いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

津軽海峡フェリー「ブルーマーメイド」(函館港発)

復路のフェリーも往路と同じくらいの22時過ぎの出港を希望したのですが
「海割ドライブ」では、気が付いたときにはすでに満席。
海割プランじゃなかったら空いていたんですけどね、
お安いほうの料金重視で、ひとつ前の20時15分の予約をとることに。
DSCF7291.jpg  
DSCF7301.jpg  
DSCF7300.jpg
早めに到着して受付を済まし、
前回は到着ギリギリで立ち寄れなかった函館ターミナルを見学。
お土産やさんや飲食店が、青森港に比べて充実しています。
DSCF7297_20170709113156900.jpg
乗船予定の「ブルーマーメイド」は、すでに停泊中。
DSCF7295_2017070911315614b.jpg
反対側に大間行きの「えさん」がいました。
DSCF7294_201707091131553dd.jpg
さくらは駐車場で晩ごはん。
さんふらわあフェリーで吐いたことがあるので、いつもより少なめです。
DSCF7284.jpg  
DSCF7285_20170709113320b7f.jpg  
DSCF7286.jpg
まだ暗くならないうちから係員の誘導が始まって、乗船。
DSCF7288_201707091133204a4.jpg
DSCF7290.jpg  
DSCF7302_201707091133195a7.jpg  
DSCF7305.jpg
往路のブルーハピネスのときと同じように、
まずレセプション(船内案内所)に行って、
ドッグルームの鍵と大判トイレシーツを受け取ります。
DSCF7316.jpg  
DSCF7317.jpg
どこまで行っても似たような通路で間違えそうな船内を
こうやって色で識別できるように工夫されているんですね。
DSCF7321.jpg  
DSCF7319.jpg  
DSCF7320_20170709113522b21.jpg
津軽海峡フェリーにお風呂が無いのは乗船時間が短いせいかな。
DSCF7324_20170709113743e59.jpg  
DSCF7325.jpg
あう、やっぱりビューシートはこの先行けないようになってる。
DSCF7318_201707091137425e1.jpg
マイカー無しの人はここから乗下船。
DSCF7323_20170709113741145.jpg
食べてみようかと本気で迷った、長万部名物「かにめし」の自販機。
DSCF7322_201707091137429c2.jpg
あちこち探検しましたが
ドッグルームはレセプションから近いので、迷う心配はないですよ。
DSCF7314.jpg  
DSCF7315.jpg  
DSCF7327_201707091140212b2.jpg  
わが家はプライベートドッグルームBのお部屋でした。
DSCF7334.jpg  
DSCF7307.jpg
レイアウトはブルーハピネスと同じ。
DSCF7336.jpg  
DSCF7310_20170709114019269.jpg  
DSCF7308.jpg
殺風景だなぁ(^^;
ソファベッドのくたびれた感と
DSCF7311.jpg
キズも気になります。
DSCF7340_201707091143390d5.jpg
ブルーマーメイドもまだ新しい造船なのだけど
今年お目見えしたばかりのブルーハピネスと比べたら仕方ないのかな。
安全ゲートの(開閉の)咬み合わせも悪かったんだよね。
DSCF7330.jpg
ドッグルームは快適温度だと学習したので、毛布代わりのコートは無し。
主人には自分の枕を持参するよう、指導しましたよ。
DSCF7312.jpg  
DSCF7338.jpg
さくらのベッドも忘れてないよ。
DSCF7341.jpg  
DSCF7339_20170709114337cea.jpg
ドッグルームの扉から甲板に出てみると
DSCF7335.jpg  
DSCF7332.jpg
暗がりの中で函館五稜郭タワーを見つけることが出来ました。
DSCF7347.jpg
翌日はまた長距離を(主人が)走るので、早めの就寝するも
DSCF7343_2017070911453944b.jpg
この時間に乗船すると、青森入港は23時55分着!
DSCF7350.jpg
これから深い睡眠に落ちようというときに、
マジかよ~、という思いで本州へ降り立って行きました。
DSCF7352.jpg  



