いつもさくらといっしょ

愛犬さくらといつも一緒のおでかけ日記

ザ・レイクビューTOYA「乃の風リゾート」(のんびり編)

乃の風さんに2連泊のわが家は
隣近所が慌ただしくチェックアウト準備に忙しくされているあいだも
のんびり、まったり過ごすことが出来ました。
DSCF6920_2017062720002580d.jpg  
DSCF6921.jpg
復路もハンパない距離を運転してくれる主人の、つかの間の休息ですな。
DSCF6922_2017062720002486b.jpg
お部屋でゆっくり過ごしたり
DSCF6931_201706272000241b3.jpg
館内のペットショップで記念撮影もしたよ。
DSCF6892_20170627200023c33.jpg  
DSCF6893.jpg
空いていれば無料で、誰でも撮影できるんだって。
DSCF6899.jpg
北海道のコンビニ、といえば!のセイコーマートさんを見学したり
DSCF6913.jpg
ホテルに隣接されている「セレクト108」さんでお買い物したり。
DSCF7098_2017062720014259b.jpg  
DSCF7102_20170627200141206.jpg
私が時間をかけてお土産を見ている頃は
主人は外のテラス席で、さくらと待っていてくれました。
ソフトクリームを食べ終わったあとに、「寒い」 と訴えて
ホットコーヒーを注文していましたね。
DSCF6915.jpg
うっかり昼間の写真を撮り忘れて、夜の写真ですが。
DSCF7019.jpg  
DSCF7015_201706272003014ce.jpg
昼間はここに、テーブルセットが並んでいたんです。
DSCF7016_2017062720030118f.jpg  
DSCF7018_20170627200300479.jpg
私セレクトの北海道土産を一部ご紹介します。
乃の風さんのプライベートブランド?「メイプルロールケーキ」。
DSCF6935_2017062720030071d.jpg
北海道限定「札幌おかき焼きとうきび」。
DSCF6936.jpg
大好き!「じゃがポックル」。
DSCF6937_20170627200259aec.jpg
超定番!「マルセイバターサンド」と「白い恋人たち」。
DSCF6938.jpg  
DSCF6939_20170627200416b37.jpg
小熊の可愛さにズッキュン、「バター醤油味ラーメン」。
DSCF6940.jpg  
DSCF6941.jpg
こちらも「熊出没注意の北海道ラーメン」塩・醤油・味噌の3種類。
DSCF6942_20170627200414d3a.jpg
「さっぽろ純連みそ」。
DSCF6943_20170627200414faf.jpg
「噴火湾産ほたて味噌汁」。
DSCF6947.jpg
 いっぱい買ったね
DSCF6945.jpg
ほんの一部ですぅ、ほほほ




北海道に来たらつい財布のヒモも緩んじゃうわぁ
お取り寄せしたら送料代がバカにならないですよねぇ
        

にほんブログ村

ザ・レイクビューTOYA「乃の風リゾート」(朝食編)

