いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲストハウス サンディーズ」(朝食編)

いよいよGW旅行記最終回です。
いつもながら、とっても長くかかってしまってごめんなさい
DSCF7634_20170730114640802.jpg  
DSCF7628_201707301147583d1.jpg  
IMG_0434.jpg   
お宿は剣ヶ峯ペンション村にあるから
周りは可愛いペンションがいっぱい。
DSCF7630_20170730114758004.jpg  
DSCF7633_20170730114757786.jpg  
DSCF7623.jpg  
DSCF7624.jpg  
DSCF7626.jpg
他にもわんことお泊まりできるお宿がいくつかあるので
朝んぽ中のワンズにたくさん出会いましたよ。
IMG_0446.jpg  
IMG_0450.jpg
思い切り避けてるけど。
DSCF7627_20170730114756287.jpg
ほとんどお写真を撮れなかったけど、フレンチブルちゃんに出会った時は
どこにお泊まりか尋ねてみたらすぐ近くの「ドナルドペンション」さん。
気になっていたお宿だったので、思わず聞き込み調査しちゃった。
DSCF7618_2017073011512301c.jpg  
DSCF7617.jpg
お宿に戻ってきて、
IMG_0469.jpg
「そういえばデッキテラスへ行ったことが無かったね」と、指さし案内。
IMG_0473.jpg  
IMG_0477.jpg
私が先頭きると、さくらが付いてきます。
IMG_0482.jpg
主人に下から撮ってもらったけど、肝心の上から撮るのを忘れちゃった。
うん、見晴らしは良かったよ。
IMG_0499.jpg  
IMG_0498.jpg
お部屋に戻ってさくらの朝ごはん。
DSCF7641_20170730115407e36.jpg  
DSCF7643.jpg
8時になるとダイニングで私たちも朝ごはん。
DSCF7491.jpg
夜は撮り損ねたダイニングはこんな感じ。
DSCF7655.jpg  
DSCF7675_20170730115605410.jpg 
DSCF7676_2017073011540590c.jpg    
曇っているけど、磐梯山はちゃんとお顔を見せてくれました。
DSCF7666.jpg
夕食と同じテーブルでいただきます。
DSCF7678_20170730120040588.jpg
私が座った椅子は、三角の背もたれクッション付き。
DSCF7654_20170730115603c0b.jpg 
うっわー、朝からなんて豪勢なの 
DSCF7647_20170730115406fc8.jpg  
DSCF7648_20170730115928ee8.jpg  
DSCF7651.jpg
朝からてんこ盛り温野菜。
DSCF7662.jpg  
DSCF7659.jpg
どこから攻めていけばいいのか、迷っちゃうね。
DSCF7664.jpg  
DSCF7656.jpg  
DSCF7657.jpg  
DSCF7663.jpg    
プチトマトが色鮮やかで美しい 
DSCF7658.jpg  
トマトは野菜というけれど、こうして見るとすっかりフルーツだよね。
 DSCF7669.jpg
とろろはご飯にかけるのが好き。
DSCF7660.jpg  
DSCF7672_20170730120915e9f.jpg
飲んべぇには欠かせない朝のしじみ汁。
DSCF7661.jpg 
朝食後もリビングで、思う存分まったりとね。
チェックアウトが10時なのが悲しいけど。
DSCF7682_20170730121622143.jpg  
DSCF7683.jpg  
DSCF7681.jpg 
床にある格子の隙間が、ちょっと気になる。
もしもさくらが足を踏み外しても、身体は落ちないはず
DSCF7608_20170730121623a3a.jpg  
DSCF7502.jpg
ここからマッサージチェアが見えるので
使用中の有無が確認できるのはいいかも。
DSCF7680_20170730121622e65.jpg 
そろそろ荷物の搬出を始めましょうか。
DSCF7685.jpg
お別れぎわに、サンディくんと記念撮影をお願いしました。
DSCF7713_201707301219173b9.jpg
車中泊含む8泊9日の長い旅。
何となく始まった「なんちゃってGW北海道旅行計画」でしたが
思い切って行ってみて良かった。
さくらにはかなり無理をさせてしまったけれど
こうして実現できたこと、たくさんの思い出とともに
無事に帰って来れて、とても嬉しく思っています。
DSCF7714_20170730121917479.jpg
また、行けるといいなぁ。
長らくのお付き合いありがとうございました。
DSCF7716.jpg