流行りの・・・ 
     

にほんブログ村



津軽海峡フェリー「ブルーハピネス」(青森港発)

津軽海峡フェリーの青森フェリーターミナルは、
暗がりの中でひときわ明るく照らされていました。
DSCF6195.jpg
予約番号と車検証を持って受付カウンターへ。
車輌と旅客運賃は予約してから2週間以内に入金済だけど、
ドッグルーム利用料のお支払いが、このとき必要です。
DSCF6188.jpg  
DSCF6187_20170524211216d02.jpg
「函館行き」「ドッグルーム利用車輌」を誘導係さんによく見えるように
ダッシュボードに置いて、指定の乗り場の列に移動します。
DSCF6253.jpg
念願のプライベートドッグルーム。
これが叶わなければ、この旅は実現しなかったんです。
DSCF6251_20170524211215add.jpg
これから乗船する22:25発の「ブルーハピネス」は
函館からの乗客を降ろして、清掃や次の航海の準備をしている所でした。
DSCF6203_2017052421135713d.jpg 
DSCF6199.jpg 
DSCF6194_20170524211214fb0.jpg
フェリーに乗るのはもう慣れっこのはずだけど
ガシャーン、ガシャン!と耳につく騒音が、不安を煽るみたい
DSCF6190.jpg  
DSCF6192.jpg
トイレも兼ねてお散歩しておこうね、リラックスしましょ。
DSCF6196.jpg  
DSCF6202.jpg
フェリーに乗るときは酔い止めのお薬が必要不可欠の私。
飲んで寝てさえいれば安心なのですが、下船後もずっと眠くて
旅の楽しみが半減してしまうのが残念で悩みの種でした。
そこで「眠くなりにくい酔い止めの薬」を検索して発見。
個人差があると思いますが、私はコレにして良かったです。
DSCF7753_20170524211556ca9.jpg
出港時間の30分前になると慌ただしさが増していき、
一斉にバイクや車がフェリーに飲み込まれて行きます。
わんこと一緒にマイカーに乗ったまま乗船できますよ。
DSCF6205_2017052421155610e.jpg  
DSCF6206.jpg  
DSCF6208.jpg
マイカーからドッグルームへ移動するときは、わんこを
ケージやキャリーバッグに入れないといけません。
DSCF6244.jpg  
DSCF6243.jpg
船内に入ったら、まずレセプション(船内案内所)に行って、
ドッグルームの鍵と大判トイレシーツを受け取ります。
DSCF6209.jpg
こちらはケージ毎に収容できるドッグルーム。
以前一度だけ利用したことがあります。
DSCF6239_2017052421183657f.jpg
わが家はプライベートドッグルームAのお部屋でした。
DSCF6210.jpg
ドアを開けたらいきなり、柵。
DSCF6216.jpg  
DSCF6224.jpg
左手にロッカー、
DSCF6238_20170524212153bbd.jpg  
DSCF6237.jpg
右手に洗面台。
DSCF6234_201705242121471a5.jpg
ブルーハピネスは、今年3月にデビューしたばかりの新造船。
内装はピカピカだし、ソファーベッドが予想より幅広で良かった。
基本はドッグルームとはいえ、とにかくフェリーで寝るために
初めからこの出港時刻を希望したんです。
DSCF6229.jpg  
DSCF6230.jpg  
DSCF6217.jpg
テレビの下には空気清浄機。
DSCF6233.jpg
着替えや洗面道具はいらない代わりに、
自分の枕とさくらのベッドと毛布は忘れずに持ち込みました。
枕は(自分のを忘れた)主人に取り上げられてしまったけど 
DSCF6223.jpg  
DSCF6226.jpg  
DSCF6225.jpg
出入り口と反対側に、甲板に出られる扉があります。
DSCF6227.jpg  
DSCF6218.jpg  
DSCF6220.jpg
甲板からドッグルーム見たところ。
DSCF6219.jpg
おっと、さくらがベッドから落ちる前に戻らなきゃ。
DSCF6222.jpg
早々に寝なきゃいけなかったので、船内の写真は少ないの。
DSCF6241_2017052421323516d.jpg  
DSCF6247.jpg  
DSCF6240.jpg  
噂の「ビューシート」(リクライニングシート席)を見たかったんだけど
予約席のため立ち入り禁止だったわ
DSCF6245.jpg
 どこ行ってたの?
DSCF6249.jpg
 早く寝ないと起きれないよ
DSCF6236_20170524213234338.jpg
そうなんです、下船時刻は2:05、
寝入ったと思ったら、あっという間の3時間40分でした。
DSCF6250.jpg