洞爺湖で清々しい朝を迎えました。
DSCF6827.jpg
湖面に逆さ(蝦夷)富士がくっきり見えます。
DSCF6828_20170625201625a7b.jpg
いざ、お散歩に出かけよう。
DSCF6832_20170625201731062.jpg  
DSCF6836_201706252016313f0.jpg  
DSCF6833.jpg
お部屋のテラスを出発地点として左の方向へ、
ずんずん歩いて行くと「洞龍の足湯」があります。
早朝だったので、まだお湯が張られていませんでした。
DSCF6837_20170625201902803.jpg 
DSCF6834_20170625201629a08.jpg 
DSCF6835_20170625201630b5d.jpg
こちらは「湖渡る風」という作品だそうです。
このような彫刻作品が洞爺湖の周辺にはたくさんあります。
DSCF6838_201706252019023aa.jpg
記念切手のような写真スポットがありました。
DSCF6840_2017062520190136d.jpg
こら、まだフレームから出るんじゃない。
DSCF6842.jpg
私の頭にちょうど羊蹄山が、かぶっちゃった。
DSCF6845_20170625201901945.jpg
こちらは遊覧船乗り場。
DSCF6846_2017062520190020f.jpg 
DSCF6847_20170625202020305.jpg 
DSCF6851.jpg 
洞爺湖を周遊するほか、離れ小島の「大島」へも行けるらしい。
DSCF6850.jpg
お部屋へ戻って、さくらの朝ゴハンですよ。
DSCF6859.jpg
私たちの朝食は、ロビー階にあるビュッフェレストラン「波の音」。
7時から10時までの間に行けばいいのですが、わんこNGのため
夫婦交代で行かせていただくことをお願いしました。
朝食も夕食と同じ「ウィズ」さんでいただけるようになるといいのにな。
DSCF7033_201706252022375aa.jpg 
DSCF6727_201706252022364e2.jpg
天井が、波のように演出されています。
DSCF6867_2017062520252856f.jpg 
DSCF6884.jpg 
DSCF6863_20170625202528106.jpg 
DSCF6868_20170625202527965.jpg
まず私から。
空いていたので窓際のお席でいただくことにしました。
ここでも、ガラス窓一面にレイクビュー。
DSCF6869.jpg 
DSCF6862.jpg
上の写真の左隅っこに、「ザ・ウインザーホテル洞爺」が写っています。
DSCF6866_20170625202527985.jpg
私のチョイスは洋食。
しばらく和食続きだったので
パン好きの私にはパンのおかわりがたまらない
DSCF6860.jpg
食パンはトースターで焼いたのが好き。
DSCF6870.jpg
食べ放題のパンは小さめに出来ているから
いくらでもおかわり出来ちゃうの。
DSCF6873.jpg
パンケーキは、その場で焼きたてを作っていただけます
DSCF6875_201706252028188c0.jpg 
DSCF6876_20170625203018d53.jpg 
DSCF6878.jpg
「ヨーグルッペ」ってなんだろう、と思ったら
ヤクルトのような甘い乳飲料でした。
おいしいけど飲み過ぎ注意、締めのコーヒーが飲めなくなっちゃった。
DSCF6883.jpg 
DSCF6874.jpg
次は主人の番。
ちょうどペット専用フロアの真上、
大きなガラス張りのところがビュッフェレストランになるんです。
DSCF6925.jpg 
DSCF6928.jpg
だから、お部屋のテラスの外へ出ていると、
DSCF6926.jpg 
DSCF6927.jpg
手を振っている主人を確認できました。
DSCF6910_20170625203404298.jpg 
DSCF6909.jpg
主人が食べていた朝食。
IMG_0341_2017062520301787c.jpg
主人から見たさくらと私。
IMG_0350_201706252030162a9.jpg 
IMG_0345_2017062520301709c.jpg
まだまだワクワクが止まらない、北海道に来て3日めの朝でした。
DSCF6908.jpg



さくらはまったくお父さんに気付いておらず
何をされてるのか、わかってない様子でした
        

にほんブログ村

ザ・レイクビューTOYA「乃の風リゾート」(夜の探検編)