ちゃんとお宿に泊まれたのは5泊しかないけど
往復の中継宿に福島を選んだことも、
我ながらグッジョブだったと自画自賛
        

にほんブログ村

スポンサーサイト

「ゲストハウス サンディーズ」(夕食編)

GWの裏磐梯には、まだ溶けきれない雪の残骸が。
DSCF7458.jpg  
DSCF7481.jpg
お宿の駐車場のはじっこで、サンディくんと仲良く?
お散歩も出来ました。
DSCF7453_2017072321013579f.jpg  
DSCF7454_20170723210135686.jpg
フロントの右側通路の先には、内鍵施錠タイプの
貸切家族風呂があります。
DSCF7500.jpg  
DSCF7469.jpg
以前は2カ所あったのですが
今はこちらの1カ所だけになっていました。
DSCF7470.jpg  
DSCF7471.jpg  
DSCF7473.jpg
無くなったほうはどんなお風呂だったか、もう記憶にないのですが
お気に入りだった十和田石とヒバ材を使ったお風呂が残ってて嬉しい。
ほのぼのわんこさん、お久しぶりです。
DSCF7472.jpg
お風呂から上がったらリビングで休憩するのも良し、
DSCF7496_20170723210346577.jpg  
DSCF7607.jpg
お部屋と同じ階にあるマッサージチェアを利用するのも良し、
DSCF7645_20170723210556fc6.jpg  
DSCF7646_201707232105559b1.jpg  
DSCF7508.jpg
お部屋にもティーセットがありますが
廊下にもこんな嬉しい気配りが。
DSCF7614.jpg
私がごはんの準備をしていることに気付くと
DSCF7485.jpg  
ずいっと寄ってきてくれるのは
DSCF7487.jpg  
とってもジャマだけど、とっても嬉しいこと。
 DSCF7488.jpg
「おなかが空いた」っていう健康の合図だものね。
 DSCF7489.jpg 
だんだん陽が暮れてきましたね。
DSCF7520.jpg
障子窓を閉めると、こんな感じになります。
DSCF7527.jpg
私たちも、とっても楽しみにしていた夕食へ。
フロントの左側にダイニングがあります。
DSCF7601.jpg
窓際の半楕円形のようなテーブル席で、とりあえずビール。
DSCF7538_20170723210733cd1.jpg  
DSCF7537.jpg  
DSCF7530_20170723211049f04.jpg
スポットライトが、お料理を演出してくれています。
DSCF7536_20170723211216657.jpg
会津名物の「こづゆ」。
DSCF7533.jpg
お品書きが無いので、何をいただいたのかもう忘れてしまったけれど
お酒好きの方にとっても合う、和風創作料理が続きます。
DSCF7534.jpg
お酒好きじゃなくってもとっても美味しいんですよ。
お料理が盛られた器もまた、どれもお洒落で美しい。
DSCF7535_20170723211215a7d.jpg
椀物。
DSCF7539.jpg 
最初にいただいた日本酒は、純米大吟醸「結」。
私はほとんど飲めないので、主人のを味見させてもらっただけ。
DSCF7544_20170723211346b5b.jpg
感想ですか? 日本酒ぅ~っていうお味でした。
バカ舌でスミマセン
DSCF7546_20170723211345947.jpg
馬刺しも会津名物のひとつ。
DSCF7552_2017072321134553f.jpg
春を感じさせるたけのこ。
チーズを絡ませてあるのが、また堪らん。
DSCF7554_20170723212019a37.jpg
和牛Aランクのトマトしゃぶしゃぶ。
DSCF7558_20170723212018a1e.jpg  
DSCF7560_2017072321201833b.jpg
鍋料理にトマトを入れること自体が初体験でしたよ。
DSCF7570.jpg  
DSCF7574.jpg  
DSCF7575.jpg  
DSCF7572.jpg
生玉子を割って、いただきます。
DSCF7577.jpg
2杯目にいただいた大吟醸「泉川」は会津限定ものですって。
お酒には疎い私にも、これは飲みやすく感じられました。
ほっといたら危険なくらい飲んでしまいそう。
(ワインでグルグルめまい、病院へ搬送された経験あり)
DSCF7567.jpg  
DSCF7569.jpg
ホタルイカもお酒のアテにピッタリですね。。
DSCF7579.jpg
 むにゃ?
DSCF7582.jpg
まだ食べ終わらないの?とでも言いたげなさくら。
DSCF7584.jpg
たけのこ御飯。
DSCF7585.jpg
デザートの「生麩まんじゅう」も、素晴らしく美味しかったです。
DSCF7588.jpg  
DSCF7591.jpg
静寂で照明が暗めなのも大人の宿ならでは。
美味しいお酒をいただいたら沈没してしまうのも納得です。
小学生以下のお子様は宿泊をお断りされるそうですよ。
DSCF7593.jpg  
DSCF7596.jpg
暗くて分かりづらいけど。椅子の上にさくらがいます。
DSCF7603_20170723212715f8f.jpg  
DSCF7599.jpg
こらこら、ここはまだお部屋じゃないから熟睡しないで。
すっごく気持ちは分かるけど、ね。
DSCF7594.jpg


