いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

「松山城」お出かけ

「あ!坊ちゃん列車だ」

マイカーで移動中、運よくお仕事中の「坊ちゃん列車」に出会えました。

DSCF2950.JPG

「松山城」城主の加藤嘉明くんです。

くん付けになった理由はあとで判明しますよ。

DSCF4825.JPG

お山のてっぺんにあった「松山城」へはロープウェイまたはリフトで登れます。

遊歩道が整備されているので「こんぴらさん」のように自力で歩くことも出来ますが

この猛暑のなか、きっとそんな奇特な人はいないのでは。(^_^.)

ああ、でも切符は片道でも買えるので、帰りだけ徒歩の人もいるかもしれませんね。

DSCF2954.JPG

切符売り場は、冷房が効いて極楽~♪

しばし快適空間で、さくらの身体冷やし休憩も兼ねました。

DSCF2958.JPG

DSCF2964.JPG

10分毎に発車するロープウェイにわんこと乗るにはキャリーバックが必要で、

常時運行中のリフトなら、抱っこOKなんです。

主人は冷房の効いたロープウェイに乗りたそうでしたが

キャリーバックを車に置いてきてしまったので、わが家に選択肢は無いんだってば。

DSCF4672.JPG

さくらは「天橋立」でリフトに乗るのは慣れっこのはず。

DSCF4680.JPG

怖くないもん

いや、顔がこわばっとるし

DSCF4677.JPG

ほら、左手に見える遊歩道はお天道様に照らされて暑そうだし

DSCF4829.JPG

ロープウェイのほうがスピードは早いけど、満員すし詰めの様子、

リフトにして大正解だったね♪

DSCF4827.JPG

DSCF4828.JPG

おとうさんの顔見たら落ち着いた?さくら。

DSCF4826.JPG

リフトを降りてからも、お城まではけっこう道のりがあります。

DSCF4683.JPG

DSCF4686.JPG

いくつかの門をくぐったけど、城壁に阻まれ、なかなか本丸にたどり着けません。

DSCF4834.JPG

DSCF4831.JPG

一国のお城だもんね、敵から攻めにくい構造になってるわけで。

DSCF4836.JPG

DSCF4835.JPG

リフトで登って来ただけあって、景色の素晴らしいこと。

「かんぽの宿道後」を見つけて丸で囲んでみました♪

DSCF4803.JPG

DSCF4805.JPG

お天道様に近くなって暑いけど、時折吹く風が気持ちいい。

DSCF4714.JPG

DSCF4830.JPG

DSCF4781.JPG

ラストスパート?にトドメのだだっ広い運動場!

ひゃ~日陰をくださ~い。å

DSCF4908.JPG

DSCF4861.JPG

「松山城本丸」の真下に到着しました。

DSCF4905.JPG

DSCF4901.JPG

わんこと入場することも可能ですが、お城は傍から見ているほうが好き~。

というか、入場料払ってまでもう登らなくてもいいよっていうのが本音(^_^.)

DSCF4858.JPG

DSCF4821.JPG

城主の、よしあきくんです。

ゆるキャラ?マスコットキャラクターになって可愛い~。

DSCF4857.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


「道後温泉駅周辺」お出かけ

道後温泉本館の向かい側からまっすぐに伸びた商店街「道後ハイカラ通り」は

強い日差しを遮る屋根があって、両サイドの店舗から冷房の涼しい風がきて

さくらも快適に歩くことが出来ました。

DSCF4824.JPG

DSCF4826.JPG

途中で道が二手に分かれ、右折すると私が立ち寄った「椿の湯」、

左折すると「からくり時計」のある道後温泉駅へ行けます。

DSCF4827.JPG

文明開化の香りがする、レトロな伊予鉄道「道後温泉駅」。

DSCF4828.JPG

DSCF4829.JPG

「坊っちゃん列車」はお仕事中で不在でした。

DSCF4790.JPG

でもみかん色の電車が入ってきましたよ。

DSCF4831.JPG

みかん電車を追いかけて、切符も無いのにホームまでお邪魔しちゃいました。

DSCF4788.JPG

DSCF4833.JPG

現在使用中のバナーは、駅にいたお地蔵さんで撮ったもの。

DSCF4705.JPG

IMG_0275.JPG

駅側から見た商店街「道後ハイカラ通り」の出入り口。

DSCF4791.JPG

そしてその横に構えるのが、「坊ちゃんカラクリ時計」と「足湯」のある「放生園」。

もともと放生池があったところを埋め立てた広場だそうです。

DSCF5069.JPG

DSCF5066.JPG

ちょうど11時に「カラクリ時計」の仕掛けが動き出すと聞いて

足湯に浸かりながら待つことにしました。

道後温泉本館と同じ掛け流し湯~♪

DSCF5068.JPG

さくらのバンダナは、水に湿らせてひんやり清涼感を得るものですが

暑さですぐに乾いてしまうので、頻繁に水筒の氷水で加水していました。

DSCF4835.JPG

ヒトの手では確かにひんやり感じますが、毛皮に覆われたわんこに効いているのやら?