お散歩がてら館内へ探検に行きました。
昼夜でガラッと雰囲気の変わる玄関通路。
DSCF7026_2017062120494883d.jpg  
DSCF7042_20170621205127c4e.jpg
宿泊の人たちは花火鑑賞を終え、
今頃お部屋や温泉で寛いでいるのでしょうか、
ロビーにはほとんど誰もいませんでした。
DSCF7039_20170621205125765.jpg  
わんこ連れにはちょうどいい閑散具合ですよ。
DSCF7032.jpg
ここは、到着した時にいっぱい椅子が並んでいたところ。
椅子はもう無くなっていました。
DSCF7030_20170621205121d1e.jpg
ここは、羊蹄山が真正面に見えていたセレクトギャラリー。
DSCF7028_20170621205120bf7.jpg
今は当然真っ暗闇ですが。
DSCF7031_201706212051226c6.jpg  
DSCF7029_20170621205326e58.jpg
楽しい小物雑貨がたくさん。
DSCF7038_20170621205329c7d.jpg  
DSCF7027_20170621205325bb4.jpg  
DSCF7036_20170621205327b10.jpg  
DSCF7041_20170621205330f8f.jpg
ペット専用フロアに入る手前には、こんな施設もあるんです。
なんと!
スポーツ観戦ライブカフェ。
DSCF7044_20170621205553c91.jpg
正面。
DSCF7045_20170621205554563.jpg
ちょうど野球をやっていましたが、
時間を変えたらバスケのときもありました。
お宿の中にこれだけの規模の立派な施設、初めて見ました。
DSCF7043_20170621205551fc4.jpg  
DSCF7047_201706212110543a2.jpg  
カフェという名前の施設ですが飲食メニューがあるわけではなく
セルフで自販機から飲料を購入して観戦するみたい。
DSCF7046.jpg
そろそろお部屋に帰りましょうね。
DSCF7050_20170621205559553.jpg
さくらはいつも長い廊下でテンションがあがっちゃう。
さっきまで寝ぼけたくせに。
DSCF7053_20170621205600425.jpg  
DSCF7056_20170621205603d9c.jpg
お部屋の灯りを点けたら外から丸見えになってしまうから
カーテンは必須です。
DSCF6817.jpg  
DSCF6826_20170621205829148.jpg
それでは1日めはこのへんで、おやすみなさいませ。
DSCF6816.jpg  
DSCF6815_201706212102213c4.jpg



いつもご訪問ありがとうございます!
更新が遅くて本当にごめんなさい。
今日も大雨の中、せっせと自転車こいで病院行きでした
少しは落ち着いたと思っていたのですが
       

にほんブログ村

ザ・レイクビューTOYA「乃の風リゾート」(夕食編)

さくらの晩ゴハンの時間は、ふだん18時くらい。
DSCF6725.jpg
お泊まりのときは、ほぼ時間どおりあげられます。
DSCF6722_20170619222007e6c.jpg  
DSCF6724.jpg
私たちの夕食は時間を選べたので、
ちょっと遅めの19時からにしました。
レストランは館内にいくつもあるのですが
わが家はもちろん、さくらと同席できる「レストランウィズ」を選択。
お部屋と同じフロアにあるから、往復には便利です。
DSCF7079.jpg  
DSCF6742.jpg
後ろもちゃんと撮っといてよね。