8年という時の流れを感じさせないほど、
6年前の大震災を忘れてしまいそうになるくらい
以前と変わらず美しいまま、美味しいままで嬉しかったぁ
うつくしま福島、ありがとう
       

にほんブログ村



「ゲストハウス サンディーズ」お泊まり(2回目)

往路と同じ福島県に中継宿をとったのは
8年ぶりに訪れることにした「ゲストハウス サンディーズ」さん。
是非もう一度行ってみたい、と常々思ってはいたけど
やはり福島は遠くて、他にも泊まってみたいところがあって、と
なかなかタイミングが合わないでいたんです。
オーナーさんのこだわりがいっぱい詰まったこちらのお宿に
やっと、来ることが出来ました
DSCF7456.jpg 
DSCF7634.jpg
さくらが玄関で立ち往生くらってるのは
DSCF7459.jpg
ここに看板犬のセントバーナード、サンディーくんがいるから。
DSCF7461_201707192056550ce.jpg
 うぇ〜ん
DSCF7462.jpg
玄関わきにある、わんこの足洗い場。
DSCF7639.jpg 
DSCF7638.jpg
サンディーズさんは階段がやたら多いのが特徴で
玄関からフロントまで、
DSCF7492_20170719205654b71.jpg
フロントからリビングまで、
DSCF7495.jpg 
DSCF7503.jpg 
DSCF7499.jpg  
リビングからお部屋まで、と階段が続きます。
だからお部屋からの景色は最高なんだけど
荷物の多いわが家はこれを何回往復したかわかりません
DSCF7505.jpg
それでも再びこのお宿にやってきたのは
それ以上に満足させてくれる理由があるから
DSCF7513_20170719210405f88.jpg 
DSCF7465_201707192106387dd.jpg
お部屋はスタンダード212号室。
デラックスに泊まってみたかったけど、さすがにGWは難しいみたい。
DSCF7644.jpg 
DSCF7708.jpg 
DSCF7696.jpg
入口ドアからすぐにベッドという手狭さだけど
ダークブラウンの床と腰壁が、大人の雰囲気を漂わせて落ち着きます。
DSCF7452_20170719211129c5b.jpg
真っ白なレースのベッドカバーが素敵。
DSCF7441.jpg
お願いだから飛び乗らないでね
爪を引っ掛けでもしたら、レースが大変だから。
DSCF7707.jpg
あらなぁに、反論でもしそうなお顔しちゃって。
DSCF7474.jpg
テレビはなかなかの大きさ。
DSCF7448_2017071921141770a.jpg
ここに段差があります、気を付けて。
DSCF7444.jpg 
DSCF7447_20170719211417482.jpg
こうやって見ると細長いお部屋だね。
DSCF7698.jpg
洗面所とトイレが一緒。
お風呂はお部屋に無く、空いていればいつでも入れるお風呂が
別の階にあります。
DSCF7437.jpg  
ひゃ~小石が繊細に組まれていますよ。
DSCF7691.jpg
私がトイレに入ると必ず付いてくるストーカめ。
DSCF7686_201707192120060da.jpg
冷蔵庫はからっぽだけど、小さくてもあるだけ有難い。
DSCF7694_20170719211802ee8.jpg 
DSCF7695_20170719211801ab0.jpg
8年ぶりでもお部屋の嫌な匂いは全くしません。
DSCF7699_201707192118013dd.jpg
だから快適にくつろげるね。
DSCF7476_201707192122149b8.jpg
るん(^^♪
DSCF7479_201707192122144c0.jpg
窓からの景色は磐梯山が望めます。
下に見える白いのは、雪かきの名残り。
DSCF7450.jpg