疑っていた私でしたが、たまたま通りかかった観光客の方に

「いいねそれ、効いてるよ!家畜獣医が言うんだから間違いない」

そう声をかけていただいて、めっちゃ嬉しかった~。

DSCF4861.JPG

そして11時。

DSCF4839.JPG

音楽に合わせて、上段から下段へ順番に窓が開いて

「坊ちゃん」の登場人物や道後温泉の人々が賑やかに顔を出します。

DSCF4857.JPG

DSCF4858.JPG

足湯に座っていた私も、もっとよく見ようと、思わず立ち上がりましたよ。

DSCF4836.JPG

お顔の表情がとっても豊かです。

DSCF5070.JPG

IMG_0371.JPG

DSCF4863.JPG

DSCF4862.JPG

上演が終わったとたんに、どっと汗が。

足湯で新陳代謝が促進されたかな。

駐車場のある道後温泉本館方面へ、再び戻ります。

DSCF4820.JPG

DSCF4830.JPG

DSCF5082.JPG

涼しそうな看板を見つけて誘われるようにやってきたのは「みかんの木」さん。

DSCF5015.JPG

DSCF5021.JPG

ありがた~い、屋根つきテラス!

IMG_0064.JPG

DSCF5024.JPG

DSCF5028.JPG

「みかん氷」と「いちご氷」でクールダウン。

DSCF5012.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


「道後温泉本館周辺」お出かけ

では、この旅メインの「道後温泉」へまいりましょう。

お宿から車で数分、「道後温泉本館」を見下ろす高台に駐車場があります。

DSCF2958.JPG

DSCF2964.JPG

駐車場と同じ高さに、道後温泉を祀る「湯神社」がありました。

本館を上から見守っているみたいね。

DSCF4672.JPG

DSCF4821.JPG

DSCF4901.JPG

さくらはクールバンダナ、私は日傘、前日以上にしっかり暑さ対策をします。

DSCF4905.JPG

DSCF4675.JPG

さくらを抱っこでスロープを下ります。

アスファルトはとても熱くて、歩かせることはできません。

DSCF4676.JPG

DSCF4677.JPG

ペットパラダイスの「クールバンダナ」は、2年前に購入してやっと出番がきました♪

DSCF2950.JPG

まだ新しい造りの「漱石坊ちゃんの碑」。

さくらを立たせるときは、私の手で温度を確認することを忘れませんよ。

DSCF4824.JPG

DSCF4679.JPG

DSCF4825.JPG

道を挟んだ向かい側に、「道後温泉本館」の裏側(うしろ側)を見ることが出来ます。

DSCF4680.JPG

DSCF4834.JPG

向かって右回りに進むと「玉の石」。

DSCF4781.JPG

縁起が良さそうなお石に、夫婦が交互に柄杓でお水を被せているあいだは

DSCF5055.JPG

DSCF4826.JPG

さくらは日陰のベンチで水飲み休憩ちゅう。

ぷは~

DSCF4714.JPG

DSCF4686.JPG

怪我をした白鷺が、湧き湯で傷を癒したのが道後温泉の始まりと云われ

あちこちに白鷺(像)を見かけます。

DSCF4835.JPG

DSCF4827.JPG

DSCF4828.JPG

念願の、「道後温泉本館」正面です。

さすが「千と千尋の神隠し」のモデルになったといわれるだけあって、貫禄があります。

DSCF4797.JPG

DSCF4839.JPG

京都発祥の人力車も、こうゆう風景にぴったり合いますね。

DSCF4836.JPG

「坊ちゃん」のキャラクターに扮した方々と一緒に、写真を撮らせていただきました。

マドンナ役のお姉さんは上戸彩似。(私が思ってるだけかな?)

お二人とも顔がちっちゃくて、私恥ずかしい~。

DSCF5082.JPG

IMG_0371.JPG

DSCF4858.JPG

入場券売り場は、お客さんで賑わっていました。

きっとお風呂も混んでいるだろうと思って、こちらでの入浴は断念しました。

DSCF4805.JPG

ちょっと覗いて撮ったら、こんな感じでした。

DSCF4803.JPG

でもね、商店街を歩いていったら、姉妹湯の「椿の湯」さんを見つけたんです。

本館と同じ完全源泉掛け流しでありながら、とっても静かな佇まいで

観光客よりも地元民に愛されている、公衆浴場ってところかな。

DSCF4908.JPG

DSCF4914.JPG

聖徳太子も入浴したってホント?

DSCF4976.JPG

主人とさくらに、涼しそうなベンチで待っててもらって

私だけ、ひとっ風呂浴びにいきました(#^.^#)

DSCF4977.JPG

ここ、ひんやり冷たくて気持ちいい~

DSCF4978.JPG

さすがにお風呂場にカメラは持ち込めなかったけど、館内はこんな感じ。

DSCF5006.JPG

DSCF5014.JPG

DSCF5009.JPG

あ~さっぱりした。

お風呂の用意は何もして来なかったけど、

首にかけてたタオルが、バスタオル代わりになりました。

DSCF4857.JPG

訪問時・・・2013.7


にほんブログ村


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