DSCF6728.jpg
なんとこのお宿でも館内利用券をサービスいただいちゃった♪
HPからの予約特典だったかな。
DSCF6726_20170619222136360.jpg
それが地ビールに変身。
DSCF6738_201706192221361df.jpg  
DSCF6740_20170619222135549.jpg
最初に運ばれてきたのは、2段重箱。
DSCF6731.jpg
ひとつめは、和の重。
洞爺湖産大納言のひばり和え、紋別産ボタンエビの大和焼き、
タラの芽ピーナツ味掛け、道産春ニシンの野菜漬け。
DSCF6733.jpg
ふたつめは洋の重。
壮瞥産オロフレトマトの焦がしスプーン、
虎杖浜産ドナルドサーモンの自家製マリネ、
北斗産ウドの黄味ゼリー寄せ。
DSCF6735_201706192223174e1.jpg
並べるとこんな感じ。
大皿1枚ずつなのに、お重に入ってる意味がわかんないけど
美味しいから、まっいいか。
DSCF6736.jpg  
DSCF6741_2017061922213487e.jpg
噴火湾産アブラコ葛たたき。
アブラコって、アイナメのことらしい。
DSCF6744_201706192223166b3.jpg
噴火湾産ヒラメ野菜添え。
DSCF6750.jpg
北海道産本マグロ、厚岸産生ウニ、苫小牧産ホッキ、函館産サワラ、
ツマ四種類。
DSCF6747_20170619222822205.jpg  
DSCF6748.jpg 
DSCF6749.jpg 
DSCF6753_201706192225362d1.jpg
山葵はおろしたてをいただけます。
DSCF6745_201706192223153e2.jpg
ウニはそのままで、マグロは刺身醤油で、
ホッキとサワラは煎酒というお醤油でいただくのがお勧めだそう。
さっそく試してみたらコレがもう美味しくて、
ほとんど煎酒でお刺身食べちゃいました。
DSCF6755.jpg 
DSCF6756.jpg
たけのこ二種の挟み焼き。
DSCF6757.jpg
帆立を挟んだものと、鴨肉を挟んだ筍の二種類でした。
DSCF6758_2017061922282334d.jpg
洞爺湖産黒毛和牛ステーキ シチュー仕立て。
DSCF6760.jpg 
DSCF6763.jpg
お肉がやわらかーい。
DSCF6767_20170619223139a4e.jpg
勇払産蒸し鶏と菜の花の昆布押し 芋酢掛け。
DSCF6769.jpg
道産ブランド米ゆめぴりか。
厚岸産アサリの赤出汁。
DSCF6770.jpg
料理長の手作り漬物四種盛り。
DSCF6771_201706192231391b4.jpg
お品書きに、北海道の地名の〇〇産って書かれてあるので
ああ、北海道の地のものをいただいてるなぁって実感できます
DSCF6729_20170619223345577.jpg
デザートのボリュームもすごかった!
DSCF6777.jpg
登別酪農館のバニラアイス。
手作りいちご豆乳羊羹。
乃の風パティシエの特製ケーキ。
(桜風味のタルト・フロマージュブラン・春いちごのコンポート)
DSCF6776_20170619223429b72.jpg
そして食事が終わろうとした頃、洞爺湖の夜空に花火があがりました。
レストランの照明を消していただいて、コーヒーをいただきながら
最後まで食事していたわが家だけの、窓越しの花火鑑賞になりました。
DSCF6774.jpg
さくらは、椅子の上でぐっすり寝ていて花火の音にはまるで無関心。
ところが2泊目は湖岸で鑑賞したら、花火の轟音にさくらパニック!
撮影どころでは無かったので、花火のまともな写真はこれきりなんです
DSCF6787.jpg