トイレをのぞき見、ストーカーさくらさん
        

にほんブログ村


東山温泉「庄助の宿瀧の湯」(朝食編)

翌朝の5時42分、会津若松市の空は曇り、気温は4℃。
京都市の温度が11℃ですから、その差は大きいですね。
(注:ニセコには寄ってませーん、参考目安ね)
DSCF6049_20170520231705d7d.jpg
旅先では自然と早起きになってしまうけど
この日は青森港22:25発のフェリーに間に合えばいいんです。
朝の始まりはお散歩へ。
DSCF6054_20170520230010871.jpg  
DSCF6067.jpg  
IMG_0073_201705202300090fb.jpg
お宿は緩やかな坂の途中にありましたから
右手にはまだずっと上り坂が続いていました。
さくらが自分で選んだ方向は、左手の下り坂のほう。
DSCF6064.jpg
   こっち
DSCF6065.jpg
はいはい
IMG_0040_20170520230152aab.jpg  
DSCF6063.jpg
渓流へ近づける階段を発見しましたが
前日の夜に降った雨でぬかるんでいたため、引き返すことに。
DSCF6059.jpg  
DSCF6060_2017052023015047f.jpg  
DSCF6061.jpg
坂道の100m下で、お宿の看板を発見。
DSCF6062_201705202301517e5.jpg
遠目から眺める老舗のお宿に貫禄があります。
DSCF6056_20170520230416a8a.jpg
お部屋に帰る前に、足湯とわんこ温泉に立ち寄りました。
マイナスイオンいっぱいで清々しいのだけど、
さくらの気分はそうじゃないみたい。
IMG_0087_20170520230414a89.jpg  
DSCF6073_201705202310363f6.jpg  
DSCF6074_20170520230415300.jpg
お水が苦手なさくら、渓流を見たら怖気づいてしまったね。
眼がオドオドしてる
IMG_0078_201705202304141b5.jpg
おとうさんが温泉に行ってる間に、さくらは朝ごはん。
私もこのあと交代で温泉に行けました。
DSCF6077_201705202304148b8.jpg
朝食は、2階のバイキング会場「おはら亭」でいただきます。
さくらは連れて行けないので、
予約時から夫婦交代で行きたいと申告していました。
混み合うGWでご迷惑なら主人だけでも、と。
DSCF6080_2017052023063696c.jpg  
DSCF6081.jpg
するとチェックイン時にそれはきちんと引き継がれてあって
朝食会場でも係りの方に「わんちゃん連れのお客様ですね」
と、とても気持ちの良い対応を受けました
DSCF6082.jpg
7時から開いている朝食会場は、畳の大広間に
ダイニングスタイルのテーブルと椅子がずらっと並んでいました。
家族連れで混雑していましたが
小さいテーブル(2人掛け用)もあって、
一人で利用しやすいのが嬉しい。
DSCF6091.jpg
人がいっぱいで写真がこれだけしか撮れなかったですが
ごはんが進みそうなお惣菜がいっぱいの「おふくろバイキング」。
そばに作り手の「おふくろさん」の顔写真が並んでるんですよ。
あっ、夕食でお給仕してくれた人だ
DSCF6083_20170520230635294.jpg
お椀にあるのは、つきたてのお餅。
白ごはんを諦めて、きなこと黒ゴマをチョイスしました。
DSCF6085_20170520230634b2c.jpg  
DSCF6087_201705202306345d7.jpg
他にも、餡子や大根おろしも気になって仕方がなかったぁ。
DSCF6088.jpg
7時台に精算しておいたので、チェックアウトは鍵を返却するだけ。
DSCF6103.jpg
10時前には気温が10℃まで上がりました。
DSCF6106.jpg
   次はどこへ行くの?
DSCF6131_20170520230807c9e.jpg
もちろん青森市内まで、レッツラゴー(^^♪



今日のさくら地方は32℃の真夏日!?
GW初めの頃の気温に戻りたい~
そろそろ暑さ対策始めないとね!
    

