いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

さんふらわあ(大分→神戸)(4回目)

復路はいつもどおり、フェリーさんふらわあを予定していました。

出港時間まではたっぷり時間があるので

再び湯布院の街へ出かけました。

前日は金鱗湖方面を歩いたので、この日は湯布院駅方面へ。
DSCF0382.jpg 
DSCF0384.jpg 
DSCF0376.jpg 
入場券売り場かと思ったら、

1番ホームにあるという足湯の券売機。
DSCF0377.jpg 
DSCF0378.jpg 
改札口を抜けることなく、隙間から駅のホームを撮っていると
DSCF0380.jpg 
DSCF0381.jpg 
特急「ゆふいんの森」号が入ってきました。

「ななつ星」や「或る列車」もやってくればいいのに。

(※残念ながら運行ルート外です)
DSCF0396.jpg
Bスピークさんで人気のPロールをお土産に購入。
 DSCF0392.jpg
DSCF0390.jpg
雨が降りだしたので、遅めの昼食を求めて別府方面へ。

なぜだか帰路に雨に降られるパターンの多いさくら家なのです。
DSCF0399.jpg 
DSCF0400.jpg
地獄蒸し工房「鉄輪」(かんなわ)さんに到着したのは14時ちょい前。
DSCF04033.jpg
まさかの、受付終了の張り紙。(この日は大晦日)

がーん。
DSCF04044.jpg
このあと似たような、地獄蒸し料理がいただける

地熱観光ラボ「縁間」(えんま)という施設を探したのですが

ナビはどこを目指しているんだか、同じところをグルグル回っただけで

発見に至らず、くすん。
DSCF0402.jpg
フェリー乗り場に向かう前に、昨年と同じ

「ポッポおじさんの大分からあげ」別府船小路店に立ち寄り、

夕食をゲットしました。
DSCF0405.jpg
大分港のフェリーさんふらわあ乗り場へ。
DSCF0424.jpg 
DSCF0411.jpg
もう4回目なので、写真はあまり撮っていませんが。
DSCF0457.jpg 
DSCF0459.jpg 
トイレがあると、もっといいのになぁ。
DSCF0441.jpg 
DSCF0445.jpg 
DSCF0442.jpg 
DSCF0443.jpg 
DSCF0447.jpg
カラアゲのにおいでいっぱいのお部屋。

今か今かと、待ち構えている顔ですね。
DSCF0446.jpg
実はからあげも、大晦日のせいかほとんど売切れてしまって

(昨年は買えたのに!)

これだけしか買えなかったそうです。
DSCF0466.jpg 
DSCF0467.jpg 
私の『許可』を求めるさくらの視線。
DSCF0470.jpg
私は知らないよ~おとうさんの責任でもらってよっ。
DSCF04722.jpg 
DSCF04755.jpg 
さて、とっても中途半端ですが年末旅行記はこれにておしまい。

3か月に及ぶ長~いお付き合い、

まことにありがとうございました
DSCF0453.jpg 




ワクチン11種予防注射してきたよ~
また体重が減ったので(増えたり減ったりの繰り返し)
来月は半日入院で検査ですと 
      

にほんブログ村

「さんふらわあ」(大分→神戸)(3回目)その2

「ただいま当船は横波を受けて揺れております・・・」

船内アナウンスをものともせず

「えっ今って揺れてるの?」という鈍感ぶり

6時半頃に明石海峡大橋をくぐり
DSCF4096.jpg  
 無事に朝を迎えることが出来ました。
DSCF4131.jpg 
DSCF4125.jpg 
早朝に入港するので、フェリーの朝はいつも慌ただしいです。
DSCF4136.jpg 
この日は元旦だったからね。
DSCF4144.jpg 
DSCF4142.jpg 
船内レストランは朝7時から行列が出来ていました。
DSCF4146.jpg
ギフトショップでは、父へのお土産が買えました。
DSCF4145.jpg 
DSCF4149.jpg 
つも思う、ここでさくらと写真が撮りたいって。↓
DSCF4138.jpg
こちらはマイペースさくら。

お部屋は快適な暖房完備だったけど、

冷蔵庫のような車庫にいたマイカーに乗り込む前に

お洋服はペティヒートとトレーナーの2枚重ねです。
DSCF4150.jpg
マリティームさんのおやつ食べる?
DSCF4159.jpg 
 食べる 
DSCF4162.jpg 
DSCF4163.jpg 
DSCF4164.jpg 
あーあ、ボロボロこぼして。
DSCF4166.jpg 
まもなく着岸。
DSCF4172.jpg 
DSCF4174.jpg 
乗船した時、ペット連れは一番先だったけど、

下船のときは一番最後です。

係員さんがお声かけしてくださるまで、お部屋で待機となります。
DSCF4191.jpg 
DSCF4190.jpg 
下船したらまず最初にすることは、さくらのおしっこ。
DSCF4192.jpg 
DSCF4193.jpg
ナビの確認。

下船した直後は、現在地がまだ大分港になっています。
DSCF4194.jpg
あっ恥ずかしいからコレを外すのも忘れずに。
DSCF4201.jpg 





長いなが~い九州旅、
最後までお付き合いありがとうございましたぁ
     
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

「さんふらわあ」(大分→神戸)お泊まり(3回目)

本当なら神戸→大分もフェリーで行きたかったのですが

電話予約戦線からあえなく離脱してしまいました。

12/31の大分→神戸は「船に泊まろう」(略して船とま)対象日、

通常よりお安くなるプランだったので、

予約獲得にはかなり気合が入ったものです。

初めての1回目はコチラ 

少ないですが2回目はコチラ 
DSCF4030.jpg 
DSCF4038.jpg
今回のお部屋は62P3、(PはペットのPかしら?)