乃の風さんの写真がいっぱいあるので
いつもよりもう少し、お宿ネタが続きそうです
            

にほんブログ村

「乃の風リゾート」(お散歩編①&温泉)

洞爺湖畔の美しい風景に誘われ
溜め込んだ疲れもすっかり忘れて、すぐにお散歩に繰り出しました。
「お天気のいい今のうちに写真を撮ろう」が口癖でしたが
北海道に居た3泊4日の全てが、素晴らしく良いお天気だったんです。
DSCF6668_20170617093034895.jpg 
IMG_0157_2017061709303277d.jpg
テラスからひょいと湖畔に出れますが
IMG_0254.jpg
残念ながら外から鍵をかけれないので
全員でここから出かけることはできません。
DSCF6666.jpg
テラスから専用庭。
IMG_0292_20170617093032d9e.jpg
その先には囲いや仕切りが無くて、
いきなり地元の方や観光客が行き交う公道です。
DSCF6686_20170617093033d92.jpg
さくらを撮ってるのは主人。
 IMG_0308.jpg
IMG_0295.jpg 
IMG_0306.jpg
おとうさんがすでに道路側にいるので、行っていいものと判断した様子。
IMG_0183.jpg 
IMG_0186_20170617093351dc5.jpg 
IMG_0189_20170617093352eb3.jpg
おい、こら、待て!(リードがっ)
DSCF6673.jpg
じゃあ、おかあさんは、お部屋の玄関から出るからね~。
IMG_0202_201706170937486a4.jpg
 え~・・・
IMG_0197.jpg
 しょうがないなぁ、まったくもう
IMG_0230_2017061709374802b.jpg
別におとうさんと居てくれていいんだけど?
IMG_0240_2017061709374729d.jpg
ロビー階まで行かなくても、ペット専用エリアの端っこから
外へ出られる通用口がありました。
IMG_0257_20170617093747b3b.jpg
湖沿いには乃の風さんだけでなく、他にも幾つかのお宿が並んでいます。
以前泊まった「和風」(かふう)さんは湖沿いではなかったので
雨の中を少し歩かないといけませんでした。
DSCF6684.jpg 
DSCF6685_20170617094640054.jpg 
IMG_0203_20170617093946cba.jpg
いくつもの撮影スポットがあって撮り切れないほど。
札幌の時計台みたいに順番待ちをしなくていいのがいいわ♡
IMG_0261_2017061709394592c.jpg 
IMG_0262.jpg
おっ、遊覧船エスポアールとモーターボートのコラボ。
IMG_0250_20170617093747622.jpg
お久しぶりです、主人にそっくりな(おなかの)彫刻さん。
「湖畔にて」という作品だそうです。
IMG_0273_20170617093945bd3.jpg
ほら、そっくりでしょう。
さくらのおとうさんが二人になったね。
DSCF6682_20170617094256227.jpg
最初の湖畔散歩はこんな感じでした。
このあとまだ何度も登場しますからご了承ください。
前回は雨だったから、嬉しくてたまらなかったんです(^^;
DSCF6683_20170617094437e0c.jpg
帰りはペット専用エリア通用口ではなく
正面玄関から入り、ロビー階へ。
ここから見る羊蹄山は、時間ごとに表情が変わって
少しも見飽きることがありません。
さくらも抱っこでいられるのが嬉しいですね。
IMG_0314.jpg
夕食の前に、主人と交代で大浴場「天空露天風呂」へ。
エレベータのドアが9階で開いたら、この景色です。
DSCF6716.jpg  
DSCF6717_20170617094932087.jpg
パノラマ露天「TENQOO」と展望大浴場「EZOFUJI」が
朝晩入れ替えで両方楽しむことが出来ます。
これ以上は撮れなかったのでHP等でご覧ください。
すっっっっごく!!素敵ですから!!
DSCF6715.jpg  
DSCF6718_20170617094931370.jpg
乃の風さんには遊び心いっぱいの、
昭和の銭湯を模したお風呂もあります。
ちょっと離れた場所にあるので(乃の風倶楽部)
矢印を見落とさないように指示のとおり進みます。
DSCF6814_201706170949306f5.jpg
「ありゃ、間違えたかな?」なんて
料亭のような宴会場の前を通っても、怯まない。
DSCF6813.jpg
その先に、ザ・銭湯「昭和乃湯」はあります。
DSCF6812_20170617095156fcf.jpg
ほら。
DSCF6811.jpg  
DSCF6809_20170617095156e15.jpg
靴を脱いだら下駄箱へ。
お洒落な飲食店で見かけたことがある、木製の番号札です。
DSCF6808.jpg
休憩所に古時計とテレビ。
白黒テレビはちょうど「クライシス」の放映中でした。
(ということは21時以降で食事後のときの撮影ですね)
地デジの現代にブラウン管?ハメ込みですか!?
DSCF6804.jpg  
DSCF6806.jpg
番台ではもちろんお金は払いませんが
のれんをくぐって・・・
  DSCF6802.jpg
きゃ~誰もいない(^^♪
DSCF6798.jpg
壁には古き良き時代の映画のポスター。
DSCF6799_2017061709533319e.jpg  
DSCF6801_20170617095333ca9.jpg
黄色い桶は「ケロリン」。
一番奥が湯船で、もちろん立派な温泉です。
DSCF6794.jpg
銭湯画師によって描かれた風景画は富士山ではなく蝦夷富士(羊蹄山)。
展望露天風呂と違って窓は無いけど、風景画で洞爺湖を楽しめます。
いつ行っても空いていたので、私はココがとってもお気に入り♡
DSCF6797_20170617095617e6d.jpg
 おかあさん、まだかなぁ
DSCF6823_20170617095615a14.jpg




さくらの体調不良が続いていましたが
心臓のお薬グレードアップと
アレルゲンフリー療法食で
少しづつ良くなっているような気がします・・・
       

にほんブログ村
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住
愛犬と犬旅を楽しんでいます

さくら
西暦2005年7月生まれ
女の子
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
現在投薬治療中です

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
ブロとも申請フォーム
カテゴリ