いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百箇日を迎えました

さくらが逝って100日が経ちました。
特別なことは何もしないけど、ちょうど日曜日なので
ずっとそばにいてあげることくらいなら出来ます。
古い友人からは可愛いさくら色のプリザードフラワーが届き、
祈りの場所が、ぱぁっと明るく華やかになりました。
IMG_0668.jpg
百箇日は「卒哭忌」とも言い
嘆き悲しむのは100日でお終い、という意味があるとか。
いつまでも立ち直れない人を想っての叱咤激励なのでしょうけれど
そう簡単に涙が止まるなら苦労はしませんって。(苦笑)
DSCF7906 (2)



おりしも来年は戌年、
そこらじゅうでワンコが目に入ってきて困っちゃうね

にほんブログ村
スポンサーサイト

3回目の月命日

毎年この時期になると
青森りんごのおすそ分けをくれる友人がいます。

彼女のご主人のご実家がりんご農家さんで
たくさん送ってくるから食べきれないので手伝って、と
私にとってはとてもありがたいお願いをされます。
IMG_0386.jpg
彼女とは以前の仕事場で知り合い、
苦楽をともにしてきた同志でもあって
旅行で休みたい時には、いつも助けてもらいました。

彼女には今年10歳になる息子さんがいて(ヒト科)
当時からさくらのことをヒトの子のように話すイタイ私に
まるでママ友のように接してくれる、優しい友人です。

ご近所同士にもかかわらず、私が仕事を変えてからは
お互い忙しくてなんとなく疎遠になっていたのですが
この時期には必ず彼女のほうから連絡をくれるんです。
IMG_0660_20171202231353adf.jpg
ゆうべ久しぶりにメールで連絡をとりあうと
そこではじめて私は彼女に、
最愛の娘さくらを亡くしたことを打ち明けたのでした。
IMG_0648.jpg
今日りんごを届けてくれた彼女は、大きな花束を抱えて現れました。
「これはさくらちゃんに」
IMG_0644.jpg
たまたま3回目の月命日だったのですが
彼女がやってきたのは、あの日と同じ土曜日の3時過ぎ。
なんともスピリチュアルな偶然が重なったのでした。
DSCF0650-012 (2)  



さくらのいなくなったブログに
今日もご訪問いただきましてありがとうございます

にほんブログ村

法要祭に行ってきました

ペット霊園から秋の法要祭のご案内が届きました。

最後にお別れした時は、テープで録音されたお経が流れていたのですが
年に3回行われる法要祭では、実際に僧侶さまがお見えになって
生のお経をあげてくださるのだそうです。

霊園にお墓を持たない家族でも参加できると聞いたので
キャリーバッグに骨壷をそぉっと詰めて、主人と一緒に行ってきました。
 IMG_0349_20171113204314bed.jpg
到着した時にはすでに、ひとつ前のグループの読経が中盤くらい。
それが終わると次のグループの卒塔婆が運ばれてきて、
3人いらっしゃる僧侶さまの前に20枚くらい陳列されました。
その中に、さくらの名前がありました。
お経とともに、亡きペットたちの名前を順番に詠み上げてくださいます。
IMG_0352_20171113204452144.jpg
法要が終わったら、それぞれの家族が卒塔婆をお墓に供えるのですが
さくらのようにお墓を持たない子たちには、
所定の場所が設けられていました。

合掌しているときは、さくらへの思いが溢れてきて困るほどだったのに
不謹慎にも可笑しくて微笑ましかったのが、
ペットたちのユニークなネーミング。
IMG_035000.jpg  
さくらの塔婆は、ベストネーミング賞をあげたい名前の子の隣に
掲げさせていただきました。
IMG_035111.jpg  
いつもさくらのことを想っているよ、と祈りを込めて。
DSCF3928 (2)
神聖な場所なので写真はほとんど撮りませんでしたが
そんなに広くない敷地に駐車場待ちの車の列ができるほど、
大勢の人たちが途絶えることなく訪れていました。

さらにその足で、以前から気になっていた
「ペットと入れる樹木葬」が出来る霊園を訪問。
突然伺ったにもかかわらず、丁寧な説明付きで見学できました。
見学だけでスミマセン ・・・
IMG_0363_2017111320460829d.jpg
興味のある方はコチラ



さくらのいなくなったブログに
今日もご訪問いただきましてありがとうございます

にほんブログ村


2回目の月命日

毎月2日はさくらの月命日。
まだ2回目だけど、月命日よりも
さくらが逝った土曜日のほうが、けっこう堪えます。
IMG_0241.jpg
四十九日をとっくに過ぎた今でも、さくらの遺骨は手元に置いたまま。
人見知りのあの子には、ずっと私がついててあげなくちゃ。

2.5寸(供養台用)と2寸(持ち運び手元用)の骨壷に分骨して
ふだんは祈りの場所に、隣り合わせで並べていますが
夜になると2寸のほうだけ、寝室の枕元に置いて一緒に寝ています。
IMG_0248_20171102235323681.jpg   
2寸を包み込んださくら色のふわもこ耳型カバーは
癒しのペット骨壷ReBone」さんで買い求めました。
おリボンには名前と命日がプリントされています。
尻尾も付いてるんですよ(笑)




ご紹介が遅れてしまいましたが、
さくらのために、お友達からたくさんの可愛いお花が届いていました。
本当にありがとうございました。

にほんブログ村

四十九日を迎えました

わんこの世界に四十九日の概念は無いのかもしれませんが
これもひとつの節目と思い、今日のお仕事は休暇をとりました。

DSCF78044.jpg

さくらがいなくなったのに
今日もご訪問くださってありがとうございます。

このブログで私の生存確認をしてくれる友人もいるので(苦笑)
ひさしぶりに更新してみることにしました。
ご心配をおかけしてすみません。


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

2017年9月2日、
お空に旅立ちました

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。