

だんだん自分の居場所を確認できたのか、少しづつ笑顔がでてきて

ワガママを言ったり甘えたりできるようになりました。

私はもっともっと、さくらのいい顔、が見たくて

いろんな所へ連れて行っては写真を取りまくります。

たった3年でこんなにいっぱいお出かけできたのは、こういった所以です。

DSCF1086.JPG

「さくら」という名前は私が名づけました。

アニメ化もされた「カードキャプターさくら」の主人公さくらが大好きで、

女の子を授かったらきっと使いたかった名前でした。

「いつもさくらちゃんといっしょ」というゲームがある、ということを知ったのは

このブログを立ち上げたあとのことで、まったくの偶然です。

検索して紛らわしいと思われたかた、ごめんなさい。

DSCF1132.JPG

おかげさまで、今では2.7キロの体重が3.7キロに増えました。

さくらがもらわれてきた日・・・2006.2.26



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在経過観察中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