お待たせしました!いよいよ北海道に上陸でっす
    

にほんブログ村

さんふらわあ(大分→神戸)(4回目)

復路はいつもどおり、フェリーさんふらわあを予定していました。

出港時間まではたっぷり時間があるので

再び湯布院の街へ出かけました。

前日は金鱗湖方面を歩いたので、この日は湯布院駅方面へ。
DSCF0382.jpg 
DSCF0384.jpg 
DSCF0376.jpg 
入場券売り場かと思ったら、

1番ホームにあるという足湯の券売機。
DSCF0377.jpg 
DSCF0378.jpg 
改札口を抜けることなく、隙間から駅のホームを撮っていると
DSCF0380.jpg 
DSCF0381.jpg 
特急「ゆふいんの森」号が入ってきました。

「ななつ星」や「或る列車」もやってくればいいのに。

(※残念ながら運行ルート外です)
DSCF0396.jpg
Bスピークさんで人気のPロールをお土産に購入。
 DSCF0392.jpg
DSCF0390.jpg
雨が降りだしたので、遅めの昼食を求めて別府方面へ。

なぜだか帰路に雨に降られるパターンの多いさくら家なのです。
DSCF0399.jpg 
DSCF0400.jpg
地獄蒸し工房「鉄輪」(かんなわ)さんに到着したのは14時ちょい前。
DSCF04033.jpg
まさかの、受付終了の張り紙。(この日は大晦日)

がーん。
DSCF04044.jpg
このあと似たような、地獄蒸し料理がいただける

地熱観光ラボ「縁間」(えんま)という施設を探したのですが

ナビはどこを目指しているんだか、同じところをグルグル回っただけで

発見に至らず、くすん。
DSCF0402.jpg
フェリー乗り場に向かう前に、昨年と同じ

「ポッポおじさんの大分からあげ」別府船小路店に立ち寄り、

夕食をゲットしました。
DSCF0405.jpg
大分港のフェリーさんふらわあ乗り場へ。
DSCF0424.jpg 
DSCF0411.jpg
もう4回目なので、写真はあまり撮っていませんが。
DSCF0457.jpg 
DSCF0459.jpg 
トイレがあると、もっといいのになぁ。
DSCF0441.jpg 
DSCF0445.jpg 
DSCF0442.jpg 
DSCF0443.jpg 
DSCF0447.jpg
カラアゲのにおいでいっぱいのお部屋。

今か今かと、待ち構えている顔ですね。
DSCF0446.jpg
実はからあげも、大晦日のせいかほとんど売切れてしまって

(昨年は買えたのに!)

これだけしか買えなかったそうです。
DSCF0466.jpg 
DSCF0467.jpg 
私の『許可』を求めるさくらの視線。
DSCF0470.jpg
私は知らないよ~おとうさんの責任でもらってよっ。
DSCF04722.jpg 
DSCF04755.jpg 
さて、とっても中途半端ですが年末旅行記はこれにておしまい。

