FC2ブログ

いつもさくらといっしょ

愛犬さくらの思い出がいっぱいの日記

2018GW北海道へフェリー旅⑭運河の宿おたるふる川その2

≪これは2018年GWのお話になります、あらかじめご了承ください≫
ちょっと薄暗いけど、チェックイン手続きをしたお帳場の奥に
「光ラウンジ」という憩いの不思議空間があります。
DSCF9619_2019051721253766e.jpg
碇、帆船、アイヌの木彫り人形、流れている音楽はクラッシック。
DSCF9621_2019051721253755e.jpg 
DSCF9548_201905172125367a6.jpg 
DSCF9554_20190517212536118.jpg
決して広くはないスペースに、
いろんな形をしたソファや椅子がいくつも配置されていました。
DSCF9552.jpg 
DSCF9553.jpg
ライブラリーも兼ねているので本がたくさん並んでいます。
突き当たりには、レトロな木製扉の喫煙所もあり。
主人が喜び勇んで通っていましたよ。
DSCF9547_20190517212732ea6.jpg 
DSCF9550.jpg
本がたくさんと言えば、2階のレストラン手前にあるこのスペースにも。
DSCF9789_20190517212732b20.jpg 
DSCF9617_20190517212731f64.jpg
こちらには貸出用の無料アメニティもありました。
DSCF9791.jpg 
DSCF9792.jpg
アメニティグッズと聞くと洗面用具を連想するところですが
ふる川さんにかかれば、こんなものまでアメニティ。
DSCF9793.jpg 
DSCF9795.jpg
全ては撮りきれなかったのでHPから抜粋(^^;
足の裏マッサージ機/フットマッサージャ/ネックマッサージャ/レッグマッサージャ/ナイトスチーマー
ネイルセット(爪磨き)/DVDプレーヤー/子供用DVDソフト/アイロン(アイロン台)/万歩計/血圧計
目覚まし時計/延長コード/ヨガマット/ソーイングセット