にほんブログ村

東山温泉「庄助の宿瀧の湯」(夕食編)

私が大浴場に行く前、玄関と和室の仕切り戸を閉められちゃったさくら。
DSCF5974.jpg  
DSCF5954.jpg
帰って来たら、こーんなに元気にお迎えしてくれました。
って、留守にしたのはせいぜい30分くらいなんだけど?
(30分が合計3回くらいあったけどね)
DSCF5960_20170518215405c98.jpg  
DSCF5957_20170518215404579.jpg
うゎん、うゎん 
DSCF5959_20170518215403bf8.jpg
はい、はい、わかったってば。
DSCF5963.jpg
ひとしきり騒いだあとは、ちーん。(鎮)
動と静の差が極端に激しい奴め。
DSCF5971_20170518215534eb4.jpg
騒いでノドかない?お水あるよ。
コレね、旅行前に入手した優れモノ。
DSCF5964_201705182155342b4.jpg
ペットボトルは既製品(お茶とか入ってたやつ)ですが
入手したのはキャップに取り付けできるコップのほうです。
DSCF5966.jpg
以前使ってた水筒はお気に入りだったけど、長く使いすぎて
不衛生になったから、コレに変えました。
DSCF5965.jpg
テーブルの上に載っている見慣れぬもの、気になりませんか?
夕食にはまだ早いけど、蒸し器と着火マン?
DSCF5967_20170518215532a28.jpg
蓋を開けると、お饅頭が2個。
DSCF5970_20170518215532779.jpg
ライターで固形燃料に火を点けて・・・
DSCF5982_20170518215851abe.jpg
おおっ、蒸し饅頭の出来上がり(≧▽≦)
DSCF5983_20170518215850044.jpg
あっちっち、でもうまい!
DSCF5985_20170518215850a18.jpg
さくらもいつもの夕食にしようね。
DSCF5975.jpg
美味しかった~!!のサイン。
DSCF5979_20170518215849629.jpg  
DSCF5980_2017051821584861b.jpg
夕食は18時半からお部屋食です。
粋のいいお姐さんが、チャキチャキと手際よく配膳してくださいました。
DSCF5999_201705182201437ba.jpg
とても品数が多いんだけど、テーブルが大きくて伝わってないかも。
DSCF5986_20170518220143bc9.jpg
4月29日は結婚記念日だったので、ここでもお酒のサービスが。
でも庄助通貨でビールを飲んじゃったから、お酒までたどり着けず
結局は「お持ち帰り」になりました(^^;
DSCF6004_20170518220305dfe.jpg
おしながきには、ただ「卯月のお献立」と書かれているだけでなく
「心あったか会津料理」ですって、ほっこりしますね。
DSCF60066.jpg  
DSCF5990_20170518220142dc5.jpg
お刺身は、「川の造り」。
鯉は苦手だけど鱒は好き。
DSCF5989_20170518220141a44.jpg
田楽をいただくのって、久しぶり。
京都でも、よもぎ麩や生揚げはいただけますがお高くって。
DSCF5993_201705182201423da.jpg
「庄助あわゆき鍋」は豆乳とり鍋。
DSCF5988_201705182205262df.jpg  
DSCF6009.jpg
「炊き合わせ」。
DSCF6005.jpg
「福島牛朴葉焼」。
DSCF6013.jpg
「たけのこ御飯」、旬ですねぇ。
DSCF6012_20170518220720f43.jpg
デザートは梨のシャーベット。
DSCF6018.jpg
ご飯とデザートのタイミング、食事終了の旨を
いちいち内線電話でお願いする手間がありますが
最初に配膳してくれた同じお姐さんがすべて担当してくださって
一生懸命さが伝わってきました。
(呼び出しの携帯電話?がピーピー鳴ってるんだもの、気の毒で)
DSCF6011.jpg
食事の片づけと入れ替わりに、お部屋にお布団が敷かれました。
寝る前に、さくらのトイレのために外へ。
DSCF6027_2017051822071932b.jpg
旅館というより立派なホテルの構えですね。
DSCF6036_2017051822071921f.jpg  
DSCF6026_2017051822085503a.jpg  
DSCF6024_20170518220854364.jpg
以前は能舞台「花心殿」へ実際に人が上がって舞を見せたそうですが
今は残念ながらお休みされているそうです。
代わりに、ラウンジで会津の歴史を語る紙芝居が催されていました。
DSCF6039_20170518220852c56.jpg
お散歩の帰りに(遠慮がちに)ちょっと遠目で覗いただけで
DSCF6037_201705182208530e0.jpg
翌日の長距離移動に備えて、早めの就寝となりました。
DSCF6043_20170518223426a61.jpg  
DSCF6045_20170518221014a53.jpg




1日めから至れり尽くせり超贅沢な気分(^^♪
夕食はどれもおなかに優しい郷土料理、
会津を満喫した夜でした
    

にほんブログ村


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。