3か月に及ぶ長~いお付き合い、

まことにありがとうございました
DSCF0453.jpg 




ワクチン11種予防注射してきたよ~
また体重が減ったので(増えたり減ったりの繰り返し)
来月は半日入院で検査ですと 
      

にほんブログ村

「さんふらわあ」(大分→神戸)(3回目)その2

「ただいま当船は横波を受けて揺れております・・・」

船内アナウンスをものともせず

「えっ今って揺れてるの?」という鈍感ぶり

6時半頃に明石海峡大橋をくぐり
DSCF4096.jpg  
 無事に朝を迎えることが出来ました。
DSCF4131.jpg 
DSCF4125.jpg 
早朝に入港するので、フェリーの朝はいつも慌ただしいです。
DSCF4136.jpg 
この日は元旦だったからね。
DSCF4144.jpg 
DSCF4142.jpg 
船内レストランは朝7時から行列が出来ていました。
DSCF4146.jpg
ギフトショップでは、父へのお土産が買えました。
DSCF4145.jpg 
DSCF4149.jpg 
つも思う、ここでさくらと写真が撮りたいって。↓
DSCF4138.jpg
こちらはマイペースさくら。

お部屋は快適な暖房完備だったけど、

冷蔵庫のような車庫にいたマイカーに乗り込む前に

お洋服はペティヒートとトレーナーの2枚重ねです。
DSCF4150.jpg
マリティームさんのおやつ食べる?
DSCF4159.jpg 
 食べる 
DSCF4162.jpg 
DSCF4163.jpg 
DSCF4164.jpg 
あーあ、ボロボロこぼして。
DSCF4166.jpg 
まもなく着岸。
DSCF4172.jpg 
DSCF4174.jpg 
乗船した時、ペット連れは一番先だったけど、

下船のときは一番最後です。

係員さんがお声かけしてくださるまで、お部屋で待機となります。
DSCF4191.jpg 
DSCF4190.jpg 
下船したらまず最初にすることは、さくらのおしっこ。
DSCF4192.jpg 
DSCF4193.jpg
ナビの確認。

下船した直後は、現在地がまだ大分港になっています。
DSCF4194.jpg
あっ恥ずかしいからコレを外すのも忘れずに。
DSCF4201.jpg 





長いなが~い九州旅、
最後までお付き合いありがとうございましたぁ
     
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

「さんふらわあ」(大分→神戸)お泊まり(3回目)

本当なら神戸→大分もフェリーで行きたかったのですが

電話予約戦線からあえなく離脱してしまいました。

12/31の大分→神戸は「船に泊まろう」(略して船とま)対象日、

通常よりお安くなるプランだったので、

予約獲得にはかなり気合が入ったものです。

初めての1回目はコチラ 

少ないですが2回目はコチラ 
DSCF4030.jpg 
DSCF4038.jpg
今回のお部屋は62P3、(PはペットのPかしら?)

6階左舷だなんて、船ならではの表現でカッコイイですね。
DSCF4113.jpg 
DSCF4109.jpg 
DSCF4062.jpg 
お部屋の様子はこれまでと全く同じ。
DSCF4040.jpg 
DSCF4052.jpg 
ごはん皿と水飲み皿、ペットシーツはお部屋に用意されています。
DSCF4054.jpg
2段ベッドの上段にはほとんど柵がないので、ちょっと怖いです。
DSCF4039.jpg 
DSCF4051.jpg
だから下段にさくら毛布を敷き詰めて、と。

ほぅら、準備が整いましたよ。
DSCF4043.jpg  
DSCF4048.jpg
出発したばかりですが、私もさくらも(酔うことなく)

調子が良さそうなので、晩ごはんにしましょう。
DSCF4064.jpg
「ポッポおじさんの大分からあげ」さんでお弁当を調達していました。
DSCF4058.jpg
フタを開ける前から、ずぅっといい匂いがしてたんです。
DSCF4055.jpg 
DSCF4056.jpg
さくらも当然わかっていたよね。
DSCF4073.jpg
でも、あげられませ~ん。
DSCF4084.jpg 
 DSCF4070.jpg
DSCF4072.jpg
おにぎりとから揚げ、最高だね♪
DSCF4082.jpg
食後のスイーツはエクレア♡
DSCF4090.jpg 
  酔う心配してたの、誰だっけ
DSCF4049.jpg  
天候が心配で早めに大分港に到着し、

船酔い止めのお薬を事前に飲んでいた私。

この食欲だと、もしかして必要なかったかな?(^^;




いつもご訪問ありがとうございます♡
あと1回で九州旅行は終われそう?
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