6階左舷だなんて、船ならではの表現でカッコイイですね。
DSCF4113.jpg 
DSCF4109.jpg 
DSCF4062.jpg 
お部屋の様子はこれまでと全く同じ。
DSCF4040.jpg 
DSCF4052.jpg 
ごはん皿と水飲み皿、ペットシーツはお部屋に用意されています。
DSCF4054.jpg
2段ベッドの上段にはほとんど柵がないので、ちょっと怖いです。
DSCF4039.jpg 
DSCF4051.jpg
だから下段にさくら毛布を敷き詰めて、と。

ほぅら、準備が整いましたよ。
DSCF4043.jpg  
DSCF4048.jpg
出発したばかりですが、私もさくらも(酔うことなく)

調子が良さそうなので、晩ごはんにしましょう。
DSCF4064.jpg
「ポッポおじさんの大分からあげ」さんでお弁当を調達していました。
DSCF4058.jpg
フタを開ける前から、ずぅっといい匂いがしてたんです。
DSCF4055.jpg 
DSCF4056.jpg
さくらも当然わかっていたよね。
DSCF4073.jpg
でも、あげられませ~ん。
DSCF4084.jpg 
 DSCF4070.jpg
DSCF4072.jpg
おにぎりとから揚げ、最高だね♪
DSCF4082.jpg
食後のスイーツはエクレア♡
DSCF4090.jpg 
  酔う心配してたの、誰だっけ
DSCF4049.jpg  
天候が心配で早めに大分港に到着し、

船酔い止めのお薬を事前に飲んでいた私。

この食欲だと、もしかして必要なかったかな?(^^;




いつもご訪問ありがとうございます♡
あと1回で九州旅行は終われそう?
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村

「さんふらわあごーるど」(神戸→大分)お泊まり

さくらと「フェリーさんふらわあ」に乗船するのはこれで2回目。

1回目は復路のみ、大分港→神戸港だったので

往路に神戸港→大分港で利用するのは初めてです。

前回の様子(大分港→神戸港)はコチラ↓

http://plaza.rakuten.co.jp/ofeeria/diary/201005230000/

やっぱり往路のほうが、旅の始まりだからワクワクしますねっ。

DSCF4016.JPG

DSCF1894.JPG

今年の年末休暇に九州へ行こうと決めたのは半年も前のことで

着々と宿予約を準備していたものの、乗船予約が出来たのは2ヶ月前からでした。

12月28日の予約をとるのに10月28日の午前9時ジャストに電話しましたよ。

HPでインターネット予約も可能ですが

「ウィズペットルーム」をゲットするには確実にいかないとね。

DSCF3887.JPG

DSCF3879.JPG

関西汽船の敷地内に入った途端に、駐車場の警備員さんから指示があります。

わんこ連れで乗船することを告げると、貼紙を渡され、

所定のライン(乗船順番)に停車するように言われます。

DSCF3890.JPG

いったん停車すると、乗船の合図(放送)があるまでは運転手も自由にできます。

私はここで乗船手続きへ。

DSCF3891.JPG

DSCF3977.JPG

これが、お部屋のカードキー↓

DSCF3892.JPG

待ち時間を利用してさくらのお散歩も出来ます。

DSCF3978.JPG

DSCF4006.JPG

DSCF4010.JPG

とっぷりと日が暮れて、さぁ!乗船開始です。

DSCF5424.JPG

フェリー会社によるのだと思いますが、こちらは車から降りると

お部屋まで(キャリーバック等に入れないで)抱っこOKでしたよ。

いかにも大型客船って感じの、広々としたスペースが魅力的なさんふらわあ。

DSCF4017.JPG

DSCF5393.JPG

DSCF5415.JPG

今回は「62P1」のお部屋でしたが、前回と同じ全く間取りなのでつまんないかも。

DSCF5428.JPG

DSCF5446.JPG

DSCF5445.JPG

お部屋で自由になって、お耳と尻尾フリフリ、ご機嫌のさくら。

やっぱり、「いっしょ」が嬉しいね。֥ϡ

DSCF5484.JPG

DSCF5567.JPG

DSCF5453.JPG

フェリーにレストランもありますが、

夕食は、神戸阪急地下食品売り場で買っておきました。

DSCF5471.JPG

また、ハンバーグ?