DSCF9796_20190517213313047.jpg 
DSCF9797_20190517213313041.jpg 
DSCF9798.jpg
こちらは2階の運河ギャラリー。
DSCF9625_20190517213745998.jpg 
DSCF9626.jpg
夕食は、小樽のお寿司が食べたくて2泊3食付きプランにしていました。
でも数あるお寿司やさんの中からどこを選べばよいのかわからず、
お宿のフロントに紹介していただいたのが「小樽 おり鶴」さん。
わざわざ寿司屋通りまで行かなくても、お宿のすぐ裏手にあるんです。
今年の雪まつりに再訪問するほど大好きになりました。
DSCF9588.jpg
2泊めの夕食は、ふる川さんの2階のレストランにて。
運河沿いのテーブルに案内していただきました。
DSCF9697_2019051721331158d.jpg 
DSCF9695.jpg
小樽ビールのヴァイスタイプ(青ラベル)と
DSCF9700.jpg
小樽ビールのドンケルタイプ(赤ラベル)で乾杯。
DSCF9714.jpg
スタンダードコース「季節の美味会席」です。
DSCF9694_20190517213744f3d.jpg
よもぎ豆乳豆腐。
ラディッシュと重なり合った甘海老塩こうじ漬けが、うんまい。
DSCF9693.jpg
お刺身は、日高産サメガレイ・中トロ・噴火湾産帆立・牡丹海老。
DSCF9706_201905172141563d0.jpg  
板鰹と海苔が用意されていて、手巻き寿司に。
DSCF9703_20190517213934443.jpg
きゃー、こんなの初めて♡
DSCF9712.jpg
牛肉の馬鈴薯焼。
DSCF9709.jpg
紅鮭こうじ漬け。
DSCF9710.jpg
小樽産春鰊と野菜の土佐酢掛け。
ニシンが緑大根に隠れてますが、小樽といえばニシンですよね。
DSCF9715_20190517214432329.jpg
若草饅頭 。海老・玉子・すりみ・蓮根・新海苔。
DSCF9718.jpg
長芋白煮。
長芋もすっかり隠れてしまって見えない(^^;
日高産銀聖のスモーク・新数の子・菜の花・しそ味噌・梅酢。
DSCF9723.jpg
この器の形が可愛いかった。
DSCF9727_201905172141550a5.jpg
ごはんが御釜でやってきた!
DSCF9738_20190517214432e20.jpg
桜の葉と新ごぼうと桜海老の炊き込みご飯。
お米は小樽近郊の銀山産ななつぼし。
DSCF9732_20190517214431d84.jpg
鶏のつみれ汁といっしょに。
DSCF9734_20190517214432542.jpg
デザートは山中牧場の牛乳プリンととちおとめの蜜煮。
DSCF9739.jpg
お料理全体のボリュームは思ったより少なめ、
でも期待を裏切らない美味しさでした。
DSCF9595.jpg 
DSCF9594_20190517214705de5.jpg
食後の珈琲をいただきに1階の光ラウンジへ。
朝6時から24時まで無料で珈琲や紅茶などがいただけます。
DSCF9601.jpg 
DSCF9622.jpg
PCもここで利用可能。
DSCF9627_20190517214705a42.jpg
お部屋に戻る前に、お帳場を覗いて見たら・・・
あっ!いた!
DSCF9634 (2)
ぬいぐるみの置物みたいですね、風景に溶け込んでいます。
DSCF9628 (2)
そっぽ向かれましたが。
DSCF9633 (2)
枕元のランプの灯りがふんわり温かく、
DSCF9439_2019051721491500e.jpg 
DSCF9475.jpg
まだ寝たくないのに、気持ち良い眠気に誘われてしまいます。
DSCF9585.jpg
2日めは雨で朝日を拝めなかったので、これは3日め。
DSCF9761_2019051721535555e.jpg
朝食は2日間ともバイキング形式でした。
お料理はほぼ一緒なので、写真は2日間混合でご紹介しますね。
朝食券を持って夕食と同じ2階のレストランへ。
DSCF9602_201905172153553f1.jpg
夕食は案内されるがままのテーブル席でしたが
朝食は窓際のカウンター席を選べました。
DSCF9616.jpg 
DSCF9776.jpg 
DSCF9785.jpg
あら、椅子にこんなマークがあったんですね。
DSCF9777.jpg 
DSCF9778.jpg
ふる川さんご自慢の手作り惣菜が撮れてなかった(^^;
DSCF9609.jpg 
DSCF9605_20190517215354373.jpg 
DSCF9606.jpg 
DSCF9788_20190517220333ab0.jpg
焼きたてのクロワッサンも評判だそうですよ。
他にもパンの種類は多いほう。
DSCF9604_20190517215514d9f.jpg 
DSCF9608.jpg
朝の飲み物は、牛乳にフレッシュジュースに珈琲も頂きたいけど
あんまり飲み過ぎるとトイレが近くなってしまうから
最近ではコップに半分ずつ注ぐようになりました。
牛乳は赤井川村の山中牧場牛乳だそう。
DSCF9613.jpg 
DSCF9614_20190517215626ca3.jpg 
丸い茶色の物体は、ミートボールではなくて皮付きジャガイモ。
DSCF9610.jpg 
DSCF9612.jpg
もしも朝食がバイキングと和定食で選べるとしたら和定食の二人ですが
バイキングのみの場合は、主人がごはん党、私がパン党。
DSCF9772.jpg 
DSCF9773_201905172203076c0.jpg 
DSCF9781_20190517220306bbb.jpg
パイ生地のパンがうんまかった!いくらでも食べれる♡
DSCF9780.jpg 
DSCF9787.jpg 
DSCF9786.jpg
初めてのお宿に2連泊するのはなかなか勇気が要ることですが
さくらと過ごした「定山渓ふる川」さんがとても良かったので、
「小樽ふる川」さんもきっと素敵に違いないと信じて疑わず正解でした。
今年の雪まつりで小樽運河沿いを歩いてみたらお宿がすぐそこにあるので
すでに懐かしい気持ちでいっぱいになりました。
ふる川さんのふるは、ふる里のふるですね。(*^-^*)



さくらのいないブログに
ご訪問ありがとうございます。m(__)m
にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村 
カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

前ちゃんの奥さん

Author:前ちゃんの奥さん
京都市在住

さくら
西暦2005年7月生まれ
ポメとシーズー
MIXの女の子

7ヶ月のとき
子供のいない夫婦のわが家に
もらわれてきました

2014年8月に
僧帽弁閉鎖不全症と
三尖弁閉鎖不全症の診断を受け
元気に過ごしていましたが

2017年9月2日、
お空に旅立ちました

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター

検索フォーム

リンク
カテゴリ