主人いわく、売れ残りで激安だったんだって。å

DSCF5470.JPG

これ、超うま。↓

DSCF5476.JPG

さくらにも、持参したごはんをあげて(ともさん、これがグゥードですよå

DSCF5661.JPG

一段落したころ、さくらが吐いた!(◎o◎)!うそっ!!ۤʤ

ビックリしたけど、そのあとケロリとしていたので平気みたい。ほっ。

DSCF5468.JPG

DSCF5423.JPG

DSCF5557.JPG

このあと明石海峡大橋をくぐるのを見届けてから、眠りにおちました。

DSCF5571.JPG

翌朝、大分港の到着予定時間を知らせる船内放送で目が覚めます。

大分港到着は定刻どおり6時20分。

わんこ連れの下船は一番最後だけど、日の出にはじゅうぶん間に合いました。

DSCF5572.JPG

DSCF5630.JPG

訪問時・・・2011.12

にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村


「シルバーフェリーはちのへ」(八戸→苫小牧)お泊まり

北海道へ渡るための交通手段を考えたとき、

わんこ連れならやはりマイカーが一番だと主人が言うのですが

多くのフェリー会社が掲げる、「通常ペットは車内残留」という条件は

私にとって全くの問題外でした。

さくらは外でしか糞尿をしない子なので、乗船時間が長過ぎるのも困ります。

川崎近海汽船シルバーフェリーには、占有貸切で申し込むと

わんこと一緒に居られる1等船室が2部屋だけありました。

その中でも「フェリーはちのへ」は八戸港出発が22時、

苫小牧港到着は翌日7時、航海時間9時間という理想的な航路でした。

八戸までひとりで運転してくれる主人にも休んでもらうことが出来ます。

ただ1等船室は4人部屋なので、2名分の室料に加算して

さらに2名分の室料75%を負担しなければなりません。

けっこうな金額になりますが、京都から八戸までは車中泊でしたから

さくらと一緒にホテルに泊まったと思えば納得がいきます。

「フェリーはちのへ」で心配だったのは船酔いです。

GWに乗った「さんふらわあ」は、それはもう快適な船旅でした。

「フェリーはちのへ」は「さんふらわあ」よりも小さい上に老朽化した船舶で

揺れを最小限に抑えてくれる最新システムは備わっていなさそうでした。

私は先月めまい発作に倒れ、今も通院と投薬を続けているのですが

この旅行に備えて特に万全の体制で臨みました。

DSCF5571.JPG

八戸港フェリーターミナル↓

DSCF5445.JPG

90分前に乗船手続きを済ませます。

DSCF5452.JPG

DSCF5567.JPG

フェリーはちのへ↓

DSCF5446.JPG

さくらと一緒にお出かけするときは、

いつもキャンバス地のショルダーキャリーバックですが

DSCF5476.JPG

今回はハードキャリーを持参していきました。

このハードキャリーは、自宅にいるときには「さくらのお部屋」です。

持ちにくいので、滅多に外へ持ち出しませんが

基本「船室内ではケージから出してはいけない」ことになっていたので

ショルダーキャリーバックよりも少し大きいハードキャリーが大活躍でした。

DSCF5481.JPG

DSCF5484.JPG

20時半になると、運転手(主人)とペット(さくら)はマイカーで乗船、

その他の人(私)は21時から徒歩で乗船しなくてはなりません。

ここでさくらと私は一時離ればなれになってしまいます。

おとうさんがいるのに、クゥン、クゥンと悲しい声をあげるさくら(>_<)

DSCF5453.JPG

DSCF5454.JPG

DSCF5468.JPG

DSCF5470.JPG

一等船室↓

一等と聞いてちょっと期待してたんだけど・・・

ソファは穴だらけ、古さは否めない。

DSCF5630.JPG

DSCF5712.JPG

DSCF5663.JPG

DSCF5661.JPG

液晶テレビと空気清浄機は新しかった。

DSCF5799.JPG

船室に持ち込んだ荷物はこれだけ。↓

前もって最低限必要なものを詰めておきました。

DSCF5775.JPG

ゴハンやお水を飲むときは出してもOK。

船室に入ってから特に係員のチェックはありません。

DSCF5800.JPG

利用しなかったけど、船内レストラン↓

DSCF5801.JPG

DSCF5802.JPG

トイレ↓

至る所にぶら下がっていた青い袋が、恐怖を誘う。

「どんだけ酔うんだ!?」

DSCF5805.JPG

おかげさまで、お薬には眠くなる成分が入っているので、

部屋を暗くするとすぐに眠気が。

心配していた波はとても穏やかで、朝までぐっすり眠ることが出来ました。

DSCF5806.JPG

DSCF5807.JPG

DSCF5808.JPG

あっという間に下船の時間です。

下船時は徒歩で乗船した私も、さくらと一緒にマイカーに乗ったまま、下りれます。

DSCF5809.JPG

DSCF5844.JPG

「フェリーはちのへ」は平成24年度に新型に代わる予定があるとか。

こんな穏やかな船旅なら、平成24年度以降に再び乗ってみたいです。

DSCF5849.JPG

苫小牧港、北海道上陸。

さぁ、これからまだまだ旅は続きます。

訪問時・・・2010.8



カレンダー

01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在経過観察中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